先日、機内で 'Darkest Hour' というタイトルにつられて映画を観ました。スティーブンキングっぽいホラー映画と思ってたら、これが話題の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(以下『チャーチル』)。気がついたのは開始から10分ほど経ってからか。どんだけうといんだ、私。

 日本を離れてから、あまり事前調査をしなくなりました。所有すること、縛られることに興味がなくなったこともある。自分の知る情報から動くと開拓範囲に限界が出てくるから、未知のものにあえて触れることを本能的に選んでいるのかもしれません。

 言い訳はさておき、
『チャーチル』地味に(褒めてます)いい映画だったな。朝っぱらからシャンパンやウイスキーをあおって仕事をするので、国王に何度も諌められるチャーチルにはクスッとさせられたし、黒と茶色のアートディレクションが効いているのもよかった。あらすじは、第二次世界大戦初期のいわゆる’ダンケルクの撤退’に至る数日間の出来事。

 覚えてます?去年日本でヒットした『ダンケルク』なる映画を。クリストファー・ノーランが脚本を書いて撮った『ダンケルク』は、これから階段を駆け上がっていくだろうと思われる若手俳優たちが沢山出ていてイギリスとフランスとドイツの軍服がカッコよくて実に眼福な映画でした。もちろんドイツ軍によってダンケルクという街に孤立させられた33万人のイギリス兵が民間のボランティア船によって助けられる=撤退する物語も圧巻。ただ何故そうなったかの解説は一切なくて、5日間でいかにこのダンケルクの撤退が実行されたかを陸と空と海の3象限から淡々と撮った映画でした。
 
 『チャーチル』は、ヒトラーが望んだ和解策をチャーチルが悩みながらも断って ’ダンケルクの撤退’に踏み切ったかを、ひとこと一言に味があるチャーチルのセリフと閣僚たちの思惑を表情ドアップで丁寧に切り取ることで描ききった。時折インサートされるドローン撮影がその他の人たちの心情を表現するスパイスになっています。
 
 話の芯になっているのは、チャーチル専属女性タイピストとチャーチルのやりとり。彼の普段からのひとこと一言がもう作文というか演説そのものなので、時にタイピストがため息をついたりします。実際、チャーチルは作文がとても上手だったらしい。これはチャーチルのメイクでアカデミー賞メイクアップ賞を受賞したメイクアップアーティスト辻一弘さんの記事から事後に知ったのだけれど、チャーチルは公爵家に生まれ、当時の由緒ある家庭がそうだったように家族から離されて育てられたので、両親に自分の存在を証明しようと乗馬や水泳、作文に一生懸命になった、と。
 
 辻さんはハリウッドでメイクアップアーティストとして活躍していたが、2012年に一旦引退、現代美術家として著名人の頭像を作っていらっしゃる。しかし今回チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンからのリクエストにより、これ限定で特殊メイクを担当。その際チャーチルを再現するために内面や魂を取り込もうとドキュメンタリー映像やオーディオブックを聞き込んだ。その結果がこれです。
Gary-Oldman-111017-Darkest-Hour-2
                                                                   (before)
                
darkest-hour-gary-oldman-churchill
                                                                    (after)

オールドマンがこのデブっとした御大だとは。私は映画を観た後、指摘されてやっと気がつきました。うとくてすみません。ちなみにオールドマンがチャーチルに扮するにあたり、200時間以上メイクに費やしたそうです。

 チャーチルが喋るシーンは横顔から撮影されているカットが多く、口元から言葉がほとばしる勢いや喉の繊細な動きがわかるんです。辻さんがここまで計算されていたのかどうかはわかりませんが、私の中では’作文’を起点に一つの線に繋がって、ひとり静かに感動してしまった。

 個人的にツボだったのは、チャーチルがピースサインの向きをタイピストのアドバイスで変えるくだり(詳細はネタバレになるのでご確認を)。
c-1
       
(現役時のチャーチル。ピースサインが大好き)
そしてヒトラーになびくか戦うかで、一人地下鉄に飛び乗り庶民の意見を聞くところ。後者は、気がついたら私泣いてました。あのチャーチルにしても、決めるのはさぞ重圧だったんだろうなあ。

 『ダンケルク』からの『チャーチル』の順で観ることができてよかった。これが逆だと、なんでこの朝から酒飲んで地下鉄の中で葉巻吸って顔と喉が繋がってるおしゃべりの太ったおっさんは苦悩するんだ?(失礼)と頭をかしげたことでしょう。配給側もそれを意識していたのでしょうか。

 『ダンケルク』が今になって公開された理由の一つに、Brexit を理解させたいクリストファー・ノーランの隠れた意図という噂もありました。『チャーチル』を観て、さもありなんなどと思いを巡らせたり。まだの方はぜひ。でもその前に『ダンケルク』をご覧あれ。

 去年12月1日に新しい5ペソ硬貨が登場した。貨幣にはフィリピンの革命家であるアンドレア・ボニファシオの顔が見える。彼の誕生日11月30日の翌日から流通し始めた。
   
 これがねー、ホント、全く歓迎されていない。というのは1ペソ硬貨と似てしまったから。

コイン

 左の金色が今までの5ペソ(汚くてすみません)。真ん中が新しい5ペソ。右が現在の1ペソ。大きさも重さもほぼ同じなので、間違いなく間違える。だからみんなハンカチ落としのように受け取った途端に自分の財布から排出したがる。買い物して155ペソの支払いになったとします。で、私が
「あ。5ペソ持ってます」
といって205ペソを渡そうものなら、レジの人に
「NO, マーム。私はこんなに5ペソを持っています。間違えちゃうから、早く使い切りたいの」
と透明のシールでまとめられた5ペソ20個を何束も見せられる。合計額が合わないと彼女たちの給料から引かれてしまうんだそうだ。
 
 ネチズンたちの間でも「小さいから、簡単にだまされちゃう」と悪評高い5ペソ、上院議員のNancy Binayさんも「国民に混乱を生じさせている」として、一時的に新しい効果の流通を停止するようにフィリピン中央銀行に要請した。「中央銀行は、デザインについてもっと考えるべきだった」と。
 
 なぜもっと考えないのか。これは私も日頃思い当たることがある。比較をする、タイムラインを計算する、リスクを考える、が、ここではあまり一般的ではない。
 
 そもそもボニファシオ生誕154年記念なので新しい硬貨にしたというのが理由らしいが、なぜ155や160年じゃないのか。あと一年考えればいいのに。ま、たぶんこれは日本人的発想、要は何年でもいいのである。実際街中を歩いていると店頭に73年記念やら、22年記念やら、あちこちに周年記念のサインを見かける。とにかく前向きで、祝う口実を常に探しているのであろう。一種のマーケティングと考えれば、ま、腹も立たない。
 
 こっちに来た当初、1ペソの代わりに韓国の100ウォン硬貨を受け取ることがよくあった。

コイン2
        (左がフィリピン1ペソ。右が韓国100ウォン)
 
 マニラ周辺は韓国人が結構たくさん住んでいる。初めは「あー、やられた」と思って素早く自分も使ってしまったものだが、よく考えると1ペソ(2.2円)より100ウォン(10円)の方が価値が高いじゃないか。そう気がついたら、受け取る機会が少なくなってしまった。

 そういえば100ウォン硬貨、日本で一時期500円硬貨と間違えられていましたね。いま日本で500円硬貨や2000円札はどれくらい流通しているのだろう。ひょんなことから日本が懐かしくなった日曜の午後。

 
 

 

 
 

 急に三連休になったので、Manilaから車で1時間Marikina という靴の街に行ってきました。正確にいうと、あのイメルダ夫人の靴コレクションがあるミュージアムがあると聞いて出かけたら街中で靴作りをしているMarikina にたどり着いた、が正しい。行くまでは街の名前すら知らなかったから。

 ご存知のように、イメルダ夫人は昔フィリピンで20年もの間大統領だったフェルディナンド・マルコスの奥さん。ま、ファーストレディです。 革命でマラカニアン宮殿を追放された後、彼女の3000足の靴と6000着のドレスは国家財産の私物化を象徴する光景として全世界で大々的に報道された。まだインターネットもない時代だったのに、鮮明に覚えているのは私だけではないのでは。

 実は私、イメルダ夫人には親近感を持っておりまして。その昔バブルという時代があった頃、お恥ずかしいことに私は靴マニアであった。ハイヒール、ブーツを中心に200足は持っていたと思う。今は旅芸人の身分なのでそういうわけにもいかないが。はて。そんな馬鹿娘に対して母が「あなた、ムカデやイメルダじゃないんだから、いい加減に靴、整理しなさい」と言い放ったこともあり、イメルダ女史には近しいものを感じるのでありました。

 街の中核に鎮座するミュージアムMarikina Footwear Museum (市のリンクにはShoe Museumと表記してあるが、入り口にはFootwear と書いてあった)、個人宅のように見えますが、スペイン占領下時代の元兵器庫。銃を保存していた場所でした。入場料50ペソを払って踏み入れると、ちんまりとした空間に靴を作る工具、不思議な足型ツリー、不気味な人形、そして待望のイメルダコレクションが。
足型
レプリカ
          (何か持たせてほしい。怖い)

 2階を占領するコレクションには、緑、パーティー用の金銀、ベージュ系、そしてコレクションの役半分を占める黒いハイヒールが見事に飾られてあった。600から700足保存しているイメルダ夫人の靴を年に数回展示替えしているらしい。
ImeldaCollection

 手入れの行き届いた靴を覗き込むとシャルルジョルダン、ブルーノマリ、バリー、ディオール、シャネルなどのブランドが目につく。確かにこのあたり、1980年代に流行りました。50%が有名ブランド靴で、50%がMから始まる2−3の知らないブランド。「これ、どこの靴ですか?」と尋ねると待ってましたとばかりにミュージアムの係員が答えてくれました「これがMarikina のブランド。イメルダ夫人は、Marikinaの偉大なアンバザダーでいてくれたのです」。実際、海外行脚や国際行事にはいつも彼女はMarikina 産のハイヒールを履いていたという。そういえば日本の某防衛大臣もいつも出身地(福井県)特産のメガネかけてましたっけ。政治家は大変だ。
Imelda足型
      (ミュージアムの外にあったイメルダの靴の型。ハリウッドの手形を意識?)

 Marikinaの靴の街としての最盛期は1980年代だったらしいが、今も作り続けていて、靴の街という称号は今も変わらない。柔らかいゴム製のフラット靴や男性用の作業靴は廉価で需要があり、ブラジルのハワイアナスによく似たMarikina産ビーサンは安価で履きやすい。

 マニラから運転してくれているドライバーが「Maam(フィリピンでは、女性への敬称としてマームを使う)、世界一大きい靴を見たいですか?」と聞く。Yesと答えたら、街の外れにある靴売り場が大半を占めるショッピングモールに連れてってくれた。モールの片隅に、巨大な紳士用のウイングティップが飾られていた、いや放置されていたというのが正しい。誰も気がつかないであろう世界最大の革靴。
世界一の靴
       (横の売り場から女性の靴を拝借。どれだけ大きいのか!)

 「なぜ、あなたはこういう情報を知っているんだ?」とドライバーに尋ねたら「このモールは元靴工場で、自分の父親がここで靴を作っていたんです。だからわざわざ来てくださる人には教えたくて」照れながら、つぶやく。そういえば彼が紹介してくれたレストランは、フィリピンにしては珍しく、マッシュルームのスープやポークチョップという名のカツレツといったきちんとした洋食(!)を食べさせてくれる老舗であった。
 
 なんか知られていないことだらけで、もったいない。靴の女王イメルダにも、理由があった。Marikinaは考えさせる街でありました。

 

↑このページのトップヘ