メッシも素晴らしかったけど、ここはクローゼですよ、奥さん!

6月22日 Welcome to the club!

○ドイツーガーナ 2-2  フォルタレザ


 父親のオイタによりドイツーガーナ2国代表に分かれてしまったボアテング兄弟(拙稿7月10日ボアテング父の浮気がドイツの快進撃を!参照)の対決をあおるメディアも多かったが、ふたを開けてみると純粋にゴール合戦に終始した試合だった。特に後半。まずは右サイドからのクロスをヘディングでゲッツエが決めその数分後同じ右クロスからヘディングでアイェウが決めて、ドイツーガーナ同点。さらにガーナのエース、ギャンが見事な追加点。その後最初の点を決めたゲッツェと交代して入ったクローゼが入って1分後、4番ヘーベデスのヘディングを右足でちょんと押し込んで2点目を決める。そのままでも点が入ったような気がしないでもないが、とにかくデバる。FWの基本だ。

 「先発からだろうと途中交代からだろうと僕には関係ない。どの試合も重要だし、W杯20試合中15得点って悪くないと思うけど、どうかな」このゴールがW杯通算15点目となり、クローゼはトップのロナウド(ブラジル)に並ぶ。さらにW杯4大会連続で得点するのは、ペレ、同じドイツのシアラーに次ぐ3人目。恒例の前転ジャンプの回転が足りず着地がイマイチだったところに彼の老いを感じないではなかったが、途中交代でもいい。ドイツの若手に負けず、バンバン得点してほしい。がんばれ、かつて美少年だった36歳。

 ロナウドがTwitterでクローゼに"Welcome to the club" とお祝いメッセージを送ったのは素敵だった。これだからサッカーが好きだ。

コロンビア、コスタリカに次ぐラッキーチーム、フランスを忘れてはいけません。

6月21日 ベンゼマさまさま

○スイスーフランス 2-5 サルヴァドール

 

 腰痛から代表離脱したリベリ、言動の危うさから選考にもれたナスリ。それぞれミュンヘンとマンチェスターシティのエースである二人なくしてフランス代表Les Bleus(ル・ブルー)は大丈夫だろうかと世論は不安を隠さなかったが、それは杞憂に過ぎないことをW杯開幕後の2試合で知る。いまフランスはベンゼマを中心に回っている。16日のホンジュラス戦でも3点のうち2点を決めた。このスイス戦では5点のうちの1点と2アシストを記録。意外にもフランスのボール支配率は42%でしかなかったが、彼のパス成功率は96%。いかにベンゼマがゲームメイカーであったかがわかる。ゴールだけでない万能型ストライカー。彼もまたジダンと同じアルジェリア系である。

 私のいるホーチミンのオフィスにフランス系ベトナム人がいて「ゲーム見るよ」と約束してしまったばかりに、無理な時間に起きて見ていたのが、意外にもよかった。W杯出場を決める欧州予選ではプレーオフに回った苦しさもあったが、デシャン監督率いるル・ブルーは、おにぎり頭の絶好調ボーイをトップに快進撃を遂げている。今後に超期待。

遅くなりました。日本戦についてです。引き分けの方が、次に有利という見解が回ってますね。極めて前向き?だと思いますが、やっぱり私はゴールが見たいし、勝って本田△の記憶に残るコメントが聞きたい。

6月21日 次のために

○日本ーギリシャ 0-0 ナタル

 

 試合を見終わって感じたのは「日本が世界最速でW杯本大会への出場権を獲得」しても、何の意味も持たないということ。途中選手退場で 10人になったギリシャと戦うのは、相手の完璧な戦術変更で予想外に大変だったとは思うが日本にはもう少し動いてほしかった。さて。ギリシャ戦の記事は皆さん辟易するほど読まれていると思うので、コロンビア戦に備えて何ができるかを考えてみました。

 ここブラジルで、コロンビアは対ギリシア、2戦コートジボワール戦をいいテンポで試合を運び、勝っている。両試合とも得点したトップ下のロドリゲスは最も警戒すべき選手。天才レフティーで左右どちらも動けるので、内田、長友二人がかりでガッツり行っていただきたい。が、消化試合なのでロドリゲスを温存する可能性もある。前回途中交代組のキンテーロ(コートジボワール戦で2点目を決めたスター候補)を先発にしてきた場合、DF陣にマークしていただきたい。なお日本のDFについて。ペケルマン監督が2006年W杯アルゼンチン代表監督時から得意だった、いったん相手にボール持たして運ばせておいてコンパクトなプレッシングでパスを引っ掛けるとサクッと攻守切り替えて一気にゴール前まで行くという戦術が沢山見られる。このスピードについていけない吉田ははずしていただき、W酒井と伊野波の中から二人という戦術はいかがだろう。ザックの吉田偏重はもう、いい。

 香川はいつしかアンタッチャブルな扱いになっているが、現状での先発はしんどい。物事に動じない大久保を先発にし、途中エネルギーを持て余している柿谷、さらに流れを変える存在ではドイツでもピカ一の清武を入れるのはどうか。齊藤はいいんだけど、この舞台では未知数すぎるか。

   そもそも。コロンビアにとっては消化試合なのだから○コカインはダメだけど、コーヒー豆をべトナムより多く輸入することを保証○ODAをアジアからコロンビアに振り向ける○AKB48をコロンビアに無料で送り込む○往年の名選手バルデラマ(大好きな選手でした)に関する映画を日本がつくって配給、的な国を挙げての工作をするのはいかがでしょう。妙案求む。

* これは個人の見解であり筆者が所属する会社とは全く関係がありません。

↑このページのトップヘ