けさ起きたら、髪の毛がサリーちゃんのパパ状態になってました。あ、若い方にはわかりませんよね。百年ほど前に人気だったアニメ番組「魔法使いサリー」に出てくるパパ魔法使いです。

魔法使いサリー


 なんでそうなったか。たぶん理由は 先日観た映画 "KONG" だと思うんです。何せド迫力だったー。おかげでカラーだけでなく3Dの夢を観てしまった。コンテンツのあまりの激しさに何回ももんどりうった形跡がけさのベッドにありました(殺人の現場検証かい)。念の為にいっておくとアタクシ極めて寝相はよく、一度寝たら起きるまで微動たりともいたしません。それくらい、襲いかかってくる映画だったんです、KONG。
 なんの因果か映画配給会社さんからIMAXでKONGを観て欲しいとご招待いただき、行ってみた。広いハコに私一人。ベトナムでは、2D, 3D, 4K 3D, IMAX 3Dの4形態でKONGが観られるのですが、ほとんどのお客さんは2Dで鑑賞するため4KとIMAXはいつもガラガラらしい。

 "KONG SKULL ISLAND"(邦題 キングコング:髑髏島の巨神)はメインの撮影がベトナムで行われたためベトナム人の間では昨年から話題でした。3月10日の封切りから数日は上々の入りだったと。ベトナム専用宣伝コピーにも"SIÊU PHẨM HOLLYWOOD ĐẦU TIÊN QUAY TẠI VIỆT NAM" :ベトナム初のハリウッド制作映画とあります。

KONG 裏


ご存知のように、ベトナム戦争を扱った"地獄の黙示録"も"Good Morning Vietnam" もそれぞれフィリピン、タイ撮影ですから。

 途中に出てくる美しい島々は、有名なハロン湾とTràng AnそしてTam Cốc-Bích Độngというベトナムの世界遺産エリア。ここで撮影できただけ素晴らしい。コーディネートした知り合いの制作プロダクションが大変だっただったと力説してたんですが、よくわかった。あなたたちの名前はエンドロールでしかと確認しました。

 しかしね、この映画をいわゆるキングコングと期待して観るとあてがはずれるでしょう。全く違う怪獣映画、しかも第二次大戦における日本兵と日本刀へのオマージュ、家族愛まで入ってきます。
 
 1933年に制作された”KING KONG”の初作は  Skull Island(髑髏島。つまりここで今回と繋がってるわけですよ!)から見世物としてニューヨークに連れてこられたKONGがエンパイアステートビルの周りで暴れて美女を手のひらに乗せて愛でるという映画。

KingKong(1933)


それをリメイクしたのがピータージャクソン監督2005年の”KING KONG”。CGも素晴らしかったですが、ヒロインのナオミ・ワッツが本当に美しくてKONGの彼女への思いが伝わるラブストーリー+ちょっぴりアクションホラー映画でした。
220px-Kingkong2005
 
 今回のKONGももちろん女性が出てきます。報道カメラマンという設定。最後にはこの人でよかったんだろうなと思うんだけれど、いまひとつ魅力的でないせいか(ゴメン)、KONGが大きな瞳でじーっと見つめるシーンがあっても感情移入できなかった。ゴメン。KONGに救われるシーンもそうだった。ゴメン。

 途中KONGとKONGを駆除しようとする隊長サミュエル・L・ジャクソンがガチでにらみ合う場面があるんですが、こっちの方がグッときた。メラメラしてた。KONGの目は、サミュエルの目を元に作ったんではないかと思うくらい、二人の瞳には何か通うものがありました。

    男性キャストはわりと豪華で、主役にいま私が注目している俳優の一人トム・ヒドルトンが出ています。まあ、それだけでも観てよかったかな。ちなみに次期007の声があるトム・ヒドルトンでおすすめは、ドラマ"Night Manager"です。BBC制作の戦争の裏側のドラマ。この少しジゴロな感じが彼の十八番でしょう。
 
(ここからネババレ注意)
 子供はきっと、巨大始祖鳥やタコ、クモといった怪獣奇獣に大喜び。IMAX 3Dで観ると椅子から飛び上がること確実。さらに人がリアルに突き刺されたり(本当に串刺しです)、足で踏まれたり、食べられたり、爆発したり、観てるだけで心臓がバクバクします。つまりね、IMAX 3Dでこんなん観たもんだから、私は夢でうなされてサリーちゃんパパになったんですよ。

 ともあれ、島々の美しさに魅了されたら、ぜひベトナムへ。
 


  観てきました "Fifty Shades Darker" 。2015年全世界でヒットした女性向けR指定映画 "Fifty Shades of Grey" の第二弾。Greyについては以前拙稿で、二時間が検閲によるカットで約半分になっていたというエピソードを書きました。

    いちおう "Fifty Shades of Grey" もおととし日本で社の女子社員と一緒に観ました。もちろん二時間強のフル。 ラブシーン、SMシーンも普通にあった。でも「あーあ」な印象。おまえなぜこんなチープな映画になりしかと銀座のイタ飯屋で延々と論じた記憶があります。
 
 それなのになぜ後編を観たかって?
 
 言い訳をします。最近のベトナムの映画館の座席には幾つかクラスがあります。普通、 Gold、Premium。ベトナム人の友人によれば 最近GoldとPremiumの部屋でカップルで観るのが流行っていると。ただ箱の空き状態により演目が限られています。私が足を運んだ時はPremiumの設定があり、たまたま"Fifty Shades Darker" しかなかったというわけ。ええ試しましたよ、一人で。
 

 Premiumチケットを買う際に「飲み物も必要か」と聞かれたので「いる」と答えたら、全部で394,000ベトナムドン(約1900円)請求された。通常料金が80,000ドンから100,000ドンなので約4倍。どんだけ凄いのかと。期待10倍。結果ポップコーンとコーラのコンボが付いてきました。
IMG_4151

これ、一人には多すぎます。ストロー2本の容器から一人でズズっとすするのもせつない。1リットルはあるであろうコーラをコーヒー1杯でいいから変えてくれないかと下手に出ましたが、却下された。がー

 これが座席です。フルフラットにはなりませんがリクライニング可能。フットレストも付いておりビジネスクラスみたいで快適でした。
IMG_4152

 座席体験としては、なかなかよいなと。以前東京でちょっと贅沢をしたいとき、TOHOシネマズ六本木ヒルズのプレミアムシート(だったかな)を選んでいました。上映料金にプラス3000円。レッドカーペットの別入口から入りワインやらカクテルやらを1杯飲みながら鑑賞することができました(追加ドリンクは別料金)。皮のシートだったけど、フットレストはなかったです。

 話はベトナムに戻ります。Gold席はどういう内容なのかと聞いてみた。料金は300,000万ドン(約1500円)。上映前に専用の待合室で待つことができる、上映中30 分ごとにcoffeeまたはTea(ベトナム流緑茶)を持ってきてくれる、だそうです。うん。こっちの方がいいかも。次回は、これを試してみます。

 肝心の"Fifty Shades Darker" を忘れていた。

   ベトナム政府による検閲で5分ほど短くなっていましたが、第二編にはあまり影響がなかったと言えましょう。


   うーん、なんというか女子をキュンとさせるであろう恋愛装置がてんこ盛りなんですが、とにかく浅い。根本の性格性癖が耐えられずに別れたはずなのになぜ数日(5日くらいか)で、しかもイージーなかけひきで復縁するのか、その5日間の間に主人公のグレイのモサモサひげが一旦剃られていたのに翌日またモサモサ(撮影香盤のせいですが誰も検証しなかったのか!)、仮面舞踏会に全くドキドキしない、キム・ベイジンガーが出てくるのに彼女の良さが悲しいくらい生きていない...恋愛については ”ローマの休日” ”ナイン・ハーフ” "プリティウーマン”を、仮面舞踏会については”アイズ・ワイド・シャット”をしかと見よと、地球の真ん中で叫びたい。
 

IMG_4153

 すみません。筆がすべり過ぎました。
 サントラの"I Don't Wanna Live Forever"はいい。 元One DirectionのZAYNとTaylor Swiftじゃないですか(もう1億view超え!)。ホラー映画として観るのは悪くない。なぜならこの映画、監督はジェームズ・フォーリー(なぜこの人に恋愛モノを撮らせたのだという議論はオフラインで。笑)雨がちなシアトルの街も美しい。シアトルファンはぜひ。日本公開は6月だそうです。






 

  

 ヤンゴンから飛行機で1時間10分。インレー湖は、ミャンマーの中でもちょっと毛色が違う、ヨーロッパ人に人気の湖畔リゾート。
 といってもミャンマーの人は普通に生活しています。大きな湖があってその中に家を建てたり移動をボートでしたり魚を獲ったり水上栽培していたら面白がってガイジンたちがワシワシやってきたのでリゾートにしてみっか?みたいなノリで発展したと思われます。

 伏せ網を使う曲芸フィッシャーマン。「次はどこに行く?」的雑誌記事でみなさんも見たことがあるでしょう。
IMG_4058

これ実はパフォーマンスをする観光用のモデルさん。普通は巻きスカートのようなロンジーを履いた漁師が立ち漕ぎと技術を駆使して釣っています。

 今回面白いなあと思ったのは、水上栽培。浮島栽培とも言います。 竹を編んだ筏の上にアオイという水草を置き、その上に泥と土を混ぜたものを載せて固める。筏が流れないように竹の棒で湖底に固定して約半年置く。6ヶ月も経てば水草が腐って肥料にもなり、いい塩梅になるそう。その土でトマト、ナス、キュウリ、唐辛子を育てるのです。
IMG_4035
      (手前の長いみどり部分、背後のススキみたいな部分が浮畑)
 
 野菜たちを食べてみた。トマトはプチトマトくらいの大きさで、赤いのと青いのがある。滞在した期間にタイミングよく5日に1度の”五日市”が開催されたので出向いて買ってみました。市場の奥の方、ローカルの女性がワシワシと選り取り見どりする店に割り込み、赤いトマトをビニール袋につっこむ。宿に帰って食べてみると、うーん。普通。旨味はない。サラサラしている。ガイドやネットをみると、美味しいと書いてあるが、ホントか?みんな試したのか?夜、名物トマトサラダなるものを頼んでみたが、これも普通。ベトナム産トマトの方が旨いぞ(特にダラット産は甘くて旨味があります)。 
 唐辛子もかじった(私は辛いもの好きで、ときどき齧る。タイのプリックキーヌーは災難だった。泣いた)は。辛くない。サラサラしている。
 
IMG_4079
       (市場。唐辛子やわけわかんない野菜や魚の干物を売っている。トマトはトマト専門店が幾つかありました)

 キュウリも朝に夜にホテルのサラダに出ていたが、サラサラしている。もともと味があるかないかわからないキュウリ。ここまで存在の耐えられない軽さのキュウリは 初めてである。クツワムシや鈴虫にもOX判定してもらいたい。

 結論。やはり土に含まれるミネラルは重要です。 

 ミャンマーの名誉のために行っておくと、ジャガイモとカリフラワーは美味しかった。 ミャンマーはインド人もたくさん住むので、カレーもメイン料理の一つ。たいていのローカルレストランに、牛&ジャガイモ、鶏&ジャガイモ、豚&ジャガイモ、ジャガイモ単体カレーがあります。もちろん野菜カレーもある。なんでジャガイモだけ優遇されているのかと思ったが、単に美味しいから。寒い国でもないのに面白いですね。

 
 

↑このページのトップヘ