旧正月を利用してミャンマーに行ってきました。ホーチミンからミャンマーの玄関ヤンゴンまで2時間10分のフライト。空港の到着ターミナルが新しくインテリアのセンスがいいのには驚いた。ベトナム、頑張ろう。
 
 想定外に楽しかったのが、ヤンゴン環状線。イギリス統治下のビルマ時代に引かれた列車で、全長45.9km、39駅をぐるりと約3時間で回ります。山手線が34.5km/29駅を58分で一周するから、それよりゆっくりしたスピードとお考えください。

 ドアがない。窓はあるがガラスはない。座席は木あるいはプラスチックの横にどーんと伸びる長椅子。正直いって座り心地はあまりよろしくないけれど、これが現地の人には一番いいとわかるのは後になってから。
 車両自体は古いが、どれも広告でラッピングされていました。これはRedBull Train。他の列車をみると、現地携帯電話大手、コーヒーなどがスポンサーでした。

RedBullTrain

 私が乗った列車はYangon中央駅を10:10発の予定だったのに、出発したのは10:30。始発は6:10。途中1時間に1本くらいの割合で走行し、終電は16:40。使い勝手がいいのか悪いのか、さっぱりわかりません。はて。いったいどんな人が利用するのか観察してみた。

 その1。仕事場にしている人。
 電車内での通話はやめましょう。なんていう日本っぽい標語はここでは通用しません。かかってきたらスマホをとる。しゃべる。大声しかも長い。そして別の人にかける。座席に片膝たてて書類を広げては仕事をする。
Man in Train

この写真の男性は、1つのスマホでしゃべり、もう一つのスマホで計算していた。横のインド人っぽい美人女性はスマホと鏡をかわりばんこに見ていた。
 
 ここは野菜卸女性たちの仕事場でもあります。途中、市場がある駅に停車。そこから乗り込んできた皆様のたくましいことたくましいこと。横向きに座って、野菜を取り出して、小売用に一束ひとたばまとめて輪ゴムでくるり。茎のはしっこはハサミできって車窓から外へポイッ。
VegitableLadies
        (この人たちは行儀のいい方です)
 カリフラワーを小分けする女性も安定した仕事ぶり。まだ20代と思われるか細い女性が手のひらにカリフラワーを乗せては工作用のカッターで厚さ2cm程度に切っていく。列車がガタガタゆれるから、手を切りはしないかと向かいからハラハラしながら見ていたら、問題なしとでもいうようにニッコリされました。なんていい笑顔なんだろう。
 
 その2。食堂にしている人。
 始発のヤンゴン中央駅では水売りの子供たちが。その後駅に止まるたびに、スイカ、りんご(中国産の三流品)、みかん、カットパパイヤ(これはベトナムにもある)などを持った20代前半の男女が乗り込んでくる。すると乗客は待ってました!とばかりに引き止めて買っては車内でガッつきます。売る側は一駅か二駅移動する間に仕事をしては、ひらりと駅に降りて次の車両を待つという仕組みのよう。歩かない行商人。
WatermelonLady

12時前後になると、ローカルの麺料理が登場(白と黄色があった)。これは頭上のカゴとイスを床において調理して、全てをビニール袋にぶち込んで振っては出していました。横のスペイン人カップルは注文したが完食は無理だった様子。私はゆでトウモロコシを買いました。横のおじさんが買ったのが美味しそうだったので。かぶり付く。ほんのり甘くて美味しい。値段がわからないので500チャット(50円)渡したら400チャットお釣りがきた。え、100チャット(10円)?参りました。ちなみに私のあと次から次へ乗客が買って、このトウモロコシ兄ちゃんは一両で商売終了。よかったね。
 
 その3。瞑想する人。
 ミャンマーは仏教国。歩けば僧侶にあたります。この列車にも乗っておられました。長い座席だから、安心してあぐらをかける。果物をガッツリ召し上がったあと、瞑想されてました(首が動いていたから寝ておられたのかもしれん)。男性一人、女性一人。ミャンマーは女性の僧職も多いのです(この項は改めて)。

 その4。イチャイチャする人。
 意外といるんだな。昼間っから。
Love
        この写真の人たちは、とても好感がもてた。なんでだろ。

 その5。移動する人。
 そもそもこれが第一であるべきですよね、普通。時間を気にしない学生さんたちが時々乗ってきては、窓から外を眺めていました。

 車窓から見える人々の暮らしや平原に広がる緑色の畑も興味深かったのですが、何よりも人間模様が面白くて気が付いたら一周してた3時間でした。料金は200チャット。20円でこんなに楽しませていただけるとは。もしかしてミャンマーで一番面白かったかも。
 
 親切だった駅員さん、車掌さん、ありがとうございました。

 
 
 
  

 長かった雨季も終わり、太陽が容赦なく照りつける乾季が戻ってきました。それと同時に会社の冷房も低めに設定されはじめ、室内にいると冷える、冷える。体の内部まで冷えるといかんのでスーパーで生姜を買ってきました。
 
 家に帰り生姜紅茶をつくろうとキッチンで生姜をゴリゴリすりおろすとたちまちホコリっぽい匂いが立ち込めてくるわ、黄色いわ、なんだこれ?舐めてみると、渋い... パッケージをみるとNgh
とかいてある。さっそくgoogle先生に聞いてみた。ウコン。えーー、そうなの?生ウコン、はじめて見ました。
ウコン


 手にとってみると確かに外皮がオレンジ。スーパーのお姉さんに生姜はどこだって尋ねたら、これがある場所まで連れて行ってくれたのに。まあ、ウコンも同じショウガ科だからしょうがないですね(渾身のダジャレ)。形は同じだから、許す。

 ウコンといえば、ハウスの「ウコンの力」を思い出します。年末を毎日快適に生きるための生命線。たしか主成分は秋ウコン。いまは12月。うん、私の眼の前にあるのは秋ウコンだ。ウコンといえば、皆さんもご存知、肝臓機能を活発にするいわば二日酔い対策成分クルクミンが含まれています。正しく言うと、ウコン全量の5%にあたるクルクミンが含まれている。それと精油成分(エッセンシャルオイル)も5%含まれている。だからでしょうか、うちの白かったおろし器の一部が黄色く染まってしまった。普通の食器洗剤では落ちません。これはショック!
おろしウコン
ね、結構黄色い。撮影後、漂白剤につけた。
 
 ところでベトナムではどういう用途に使われてるんだろう。調べてみると「家族の幸福」という人気サイトの”ウコンの素晴らしい効果”という記事に、月経不順、月経困難症、急性ウイルス性肝炎、慢性肝炎、肝臓結石、ニキビに効くとある。
 
 ニキビ?ウコンがニキビに?そういえば、以前とあるクライアントさんが、ベトナムの女の子はウコンでできた洗顔料を使うとおっしゃっていたっけ。これがその商品の写真です。
Nghe pack

 ちょうど今アゴにニキビがポツっとできたので、おろしウコンをつけてみようと思ったけれど、アゴが黄色くなるのも怖いし、ホコリっぽい匂いがする顔というのもどうかと。やめておきます。
 
 せっかくすりおろしたウコンを紅茶に入れて飲んでみた。せっかくのアールグレイの香りが見事に消されて、舌が黄色に染まってもうた。生ウコン、おそるべし。

 来週スーパーで、ウコン洗顔料買ってみよう。効果を知りたい方は、DMください。

* なお薬効についてはあくまで外部サイトからの引用なので保証できません。医療専門家等にご自身でご確認ください。
( Welq の余波がここまで!?)





  "Good Morning, Vietnam" を観た。20数年ぶりだ。私の中で、楽しい映画という記憶しかなかったのは、ロビンウイリアムズがマイクに向かって呼びかける "Gooooooood Morning, Viet Nam!" があまりに印象的で、その前後に出てくる人たちの笑顔で映画自体を覚えていたからなのだろう。
Robin

 あらためまして、これは反戦映画。数あるベトナム戦争ものと違って、虐殺や進駐中に狂っていく兵隊、女性をひどく扱う場面がないから、当時の私にはそう見えてなかっただけの話。

 ロビンウイリアムズ演じるDJクロンナウアが、着任早々アオザイ姿の女性の尻(映画では明らかにそう見える)を追っかけようと、金にものを言わせてベトナム人から自転車を買い取り街を疾走する場面がある。いわゆる”醜いアメリカ人”を描いているにもかかわらずここがお笑いに見えてしまったのは、同僚である黒人軍曹が同じ行動をするのだが、彼のタイヤにゴムの部分がなくて金属部分だけで自転車をセコセコ漕ぐというコミカル加減の影響が大きい。あくまで監督のバリーレビンソン(「レインマン」の監督でもある)は、普通の反戦映画にしたくなかったんだろうと勝手に想像します。

 DJクロンナウアは、兵隊たちを元気付けたい一心で、マシンガントークの合間にロックンロールの選曲をする。軍指定の推薦曲を無視するものだから上司から怒られてしまうわけですね。
 「じゃあ、どんな曲ならいいんですか」
 「パーシーフェイスオーケストラ(よくデパートとかでかかるアレです)、アンディウイリアムス、ペリーコモ、そしてフランクシナトラ卿だ(卿ですよ、卿)」
 「ボブディランは?」
 「ボブディランは論外だ」
という会話が交わされる。
 はじめてこの映画を観たときは、このやりとりに全く注目していなかった。というか意味も背景もわからないので、流してしまった。ところが今、このタイミングで見ると、ボブディランという単語に重みが出てくる。

 先月ボブディランがノーベル文学賞を受賞したとき、なにか小説でも書いたのかなと思い調べたところ、どうやら大昔に書いた歌詞に対して授与されたと知って驚いた。聞いたことのある歌といえば、Like a Rolling StoneとかBlowin' in the Wind(「風に吹かれて」)とか Knockin' on Heaven's Doorだけれど、歌詞をしげしげと眺めたのは初めて。アメリカ人小学生がわかる程度の英語なのに、奥が深くて、反戦メッセージが強かったことを知りました。多くのミュージシャンにカバーされたわけです。


21歳の時に書いたBlowin' in the Windから一部を書き出してみる。

   Yes, how many times must cannon balls fly 
   before forever they're banned 
  どれだけの砲弾が飛びかえば、永久に禁止になるんだろう
   
   Yes, how many times a man can turn his head
   and pretend well he just doesn't see
     どれだけ顔を背けるのだろう。そして見ないふりをするんだろう
   
   Yes, how many deaths will it take till he knows
   that too many people have died 
  どれだけ死ねばわかるのか。どれだけ多くの人が死んだのかと
   
   The answer my friend is blowin' in the wind
   The answer is blowin in the wind 
  その答えは、友よ、風に吹かれている
  答えは風に吹かれている       ©Bob Dylan/Blowin' in the wind

これは、歌の一部なんですが、いま見てもじわじわくる。いや、今だからじわじわくる。

余談ですがGood Morning, Vietnam、実はタイで撮影されたんですと。いま住むベトナムは左ハンドルなのに、映画では車が右ハンドルで出てくる。調べたら、撮影地はタイでした。

GoodMorningVietnam


昔ちっともわかってなかったことがわかる時、年を重ねるのも悪くないなと思います。いや、マジで。

ところでボブディラン、本当にノーベル賞授賞式に行くのかな。


 

↑このページのトップヘ