"Good Morning, Vietnam" を観た。20数年ぶりだ。私の中で、楽しい映画という記憶しかなかったのは、ロビンウイリアムズがマイクに向かって呼びかける "Gooooooood Morning, Viet Nam!" があまりに印象的で、その前後に出てくる人たちの笑顔で映画自体を覚えていたからなのだろう。
Robin

 あらためまして、これは反戦映画。数あるベトナム戦争ものと違って、虐殺や進駐中に狂っていく兵隊、女性をひどく扱う場面がないから、当時の私にはそう見えてなかっただけの話。

 ロビンウイリアムズ演じるDJクロンナウアが、着任早々アオザイ姿の女性の尻(映画では明らかにそう見える)を追っかけようと、金にものを言わせてベトナム人から自転車を買い取り街を疾走する場面がある。いわゆる”醜いアメリカ人”を描いているにもかかわらずここがお笑いに見えてしまったのは、同僚である黒人軍曹が同じ行動をするのだが、彼のタイヤにゴムの部分がなくて金属部分だけで自転車をセコセコ漕ぐというコミカル加減の影響が大きい。あくまで監督のバリーレビンソン(「レインマン」の監督でもある)は、普通の反戦映画にしたくなかったんだろうと勝手に想像します。

 DJクロンナウアは、兵隊たちを元気付けたい一心で、マシンガントークの合間にロックンロールの選曲をする。軍指定の推薦曲を無視するものだから上司から怒られてしまうわけですね。
 「じゃあ、どんな曲ならいいんですか」
 「パーシーフェイスオーケストラ(よくデパートとかでかかるアレです)、アンディウイリアムス、ペリーコモ、そしてフランクシナトラ卿だ(卿ですよ、卿)」
 「ボブディランは?」
 「ボブディランは論外だ」
という会話が交わされる。
 はじめてこの映画を観たときは、このやりとりに全く注目していなかった。というか意味も背景もわからないので、流してしまった。ところが今、このタイミングで見ると、ボブディランという単語に重みが出てくる。

 先月ボブディランがノーベル文学賞を受賞したとき、なにか小説でも書いたのかなと思い調べたところ、どうやら大昔に書いた歌詞に対して授与されたと知って驚いた。聞いたことのある歌といえば、Like a Rolling StoneとかBlowin' in the Wind(「風に吹かれて」)とか Knockin' on Heaven's Doorだけれど、歌詞をしげしげと眺めたのは初めて。アメリカ人小学生がわかる程度の英語なのに、奥が深くて、反戦メッセージが強かったことを知りました。多くのミュージシャンにカバーされたわけです。


21歳の時に書いたBlowin' in the Windから一部を書き出してみる。

   Yes, how many times must cannon balls fly 
   before forever they're banned 
  どれだけの砲弾が飛びかえば、永久に禁止になるんだろう
   
   Yes, how many times a man can turn his head
   and pretend well he just doesn't see
     どれだけ顔を背けるのだろう。そして見ないふりをするんだろう
   
   Yes, how many deaths will it take till he knows
   that too many people have died 
  どれだけ死ねばわかるのか。どれだけ多くの人が死んだのかと
   
   The answer my friend is blowin' in the wind
   The answer is blowin in the wind 
  その答えは、友よ、風に吹かれている
  答えは風に吹かれている       ©Bob Dylan/Blowin' in the wind

これは、歌の一部なんですが、いま見てもじわじわくる。いや、今だからじわじわくる。

余談ですがGood Morning, Vietnam、実はタイで撮影されたんですと。いま住むベトナムは左ハンドルなのに、映画では車が右ハンドルで出てくる。調べたら、撮影地はタイでした。

GoodMorningVietnam


昔ちっともわかってなかったことがわかる時、年を重ねるのも悪くないなと思います。いや、マジで。

ところでボブディラン、本当にノーベル賞授賞式に行くのかな。


 

 黒かったバンコクから帰って一週間。いま一度飛んで行きたいなあと思う場所があります。それはthe COMMONS. 日本人駐在員の多い閑静な住宅街トンロー(Thong Lo)地区にこの2月誕生した新型モール、いやコミュニティー。

 中目黒のように新しい家具の店やカフェが並ぶスクンビット55通り(
ซอย สุขุมวิท 55)から細いソイ(脇道)に入って2分、コンクリート打ちっ放し(懐かしいね)の不思議な空間が目に飛び込んできます。 木の階段が劇場スタイルで上と下に展開されており、みんなその階段に座ってはお茶を飲んだり、ワインを飲んだりして。各フロアに服のブティックやフィットネス空間、カフェもあるのですが、どうやら購入したものを好きな場所で飲んだり食べたりしていい模様。上のフロアには、あぐらをかいてMacBookを睨みながら仕事をするお洒落タイボーイがいました。

 建物の一番奥の隠れたところにエレベーターはあるけれど、メインは階段。移動する際に空間を眺めなれるように設計されている。バンコクおなじみ巨大ショッピングモールの百分の一ほどしかないスペースなのに、開放感と充実感があるのは、歩きながらすべての構造が見渡せるからかな。各フロアにも緑の樹々が植えられていて、光合成できそう。カフェやレストランの従業員までタイ人にしてはサラサラした感じの人が多いせいか、代官山にいるような錯覚を起こしました。キッズカフェもありましたよ。

 the COMMONSのオーナーもコミュニティーを志向しているらしい。場所や、飲み食いするものを提供しますから自由におしゃべりしてどうぞ好きな時間をお過ごしあそばせ的な。実はオーナー、タイで人気のカフェROASTのオーナーでもある。そんなわけで最上階にあがりハーブガーデンとベンチを抜けていくとROASTが出てきた。コーヒー好きならぜひLungo(いわゆるロングブラックコーヒー)を試してみてください。じっくりローストされた豆から滲み出たガツンとthe coffeeな味がします。あー、書いててまたバンコク行きたくなってきたぜ。ここベトナムもコーヒー美味しいんですけどねー。
ROAST


 有名なマガジン調メニューをめくる限りでは、食べ物もとても美味しそうでした。隣の女性二人は、パパイヤのサラダとローストチキンとデザートをがしがし食べている。すでに
スクンビット55通りを歩きながら屋台のもの(牡蠣オムレツ、卵やきにバナナ包んでコンデンスミルクと緑のパンダンクリームをかけたやつ、鳥の手羽揚げたの、カップに入ったパパイヤサラダ)をたらふくつまみ(どれだけ食べるんだ!と突っ込みたいあなた、いまタイ、おすすめです)、一階のビアカフェThe Beer Capでエールビールを飲んでいたため、お腹いっぱいでコーヒーしかトライできませんでしたが、また行く。口実ができた。わはは。建物内のワインショップで買ったボトルをその場で開栓しての食事もOKらしい。行く。

 当然ながら、プミポン国王の遺影も飾られてました。うーん。タイは奥が深い。
 
プミポンcommons

  

 社員旅行でバンコクに行ってきました。プミポン国王が逝去されたので国内の混乱が予想され延期を主張するスタッフもいましたが、中止するのはタイの経済によくない(私は過去にタイのSARSやら政変やらで支障を経験済みなのです)ので決行。いつもと違うバンコクを見ることができました。

 バンコク黒い。 なにもかも黒い。

  
 行きの飛行機でタイの新聞を開く。半分くらいが遺影つきのお悔やみ広告でした。

写真 2

どれも端正にデザインされてある。ずいぶん前から準備していたのでしょうか。各社のご苦労が身に沁みます。目を引いたのは次のお悔やみ広告。写真好きで キヤノンを愛用していた国王の一面を知っていたのでしょう。
写真 1
地味に目立っていました。これがもしキヤノンのお悔やみ広告ならちょっと洒落ている。かすかにぼけたロゴが見えます。タイ人になんて書いてあるのか尋ねてみようと思っていたが、忘れちゃった(どなたかわかる方がいらしたら、教えて下さい)。気が付いたら新聞のインクで手が真っ黒。慌ててCAにお手拭きをもらいました。

 「バンコクに来るなら地味な格好で来てね」とタイ人から言われていたので、黒白グレーの服だけで訪問。確かに8割がた黒かった。ときどきチェックや柄物を着ている人がいたら、それは外人観光客。
 なお服喪期間は一般の人で一ヶ月、政府関係者は一年とのこと。もともとカラフルな服を好むタイ人だから、黒い服は需要があって売れるだろうなと思ったら、まさに。泊まったホテルが市内のはずれ、Bobae Marketという服の卸市場のど真ん中に位置していたため、商売ぶりを早朝から目撃。黒い Tシャツ、ポロシャツ、チュニックの様々なデザインがどの軒先にも並んでいる。一枚80−180バーツ(240円ー540円)。業者がやってきては大量に買い込んでいた。これを中心街で200−500バーツ(600円ー1500円)で売りさばくのだろうな。
 どれくらい黒いかは市民の皆さんの着こなしでご覧ください。

thai people5
                                          国鉄バンコク駅前でバスを待つ人たち。

thai people3
                                           スカイトレインの乗客。これは夕方ごろ。
 
 昨日10月22日は早朝から王宮前に人々が集まってお別れをしていました。
Palace
                                                            ©REUTERS/Athit Perawongmetha

                                ちょっと寄ってみましょう。

thai people2
   

 在位70年と4ヶ月。数々の事件や政変を国民と乗り越えて、そして誰よりも愛されたプミポン国王。お疲れ様でしたという言葉はあまりにも軽いかもしれませんが、本当にお疲れ様でした。
ご冥福を心よりお祈りします。合掌

↑このページのトップヘ