2014年06月

 6月28日  PUMAのひみつ
 

 予選と決勝トーナメントの狭間の一日。試合がなかったので平和な考察を。驚くべきことにこのブラジル大会はイケメンが少ない。1994年のアメリカ大会以降増え続けていた種としてのイケメンに何が起きたのか。権威の方に生物学的な説明を求めたい。

 そんななかセクシーに見える選手は確かにいる。アルジェリア、ガーナ、コートジボワール。ん、皮膚の色と体格のせい?いや違う。チリやウルグアイ、スイスの選手も色っぽく見えた。何が原因なのだろう。冷静に観察する。みんなPUMAを着ている。逆三角形でカラダにピタッと張り付くフォルム。胸の筋肉の隆起は露骨なほどだし、パツパツのを好んで着ている(と思われる)選手の場合腹筋の割れまで見える。1986年頃のユニフォームも上半身パツパツなんだけどポロシャツのような襟はついてるわパンツが短いわで全くセクシーさは感じされなかった。さらにPUMAユニのパンツはadidasほど広がりはない。ちょっとだけ丈が長い。1cm前後のカッティングの差が効いている。男子ボディコン。ちなみに今大会、独自のユニを着ているのは、コスタリカ、イラン、ボスニア、エクアドル、ホンジュラスである。ベルギーのユニが、セクシーだけど品がいいので調べてみたらBURRDAというスイスの新興メーカー。2007年設立。2002、2006、2010年はadidas とNIKE二強の大会だったがこのブラジル大会は面白い展開だ。多様性万歳!

 女子の皆様、今晩から始まる決勝トーナメントではチリ、ウルグアイ、アルジェリア、スイスの試合でセクシーPUMAに会えます。Check it out! 

日本代表、おつかれさま。気持ちいい負けっぷりでした。気持ちを入れ替えて4年後につなぎましょう。しかし南米勢強いですねー

6月25日  ペケルマンとザック

○日本ーコロンビア 1-4  クイアバ


 ここまで完膚なきまでにやられると気持ちいい。ペケルマン監督は流石だ。前半は温存、後半でキンテーロと交代で入ったロドリゲスは後半3点すべてに絡んだ。マルディネスもロドリゲスからのパスをうけて2点という仕事をした。勝ちが確定したであろう85分、43歳GKモンドラゴンにゴールネットを委ねた。彼の出場は世界記録を塗り替える。過去2回の動きを分析され大久保は封じられた。本田のクセも熟知しておりパスカットを頻繁に行う。ペケルマンの調査隊はまだ健在だ。想定外のコースへ動く長友だけは、押さえられなかったようだけど。さて。今日の香川は好調だった。ドリブルが復活していた。替えるべきは本田だった。途中入ったロドリゲスをここまでフリーにするDF陣、これは無策でしかない。W杯初出場、コロンビア側にデータのない清武を後半早めに入れて撹乱すべきだった。監督の仕事とは、考えること。

 アジア勢は一勝もしていない。次からアジア出場枠は一つ減るだろう。同じ時間帯でギリシャはコートジボワールに勝ち16強へ。意地の勝利。

 90分、ロドリゲスが吉田を冷静にかわして決めたループシュートは美しかった。

6月23日 一流を動かすもの

○アメリカーポルトガル 2-2  マナウス

○アルゼンチンイラン 1-0 ベロオリゾンテ(6月22日)

 

 髪を切った私に違うヒトみたいと~と唄ったのは松田聖子だが、この日髪型を変えてきたロナウド を見て「キミそんな場合じゃないだろう」とつっこんだのは私だけじゃあるまい。グループG4位。崖っぷちのポルトガルを率いる者の姿勢としてどうかと。しかし彼にはどこ吹く風。キッフオフ早々アメリカ陣3人をいなすドリブルはムチがしなるような切り返しで、久々にロナウドらしいロナウドを感じた10秒間だった。振り返れば彼の言動はサッカーがピンチな時ほど注目を浴びる。2010W杯でポルトガルが負けた直後、会期中にも関わらずアメリカで生まれた子供に会いに行き顰蹙をかっている。炎上マーケティングじゃないが、人の非難をエネルギーに転換できるタイプ。

 一方メッシである。私のiPad はメッシと入れるとまず滅私が出てくるオヤジソフトが組み込まれているが、彼はW杯になる90分以上走り続ける滅私奉公。バルサでの動きとは180度異なる。今年のアルゼンチンはアグエロやイグアインという逸材を抱えるがまだ歯車が組み合っていない。彼は痛感している。予想以上に好プレーを示すイランに対し、メッシが左足をふり抜いて勝負をつけたのは91分のロスタイム。ロナウドが右サイドからの見事な同点アシストでアメリカを絶句させたのも95分。一流のDNAには「負けてたまるか」が組み込まれている。

メッシも素晴らしかったけど、ここはクローゼですよ、奥さん!

6月22日 Welcome to the club!

○ドイツーガーナ 2-2  フォルタレザ


 父親のオイタによりドイツーガーナ2国代表に分かれてしまったボアテング兄弟(拙稿7月10日ボアテング父の浮気がドイツの快進撃を!参照)の対決をあおるメディアも多かったが、ふたを開けてみると純粋にゴール合戦に終始した試合だった。特に後半。まずは右サイドからのクロスをヘディングでゲッツエが決めその数分後同じ右クロスからヘディングでアイェウが決めて、ドイツーガーナ同点。さらにガーナのエース、ギャンが見事な追加点。その後最初の点を決めたゲッツェと交代して入ったクローゼが入って1分後、4番ヘーベデスのヘディングを右足でちょんと押し込んで2点目を決める。そのままでも点が入ったような気がしないでもないが、とにかくデバる。FWの基本だ。

 「先発からだろうと途中交代からだろうと僕には関係ない。どの試合も重要だし、W杯20試合中15得点って悪くないと思うけど、どうかな」このゴールがW杯通算15点目となり、クローゼはトップのロナウド(ブラジル)に並ぶ。さらにW杯4大会連続で得点するのは、ペレ、同じドイツのシアラーに次ぐ3人目。恒例の前転ジャンプの回転が足りず着地がイマイチだったところに彼の老いを感じないではなかったが、途中交代でもいい。ドイツの若手に負けず、バンバン得点してほしい。がんばれ、かつて美少年だった36歳。

 ロナウドがTwitterでクローゼに"Welcome to the club" とお祝いメッセージを送ったのは素敵だった。これだからサッカーが好きだ。

コロンビア、コスタリカに次ぐラッキーチーム、フランスを忘れてはいけません。

6月21日 ベンゼマさまさま

○スイスーフランス 2-5 サルヴァドール

 

 腰痛から代表離脱したリベリ、言動の危うさから選考にもれたナスリ。それぞれミュンヘンとマンチェスターシティのエースである二人なくしてフランス代表Les Bleus(ル・ブルー)は大丈夫だろうかと世論は不安を隠さなかったが、それは杞憂に過ぎないことをW杯開幕後の2試合で知る。いまフランスはベンゼマを中心に回っている。16日のホンジュラス戦でも3点のうち2点を決めた。このスイス戦では5点のうちの1点と2アシストを記録。意外にもフランスのボール支配率は42%でしかなかったが、彼のパス成功率は96%。いかにベンゼマがゲームメイカーであったかがわかる。ゴールだけでない万能型ストライカー。彼もまたジダンと同じアルジェリア系である。

 私のいるホーチミンのオフィスにフランス系ベトナム人がいて「ゲーム見るよ」と約束してしまったばかりに、無理な時間に起きて見ていたのが、意外にもよかった。W杯出場を決める欧州予選ではプレーオフに回った苦しさもあったが、デシャン監督率いるル・ブルーは、おにぎり頭の絶好調ボーイをトップに快進撃を遂げている。今後に超期待。

↑このページのトップヘ