全米で大ヒットを続けている『クレイジー・リッチ・アジアン』を観てきました。原作はシンガポール系華僑ケビン・クワンが書いた「CRAZY RICH ASIANS」。ちょうど一年前、フィリピンに着任したばかりでやることがなくウロウロしていたら、本屋で売り出し中だった物語。
CrazyRich
      
本の表紙とホテルでのイベント予告(2017年8月)

日本ではなぜか『クレージー・リッチ』というタイトルになるようですね。正直アジアンを取ったら意味がない。それくらいThe Asianな映画なのに、なぜだろう。

 ワーナー、つまりハリウッドの制作でありつつ主要キャストが全員アジア人。これは1993年にエイミー・タンの麻雀女性小説『ジョイラッククラブ』が映画化されて以来。それくらいハリウッド制作方式から外れている作品なのです。映画終了後のエンドクレジットを座席に居座り最後までシカと確認しましたが、見事に全員アジアンだった。でも映像はウエスタン。GUCCIやベルサーチの衣装はユニクロのように普段着で出てくるし、ロールスロイスやaudi、シャンパンがぽんぽん登場します。かつて『ジョイラッククラブ』がいかにも中国系の色を使って映像を作っていたのとは、ちょっと違うかな。

 テーマが玉の輿結婚ゆえアジア版『プリティーウーマン』かと思いきや、女性のキャリアと中華系家族のくびきが織り込まれる。華僑のキャリア志向の女子が観ると、なかなかエモい映画と思われます。

 日本人の私が観て何が一番気になったかというと、主人公をシンガポールに連れて行く御曹司役ヘンリー・ゴールディングが、もう東出昌大にしか見えない。長身、ソツのない感じ、ちょっと耳にカサっと張り付く声、以後東出クンと表記します。
IMG_3013

そして東出クンとその金持ち友人たちの、ツルッと無毛の上半身裸でお腹くっきり6パックの露出が多い。これはアジア系男性を欧米女性に売り込むのにかなり効くはず。ちなみに東出クンことゴールディングは、元BBCの旅番組のレポーターをしておりました。

 アメリカおよびアメリカ人の実態をおちょくっている点も、新鮮。プライベートヘリを数台飛ばすシーンが、明らかに『地獄の黙示録』のパロディー。あの名作の要とも思われるシーンを、笑いにする。主役がパーティーに着ていく服を試着する際に水色や紫といったゼリービーンズカラー満載の、はっきり言ってダサいドレスが登場。そこで「スキットルじゃないんだから」というセリフが出てくる。そして長年使われているタグライン” Touch the Rainbow, Taste the Rainbow "をダメ押しで言わせる。スキットルはアメリカ人にとってミルキーのような存在。それをアジア人がコケにするのはどうなんですかね。さらなるダメ押しで、爽やかな東出クンが飛行機の中で荷物をあげようとしているアメリカ人男性のワキ汗染みを観て顔をしかめるカット。西欧vs東洋の縮図(大げさか)を見ているようで、ねーさんはハラハラしました。


 なお私の好きなミシェル・ヨーが東出クンのお母様として主役の女性をいびり倒す役を演じています。
Michelle007
    かつてのミシェル・ヨー
『007トウモローネバーダイ
』のセクシーなボンドガールの面影はもうなく、危うく嫌いになりかけましたよ。最後にミシェルと主人公に麻雀対決をさせるのは『ジョイラッククラブ』へのオマージュなのか(詳細はネタバレになるのでここまで)。でも年相応に美しかったと記しておきます。

 読後感としてはこの映画を観るとシンガポールに行きたくなります。ミシェランの味が屋台で食べられるホーカーセンター、セントーサ島、マーライオン、そして植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとお約束のマリーナベイサンズがこれでもかと刷り込まれる。実際シンガポール政府観光局は、この映画をプロモーションに利用し始めた様子。かなりのシーンはマレーシアで撮影されたという皮肉な現実はあるけれど。原作者のケビン・クワンはシンガポール育ちなのに兵役(男性はNational Service と呼ばれる徴兵または消防/救急に2年従事しなければならない)を逃れていたため訴追されると囁かれておりますが、これだけシンガポールを売り込んだのだから、免除してよいのでは。私がリー・クワン・ユーなら、そうします。

 ちなみに『クレージー・リッチ』続編も制作されるはず。ミシェル・ヨー以上に私の目を釘付けにした女優ジェンマ・チャン(彼女については、また後日)が、最後に思わせぶりなシーンを見せます。それを見逃さないでね。
IMG_3019
        
ジェンマ・チャン。劇中ドレスが素晴らしい。

 

 日本は台風12号で大変のようですね。まずはお見舞い申し上げます。

 一年中夏の国。フィリピンで暮らす前はそんな印象を持っていました。違うんです。純粋に夏と呼ばれるのは3−5月のみ。 6月から雨季が始まり10月末まで続きます。ほぼほぼ毎日雨。7−9月には、ほぼ毎週フィリピンの近くで台風が生まれて、時々日本にも迷惑をかけていますね。台風に代わって謝ります。ごめんなさい。

 ほぼほぼ毎日雨が降ると何が起きるかというと街のあちこちで洪水が。治水や排水が整っていないからね。アスファルトの道路が陥没することも最近わかりました。「どうしてアスファルトが凹むのだ?」と根本的な質問をドライバーにしたら、素材の中に砂などの不純物を混ぜているから、と。これが正しいのかどうか私は道路の素人なのでわかりませんが、とにかく主要道路に大きな水たまりができる。そこを車は避けるので走行できる範囲が狭くなり渋滞が生まれる。先週メルセデスが水たまりにはまって道路の真ん中で立ち往生していたのには愕然としました。こういうときトヨタやホンダは強い。本当に強い。

 人も病気になりがち。ベトナムでもそうでしたが、雨季=Sick という概念が確立していて、確かに会社を休む人が毎日数人います。気温も29−25度のレンジで「27度、寒いよねー」的な会話が交わされる。私は長袖一枚ですが、ローカル社員たちは長袖の上にパーカーを着ていることが多い。レインブーツに商機ありと思えばそうでもなく、ビーサンやビニール製の普通の靴で凌いでいる。
IMG_2763
   
こんな感じ。これは先週日曜の分。

 野菜の値段も高騰します。フィリピンは、もともと野菜の種類が少なく割高です。最近ではゲンコツ2つ大のキャベツ一つに140ペソ(約300円)。こちらの基準からするとメチャ高です。鶏肉、豚肉の方が圧倒的に安い。陽が差さないからトマトも黄色か緑で甘みも酸味もありません。そういえばトマトはナス科なんだからしょうがない、炒め物に使えと自分に言い聞かせています。

 一つ利点があるとすれば、ベトナムにいる時より日焼け止めの使用量が減ったことでしょうか。たまに太陽が出てくると、ちょっとウキウキします。今日は久しぶりの晴れ。これからちょっと散歩をしてこようかな。久々に日焼け止めを塗って。
IMG_2782





終わっちゃいましたね。しかし今回ほど女性が観たワールドカップはなかったんじゃないか。それほどイケメンもいなかったんですけどね(ごめん)

7月15日 ヒーロー不在(ごめん)でなぜ楽しかったのだろう
決勝戦 フランスークロアチア 4−2

 予選リーグでドイツがまさかの敗退。決勝トーナメントでもポルトガル、アルゼンチン、スペインが次々に陥落し、クリロナ、メッシ、イニエスタがはらはら舞い散る桜のように姿を消した。得点王リストに残ったのもかろうじてクリロナの3位のみ。ネイマールもゴールよりも過度の演技がみんなの鼻につき、転がる映像とネイマールチャレンジという不名誉なゲームとネイマールアルファベットと、ネット職人の餌食に成り果てた。
Ilustration
          ©️  @chidajunsei3163     

 超弩級の主役がどんどん抜け落ちていく連続ドラマが、なぜここまで面白かったんだろう。
 ドイツーメキシコ戦、アルゼンチンーアイスランド戦は秀逸だった。どちらもドイツ、アルゼンチン以外は、世界中がメキシコとアイスランドを応援していたと思う。いや大げさでなく。相手が大物だからといって臆することなく、伸び伸びと全力でぶつかる一人一人の姿に、ピュアな自分を見つけようとしたか。普段は仕事を持ってサッカーは副業的という生き方に、昨今の副業解禁論を重ねて自分なら何をできるかと思いをくゆらせたのか。日本ーポーランド戦では企業の管理職、経営者が自分が西野監督ならどうするか、学校の先生やサッカーコーチは目の前で起きていることを子供にどう伝えるか、真剣に悩んだ。少なくとも1日は。

 改めてメディア地図を見る。特定ゾーンをカバーするテレビの上に、細かく勝手に世界中に増殖していくネットやSNSといったラインが重なったことも大きい。大きなブラウン管(あえてこの言葉を使わせていただく)で映像を見ながら、Twitterやfacebookでシェアされる個々のエピソードが各シーンをドラマタイズする。台本がないから、意外性に「自分だったらどうする」と当てはめてしまう。

 決勝戦のフランスークロアチアはそれこそ予想不可能なごった煮だった。ペナルティエリアで怪しいダイブをするグリーズマン、得たFKがマンジュキッチの頭にあたりオウンゴール。クロアチアの1点目を華麗に決めたペリシッチは、VAR判定でハンドを取られてPKに。ポグバはグリーズマンとピンポンのようなやり取りからゴールを決める。プーチン体制を批判するパンクバンドPussy Riot がピッチに乱入しクロアチアDFのロヴレンはぶち切れるわエムバペはハイファイブをするわ。
MbapeHigh5
Pussy Riot とエムバペ。なぜ?
4−1でフランス勝利必至という時点でオウンゴールをやらかしたマンジュキッチが得点したのは、ベテランの根性からだ。1998年フランスが優勝したときの優雅なシャンパンサッカーとは程遠い、10分に一度ハプニングが起こるバラエティー戦。63%ボールを保持し、ひたすら走り回ったクロアチアの選手はどう感じたのだろう。
大統領とモドリッチ
   モドリッチの涙をぬぐうクロアチア大統領

 タイミングを見計らったように表彰式で豪雨に見舞われる。ニコリともしないMVPモドリッチとヤングプレーヤー賞をもらって笑顔のエムバペ。対照的な二人が最後にステージに上がったこのシーンだけは、お約束だったか。
ModricMbape
 
 こうして一ヶ月に及ぶ壮大なドラマは終わった。
 件のアイスランドの監督は、昨日舞台を降りて歯医者に戻った。
 子供の頃からエムバペのヒーローは終始クリロナだった。暴れん坊に見えるクリロナだが、実はチャリティーには前向きで数々の貢献をしている。エムバペはW杯で獲得した報奨金約5700万円を慈善団体に寄付するという。まだ19歳。クリロナの影響をここでも受けているのかも知れない。やはりヒーローは必要だ。ワールドカップでは、こうしてヒーローがヒーローを生んでいく。すでに4年後が待ち遠しい。
Cup
   2010年からルイヴィトンは優勝カップを入れるケースを提供している

↑このページのトップヘ