日本戦、つまらなくて頭きちゃいましたね。面白かったこちらをどうぞ。

6月20日 実はリバプールダービー 
◯ウルグアイーイングランド 2−1 サンパウロ
 
 コーナーキックを蹴る選手がウルグアイはスアレス、イングランドはジェラード。二人は各チームのキャプテンであるだけでなく、プレミラリーグのリバプールに所属するチームメイト。ジェラードはその顔つきと持ち前の正義感から英国男子代表のように扱われるのに対し、スアレスは素晴らしいストライカーであるがむしろ暴れん坊将軍として悪評高い。2013年3月の腕噛みつき事件。リバプール対チェルシー(私の贔屓)の試合だったのでテレビ観戦していたが、試合終了後何度もこの噛みつきシーンが放送され事の重大さ、いや下品さが世界に知れ渡る。彼は2010年にも新”神の手”事件(拙稿7月2日神の手と呼ばないで参照)も起こしていたっけ。
 暴れん坊はこの試合、ヘディングで1点目を、右足を振り切って2点目を決め、ウルグアイを勝利へ導いた。途中ルーニーが3回目のW杯出場で初得点を決めた記念すべきゲームだったのに、リバプールダービーの印象が強かったのは、スアレスが何か成功する度にジェラードの顔を映した国際映像のせいだろうか。
 スアレスの2得点をアシストした21番カバーニは、自身も2013年セリエAの得点王だったオールマイティープレーヤー(元ナポリ、現在パリサンジェルマン)。去年よりカッコよくなった今、岡村的には一押しイケメンでございます。

 

日本戦の前ですが、面白い試合だったのでアップします。寝る暇なし!

6月19日 楽しいサッカーってなんだろう。

○コロンビアーコートジボワール 2-1 ブラジリア

 

 見ていて楽しい試合だった。若き10番ロドリゲスの左足を中心にコロンビアはゲームを組み立てる。早い縦の流れ。何度もペナルティエリア内に攻め込むがコートジボワール(以下CIV)の守備陣に崩されるロドリゲス。しかしめげなかった。63分クアドラードのCKを遂にロドリゲスがヘッドで決めて先制点。CIVも後半ドログバを投入し日本戦と同様流れを変えようと試みるが、時すでに遅しの感あり。画面を見ているとコロンビアの選手たちの顔が明るいのである。のびのび。得点後のダンスを見ていて1994年アメリカ大会でのブラジルのベベットが行ったゆりかごダンス(28秒から)を思い出した。

 70分に途中交代のキンテーロがゴールを決める前後は、コロンビアの逆V字ラインが右左に動きつつCIVのディフェンスラインを追い込んでいた。戦略が出来ている。前掲得点後のダンスステップも練習していたのだろう。コロンビアは勝ちにきているし、楽しみにきている。日本は25日、心して対戦すべきだ。

 試合前にCIVのMFディエが号泣していた。父の訃報を聞き悲しんでのこと。ゲーム中よくボールをよくとられていたが、しょうがない。出場したこと自体を讃えてあげたい。

 

遅くなりました。ああ、もうすぐオーストラリアーオランダ戦がはじまっちゃう!

6月18日 途中交代の男たち
○ロシアー韓国 1:1  クイアバ
 
 56分からゲームが始まったようだった。パクチュヨンと交代したイグノがネズミのように走り、ボールの動きが早くなった。流れに乗って68分イグノは先制点を決める。若い頃のなべやかんに似ているイグノ、以前ジュビロ磐田とガンバ大阪でプレイしたことのある選手でガンバではゴールを量産していた。今はKリーグの尚州尚武という軍隊所属チームの所属であり、身分は軍人。韓国の友人によれば月給は1万5千円程度。かたやパクチュヨンは、2006年、10年のW杯に連続出場したエースでかつてはあのアーセナルに所属したことがある。今年の3月英紙Telegraphで、ヴェンゲル監督下におけるワーストイレブンに選ばれちゃったりもした(因みに稲本やフランスのスキラッチも選出されていた)。韓国内でも「なぜ奴が今年選ばれたんだ」とWEB上でも叩かれまくった彼が、月給1万5千円の男にとって変わられたものだから、今日の韓国紙の見出しは想像するに難くない。74分ロシア側でゴールを決めたのはケルジャコフという、こちらも途中交代の選手。試合終了後、ロシアのカペッロ監督(今はここにいたのか!)も洪明甫監督も「勝ち点1をとれて満足だ」とインタビューで穏やかに話していたのは選手采配に安堵していたせいだろうか。

↑このページのトップヘ