ロナウド劇場、最高。深夜にライブで観てあまりに面白かったので、午前中に再放送を。半日で同じ試合を2回観るなんて初めてですよ。

6月15日 俺様ロナウドを支えた男たち
ポルトガルースペイン 3−3 ソチ

 大した男である。クリスティアーノ・ロナウド(以下ロナウド)。コイツがなんかやらかす感は、ポルトガル国歌斉唱の時から感じられた。先発メンバーがみんな正面向いてマジ顔で歌っているのに、ロナウドだけは右30度斜めを向きハツラツと歌っている。この人の顔は正面から見るといかつくて怖いが、左から撮ると意外と美しい。見つめる先に誰か気になる人が居たのか国歌斉唱時のカメラの動きと角度を計算していたのかどうかはしらないが、やはり一筋縄ではいかない感がある。
ロナウドキック

 結果は3−3の引き分け。3点全てをゲットしたロナウド、W杯初戦からハットトリック達成である。開始4分もらいに行ったPK(ペナルティーキック)で1点。前半終了間際の2点目は横からのこぼれ球を利き足じゃない左足でさらりと決める。3点目は後半終了間際のFK(フリーキック)。ボールは優美な奇跡を描いてネットに吸い寄せられた。スペインもディエゴコスタの2点とDFナチョの見事なミドルシュートで3点を記録。
ロナウド結弦1
ロナウド結弦2
ロナウド結弦3
        
フリーキックを決めた後、ロナウドが魅せる羽生結弦ジャンプ

 ALLスペインvsロナウド単独のように見えた試合だが、内容はちょっと異なる。ポルトガルースペイン戦の試合データを見てみよう。ボール保持率は32:68。パス成功率は85:91。パスの総合数は330:692。以上よりボールをくるくる回して試合を支配していたのはスペイン。さすがパスサッカーの国である。面白いのは次の数字だ。チームの走行距離は102.49km : 102.93km とあまり変わらない。つまりスペインがボールをこぼすレアな機会を待って、ハイエナのように走りまくる選手がいるということだ。

 もともとロナウドはよく走るので有名だが、今回目立ったのは5番のラファエル。DFでありながらゴール前まで走ってはボールをロナウドにパス、右に左にボールを取りに行っては一人おいてロナウドに繋げている。個人記録を見ても、パスの成功数はチーム内ダントツ。ドリブルもクロスも正確に決めていて、あまりポルトガルらしくないサッカーをする。

ラファエロ

香川と同じドルトムント所属の24歳。フランス生まれのフランス育ち。現在のドルトムントでは、その運動量と動きの正確さからサイドバックからインサイドハーフ、時に両サイドアタッカーと大活躍している。フィールドでは大きく見えたが身長は170cmと小ぶり。ポルトガルがどこまで勝ち続けるかは、ラファエルによるところも大きいと思う。

 今回、意図せずロナウドを支えてしまった男がスペインにも二人いる。最初のPKのきっかけを作ってしまったレアルの同僚ナチョと、ロナウドの背中を両手でど突いてファウルを取られFKを与えてしまったピケだ。ロナウドがFKを決めた後、カメラは容赦無くピケの哀しそうな表情を捉えた。いつだって主役が輝くには、脇役が必要だ。



 4年に一度のW杯の季節になりました。

2002年から始めているこのプチコラム。4秒程度で読み流せて、サッカーに興味のない人にも楽しんでいただける視点で書くのを基本にしています。なお過去ログはこちら(故
岡本呻也氏ブログ)

 いま私はフィリピンのマニラ在住です。東京在住時のように全試合を録画して見ることもできないため、毎日展開できるかどうかわかりませんが、よかったら駄文におつきあいください。

筆者プロファイル:サッカーをミシェル・プラティニ氏に師事。プレミアリーグChelsea FCのシーズンシートホルダー。本業は広告代理店のクリエーティブディレクター。湿気が苦手

6月14日 やらかしちゃったロビー・ウイリアムス
開会式 モスクワ 

 オリンピックの開会式ほどではありませんが、W杯もときどき興味深いことが起きます。昨夜の開会式は、しょっぱなから物議を醸し出しました。あるシンガーが歌い出したのですが、この人誰?観ていた人の半分の人の吹き出しには?マークが浮かんだと思う。
ロビン


 あのロビー・ウイリアムスですよ。Feel 。一世を風靡しましたね。当時私が東京でプロモートの一環でもらったDemo CDジャケットでは彼が白馬に乗っていた。
 
 赤いスーツの彼がLet Me Entertain You, Angels と持ち歌を
披露していきます。声を聞くと確かにロビーなんだけど、白くなりかけた頭髪がみんなの感情のどこかにブレーキをかける。そんな中で事件は起きたのです。Rock DJを歌うロビー、中指を立ててしまった。

ロビン中指JPG

  この映像をバッチリ捉えてしまったFOXは謝罪のメッセージを出すわ、Twitter 民は怒るわ、イギリス国民だけは ”さすがロビー、やっぱりイギリス人だぜ ” とはしゃぐわ、ロシアは法的に訴えると息巻くわ、今後の展開が楽しみです。

 と単純に流したいところですが、ロビーの名誉のために書いておこう。実は彼はLGBTの活動家としても有名です。ご存知のようにロシアはゲイカップルに対してとても厳格で、いまも露骨な差別をする国。おそらくその事実に彼なりの抗議をしたかったのかもしれません。

 プーチン閣下のふわふわブラもおかしかった。マイクの保護カバーがこんな形だったがゆえに起きた喜劇。短い中にツッコミどころ満載の開会式でした。
ふわふわプーチン


 

 



 

 とにかくたまげた。アンソニー・ボーディンがフランスのホテルで亡くなったと。原因は自死。ちょうど数日前デザイナー ケイト・スペードがうつ病が原因で自死したというニュースが駆け巡ったばかり。アメリカのTVはうつ病ホットラインの告知を番組の終わりに付けまくっている。

 ボーディンがどういう人なのかピンと来てない人のためにちょっとだけ説明すると、CNNでParts Unknownという世界B級グルメ番組を持っている元シェフだ。ちょうど2年前オバマがベトナムに来た時、ボーディンと一緒にハノイでベトナム名物ブンチャーを食べた時のことを拙ブログに書いている。
ObamaBourdain

  この写真に見覚えのある方も多かろう。ボーディンは身長190cm。オバマが小さく見えます。ベトナム特有のプラスティック椅子、なぜここでは赤じゃなく青なんだろう。世界各国の、現地の人が食べるみんなが知らないUnknown なものを白髪のボーディンが果敢にトライする映像が見たくて世界中にファンがいる。私もその一人だ。

Bordain Hanoi

          ハノイで「喧騒の中で食べるのがうまい」とボーディン
   今回の訃報を受けてFacebook やTwitterに流れてくるボーディンにまつわるポストや論調を手当たり次第に目を通していく。ん?「Kitchen Confidential」? この本なら私、読んだことある。正確にいうと読みかけたことがある。私はくいしんぼうなので、美味しいレストランの話や食事がうまそうに書かれている本が好き(ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズは、探偵ものというよりグルメ+恋愛ものとして読んでいた)。「Kitchen Confidential」も2001年、その流れで購入した。

   本の中で  ”ブランチは避けよ” ”月曜の魚は避けたほうがいい” ”ムール貝は食べてはいけない”など、自分の好物がことごとく否定されていく。しかも厨房を経験した人の筆で書かれるからリアルったらない。途中でこれは知らないほうがいい。私は自分の意思で食べると決意し、私としては珍しく読むのを放棄してしまった本である。まさかその著者がボーディンだったとは。

KitchenConfidential


 そんなわけで、昨日一日かけて「Kitchen Confidential」を読み直してみた。いや、感覚としては初見に等しい。今回はボーディンの生きざまとして目に、脳みそに、ガンガン踏み込んでくる。彼が食に目覚めたきっかけは、幼少期Queen Mary 号の特別二等食堂で出されたヴィシソワーズが美味しくて、しかも記憶に残る味だったから。オフクロの味とか、慣れた味とかそういうレベルではない。一人の人生を決めてしまう食事に小学生の時に出会ってしまい、それを自覚しつ続けたことが凄いではないか。

 大学を出てから人とは違う料理人になるためにCIA(と言ってもみなさんが想像する方ではなく、米国料理学園のこと) に通う。ここまでなら素晴らしい経歴に見えるが、ドラッグやSEX に明け暮れるシェフたちに刺激されて、レストランを多数ホッピングする。イタリアのマフィアに雇われる、人をクビにすることを半端なく経験する。彼が救うレストランあれば、潰してしまったレストラン多数。命の危険を感じたときは、マーロン・ブランドの映画「波止場」を思い出して引き際を自覚する。おかげで流れで「波止場」を流れで観てしまいましたよ。iTunes 、いや、ボーディンありがとう。あなたのおかげで私はちょっと賢くなった。

 ボーディンの母親 Bladys BourdainがThe New York Timesに語ったことによると「私にとって彼は、世界で一番こんなこと(自死)をしそうにない人間」だと。ちなみに母親 は元New York Timesのライターだったので、ボーディンの記事はNew York Times がかなりの数でカバレッジしている。

 不思議なことがある。数年前東京を離れる際に、私は段ボール100箱分の本を処分した。海外生活には本当に好きな本しか持ってきていない。なのに、なぜ私は途中放棄した「Kitchen Confidential」をそのセレクションに入れたのだろう。そして今、私はようやくこの本を咀嚼できている。読んで落ち込むと思ったが、ページをめくるごとにお腹が空いて仕方ないので、ワインを飲みながらリブステーキ肉の筋を切って塩コショウをしている。

 




 
 
 

↑このページのトップヘ