一年中夏と思われるホーチミンですが、実は微妙に季節がありまして。さいきん私もだんだんわかるようになってきました。それもお野菜から。

 日本では白いトウモロコシがこの数年人気ですね。北海道や東北産の、生で食べても美味しいアレ。ここホーチミンでも6月にチラッと店頭で見かけました。

白コーン


1本10000ドン(約55円)。安い。日本じゃ1本500円くらいしたわー、というわけで買って茹でてみたものの、味は大違い。黄色い普通のコーンより味が薄くて、ずっしりもっちりお餅みたい。トウモロコシが糖質だってことを痛感しました。でも、夏の始めにしかないということで、白トウモロコシは重宝がられているという。
 
 ん、夏の始め?
 
 5月末ごろからウチの女子社員たちが、緑色の網に入った大量のアボカドを会社の席に置いているのを発見。どうしたの?と聞くと「行商のおばさんから買った。いまが季節。カラダにいいんだよ。」とおっしゃる。
 
 しばらくすると元社員の女の子から「Masako-san アボカド1キロ40000ドン(220円くらい)で買わない?5キロで送料無料。肌にいい。秋が来ると終わりだよ」と言ってきた。 旦那の実家だか親戚だかがアボカド農家らしい。1キロで何個あるのと聞くと4−5個と。5キロだと約20個。東京にいたときも時々買っていたけど、足が早い(死語ですかね)から1個単位でしか買わなかったっけ。だって沢山買うと腐るでしょ。と聞いたら「いやいや、すぐになくなっちゃうから大丈夫だ」という。結局買わなかったけれど。
 
 こっちのアボカドは、外の皮が緑色のものと紫がかった黒の2つの種類がある。緑の皮も時間が経っても色は変わらない。スーパーで試しに前者を買って2つに切ってみると、デカい。何がデカいかって種がデカい。

アボカド

なるほど、すぐになくなっちゃうわけです。ベトナムのアボカドの種の大きさは定評があるのでしょう。7月の最盛期に一部スーパーの野菜売り場では、2つに切って可食部分の大きいアボカドを飾っていた。理由を聞いてみたら「アボカドは食べるとこがないと文句を言われたことがあるので、うちのは質がよいことを言いたい」と。ふーん。
 アボカドは、ベトナム語でBoといいます。バターも同じBo。アボカドを”森のバター”と呼ぶけれど、脂分をあまり摂らないベトナムではまさにそういう存在なのでしょう。美肌にいい。ガンに効く。老化防止にいい。とローカル社員は力説していた。あやふやな医食同源だけれど、ベトナムっぽくて、なんかいい。
 
 ちなみに人気の食べ方は、アボカドにコンデンスミルクと少しの氷を入れてミキサーでガーっとしたSinh to Bo(シントー・ボー)。いわばベトナムのスムージー。ここではどちらかというとアボカド、果物扱いなのであります。所変われば品変わる。という諺を思い出した。私もシントー・ボー試してみたけれど、ドロッと重たいアイスクリームを飲んでいるようでした。スライスしてわさび醤油のほうがいいや。アタシはやっぱり日本人。
 さっきスーパーに行ったらまもなく終売なのか、アボカドの売り場面積も小さくなっていた。夏が名残惜しくなって、ひとつ買ってしまった。わさび、まだあったかな。
 
 街には、中秋のムーンケーキ(月餅)の看板があふれている。 ベトナム語でムーンケーキは、Banh Trung Thu。Mid-Autumn cakeである。ベトナムにも秋がやってくる。

 そろそろ東京では都知事選の結果が出ている頃だろうか。午後6時現在の投票率が36.38%。前回より高いとはいえ、なんとも悲しい数字である。
 ベトナムでも5年に一度の国会議員選挙が今年5月22日に実施された。全国投票率はなんと98.77%。中部の都市では99.99%に達したという。なんで?

SaigonGP
                               
          (写真は、選挙翌日の共産党機関紙)
 そもそもベトナムは地方から都市周辺に短期で出稼ぎにきている人たちが多い。だからといってその人たちは選挙のために故郷に戻ることはない。期日前投票もない。というのになぜそんな高投票率が確保できるのですか。教えて、ベトナムのエライ人!

 どうやら以下が実情ではないか、と。ベトナムでも投票所で有権者カードを見せて投票用紙を受け取るが、その際に身分証明書を見せる必要がない。よって、実際には家族やらによる代理投票が横行している。さっそく若い人5人に聞いてみたが、ひとり投票しなかったとモゴモゴしておりました。Masako san,他の人には言わないでね。言ってない。でも書いた。ゴメン。
 さらに地区ごとの選挙管理委員会が成果を問われるため、投票所に来てない人がいると委員がその家に足を運びドアをドンドンたたく。いないなら代理投票でもいいと催促される。
 投票時間も原則朝7時から19時なのだが、100%投票が達成できそうにないとなると、朝5時から21時まで委員会の裁量で自由延長できます。日本の前回の参院選では、終了は20時なのにその1時間前に投票所を閉める町があったと聞いている。なんという違いだ。
 
 選挙日前後の外国人向け英字新聞に、北はハノイ近郊から南はメコンデルタエリアまでのランダムに選んだ有権者20人のコメントが載っていた。面白いことに、自分はもう高齢だが新しいベトナムを期待したいから若い候補者に投票すると答えた60,70代が多かった。18歳(ベトナムの選挙権は18歳から)から30までの人たちも、自分たちの世代に投票するとコメント。
 不思議といえば、誰も候補者の政策については言及していなかったこと。ベトナムでは、事前の選挙運動は一切なし。放送も微々たるもの。学校や病院のロビーといった公共の場所などに張り出される候補者一覧と略歴を見て判断するしかないんだそう。一部の家には(日本の新聞に折り込まれるような)一覧表が送られるというが、ウチでは見たことがないよ、とのこと。まあ共産党の一党独裁だし、人によって政策が違ってはならないから当然といえば当然なのか。
 最終結果が公表されるのは6月11日、と投票日の5月22日からかなり経過してから。当然日本のような出口調査もない。まあ、いろいろと不思議なんですが、誰も何も言わない。
 
 さる7月20日選出された494人の新国会議員が国会に出席した。テレビのニュースでちらっと見た印象では女性議員率30%といったところか。年齢については、40-50代が多いように見えた。

          
国会 jpg
              ©Saigon Giai Phong
      
 目立ったところでは、議長が女性のグエン・ティ・キム・ガン氏。美人である。私のブログを読んでいただいているかたには、オバマと一緒に魚に餌をやっている女性 (YouTube の0'26"を参照)と書いた方がいいだろうか。念のためお写真も。
         
images653460_ChutichQH

 と書いているところへ、東京から小池百合子さんが都知事当選という知らせ。
 さてどうなるんでしょう。若い世代に希望を持たせる世の中にしてほしいなぁ。


 プノンペンの道路を走る3台に1台がレクサスだった(注:筆者の皮膚感覚です)。
プノンペン美術館

 Why Japanese Lexus? 厚切りジェイソンではないが、ご存知のようにレクサスはトヨタが誇る高級車である。日本で買っても400万から上位クラスだと1000万円超だというのに、なぜ一人当たりの年収が1100ドルのカンボジアでたくさん走ることができるんだろう。

 滞在中カンボジア人数人に聞いてみました。「だってトヨタは壊れないし、信じられる」それはわかる。世界中そう思ってますよ。でもさ、なんでレクサス?「なんでだろう?まずセダンよりは、大きいクルマがいい。仕事に使えるから」 うーん、まだ納得できない。

 よく観察してみるとSUVクラスのRXや、LXしかもLX470が多い。
lexus Cambodia
しかも2000年前後にみたようなゴロッとしたタイプであります(オタクですみません)。そもそもこういった中古車をどこで買うのか?アフリカだと個人業者から、ロシアだと犯罪がらみでトヨタのバンを買うことがあると聞いたことがあるけれどプノンペンの場合、その比じゃあございません。もっと大胆な組織でないとこの台数は無理です。

 答えは意外なところにありました。所有者である氷屋のおじさんはトヨタのショールームで買ったとおっしゃる。3万USDで。この周辺国の水準からすると、安い。調べてみるとトヨタカンボジアでは、中古車レクサスをショールームで展示し販売しているらしい。より安くクルマを買いたいという消費者の願いと、きちんとメンテナンスのされてないクルマを売る不正な販売業者に対処するためである。カンボジアは、左ハンドルなのでレクサス大国アメリカからの中古車がちょうどいい。ちなみにベトナムでは、北のハノイでNewモデルのレクサスをたくさん見ることができます。ナンバープレートから判断すると、党の人たちが所有者ということになります。余談ですが。

 さて。レクサスが溢れるほどカンボジアは金持ちの国になったのか。経済成長に伴い中間層は増えているし、金持ちも確実にいらっしゃる。ある晩ホテルの人に紹介してもらった隠れ家レストランに行ってみた。実に美味。ただ周りから聞こえてくる言葉は、中国語であった。北京語と広東語?とっても暑いのに、赤ワイン開けてるし。カンボジアも美味しいとこは華僑が牛耳っているんだなあ。

 プノンペン市内をドライブしていてもう一つ気になったのは、軽トラックの荷台に立ったままで運ばれていく女性たちの姿。黒髪の人やヤンキーっぽく金髪にした女性たちが30人くらいひしめいている。まるでドナドナだ(わからない方はググってくださいね)。写真を撮ろうとしたが、荷台のひとりの女性と目が合ってしまった。撮るのを止めた。工場で働く人を運んでいるトラック。私がプノンペンに着く1日前に、このトラックが横転して死亡者と怪我人がかなり出たと現地の英字新聞で読んだ。
 
 カンボジアには学校で習わない、いや習えないことがたくさんある。
 

 
 
 

↑このページのトップヘ