2017年05月

海苔やワカメが好きです。韓国海苔もかなり好きなんだけど、表面にテカテカ塗られているのがゴマ油と知ってからは時間が経過したものは食べないようにしています。酸化した油ほど美容に悪いものはないですから。とオーガニック人間ぶってみる。すみません。ちょっと偉そうでした。シュン

さて。そんな私にぴったりの海苔をラオスで見つけました。「カイペーン」英語名はCrispy Mekong River Weed。川海苔だそうです。

赤メコン
え、この赤い川で獲れる海藻いや川藻から作るのか...少しひきます。でもビールに合うんだ、これが。

ラオスのビールといえば、ビアラオ。チェコのビールみたいでゴクゴク飲めます。お腹にたまらないテクスチュアなので、ますますゴクゴクいける。

 BeerLaoDark
(これはDark Lager 。意外に甘くて女性向き)
みんな最初は小瓶を頼みますが、大瓶も値段がさして変わらないことに気がついてからはもうやめられない止まらない。暑いし。痛風の過去があるのに、いいのか>アタシ

おっと主題は海苔でした。カイペーン。薄い昆布のよう、いや紙のようなテクスチュアにちっちゃなゴマがびっしりついてます。日本のゴマの1/2だと想像してください。


カイペーン
                                       (右の小皿が、ラオス味噌Jeow Bong)
ニンニクスライスと極薄トマトが張り付いていて、ちょっぴりイタリアンな海苔。自家製なのでしょうか、お店によって微妙に味が違いました。

美味しかったのは、宿泊したホテルThe BelleRiveのリバーサイド食堂と、人気のレストランTamarindの2箇所でしたね。前者のは水牛の皮入り味噌をつけて食べるとビール1ダースは軽くいけちゃうくらいの旨さでした。

ベトナムも有名な333(バーバーバー)を持つビール天国なので、お土産にいいかなとカイペーンを夜店で買ってみた。ところが、これが残念なお味。土産用の大量生産ものはダメなのか。レストランで分けてもらうのが一番かもしれません。

カイペーンは一枚あたり書道の半紙の大きさ。
カイペーン一枚
それをハサミでザクザクきるのですが、この切り方にもお店の流儀があるようで面白かったです。
次はカイペーン仕入れるためだけにルアンパバーン行くかも。

おまけ。前出 Tamarindのスパイシー味噌も美味しかった。Jeow Bongという名前です。沖縄の肉味噌をスパイシーにした感じ。店頭で購入できました。あ、Tamarindのタケノコスライスチップスも絶品。

BeerLaoBig
(手前がタケノコチップス。レモングラスの葉っぱとの妙が旨いのなんの)
これも買いましたが、もうその日に食べてしまった(笑)。

ラオスのつまみは質が高い。ビール好きには楽園。痛風持ちにはアリ地獄。ルアンパバーン。


 風に吹かれてルアンパバーンという街に行ってきました。
 一年半前、村上春樹氏の「ラオスにいったい何があるというんですか?」を読み脳みそに要チェックとポストイットしていたところに、バンコクに住む友人がこの街での素敵な滞在記をFacebookにアップしていたのをつい先日見てしまった。ま、引き金が引かれたというしかありません。


 ルアンパバーンは、かつてのラオスの首都。自然とフレンチコロニアルの木造低層住宅がうまく共存していることが評価され、文化的遺跡保護観点から1995年世界遺産に指定されました。ベトナムにある街ごと世界遺産ホイアンにちょっと似ている。違いがあるとすれば、60ほどある寺と、オレンジ色の袈裟をきた僧侶という宗教的要素がアクセントなことでしょうか。

 で。フラリと来たはいいものの、いったいラオスに何があるんだろう。拙宅の妹からもなんで?と問うLINEが送られてきた。
LINE

村上本タイトルの慧眼に脱帽してちびちびビールを飲む私。

 ホテルの人に尋ねると、まずは朝の托鉢(たくはつ)だろうというので、朝5:30に起きて行ってみた。うすら明るいなか、オレンジの袈裟が点線になっている。僧侶が粛々と列をなして歩いていました。
托鉢

 ラオス人のおばさんが手のひらでこっちゃこいと呼び寄せるので、これも経験と地元の人の間に座って初めての托鉢にトライ。ゴザをしいて正座。おばさんに渡された籐籠からもち米を片手でひと握りし、僧侶の籠に順番に入れていく、いわゆる喜捨です。見よう見まねでやるのだが意外にこれが難しい。もち米なので米がむっちりくっついている。適量を取り出すのが難しく、大きな塊だったり小さな塊だったり。もたもたしていたら私の前で坊さんが渋滞していた。ごめんなさい。

 一つの寺から20人前後が一つのグループ。次の寺のグループまでしばし休息ができるので、お寿司の一貫よりやや小さめをたくさん作りおいて渋滞が起きないようにしてみました。急にスムーズに喜捨できるようになると、こちらも余裕ができて僧侶の顔を眺めたり、敬意を込めて微笑んでみたのだが、え?何?みたいな顔をされる。その反応をみた隣のおじさんから、目線は下にするようジェスチャーで教育的指導を受けちまいました。ごめんなさい。常識がなくて。こればかりは調べておくべきだったな。下から目線NG。
僧侶1


 

僧侶2
           (おじさん、靴下はNIKE)

 約一時間の間に2籠のもち米使用。隣のおじさんに、一回のもち米の塊が大きかったからだろうとジェスチャーで指導される。まあ、少ないより多い分はいいよね。次は完璧ですよ。自信あるもん。あと座って下から喜捨するのは女性だけ。男性は立つか、足の悪い人は椅子に座ってでもいいそうです。

 托鉢後におばさんにもち米代金を請求されました。 なーんだ、商売だったのか(笑)。40000キープ(約700円)。高いのか安いのかよくわからないけれど、一時間ほど無心になってひたすらお米をつまんで気持ちがスーッとしたのは事実。自分が修行することはできないから、僧侶に托鉢をすることで自分の不浄をはらっていただくみたいなことでしょうか。そういえば東京で茶道の稽古をしているときも、無心になれた。
たまには無心になろう。
 
    あ、大事なことを最後に。村上春樹本のタイトルの理由は、村上さんが日本からルアンパバーンに向かうとき、経由地で一泊したハノイにて、ベトナム人から「どうしてまたラオスなんかに行くんですか?」と不審そうな顔で質問されたことから。

 教訓*上から目線はダメだが、下から目線もダメ。





 


 
 
 
 
 

  

↑このページのトップヘ