一年中夏と思われるホーチミンですが、実は微妙に季節がありまして。さいきん私もだんだんわかるようになってきました。それもお野菜から。

 日本では白いトウモロコシがこの数年人気ですね。北海道や東北産の、生で食べても美味しいアレ。ここホーチミンでも6月にチラッと店頭で見かけました。

白コーン


1本10000ドン(約55円)。安い。日本じゃ1本500円くらいしたわー、というわけで買って茹でてみたものの、味は大違い。黄色い普通のコーンより味が薄くて、ずっしりもっちりお餅みたい。トウモロコシが糖質だってことを痛感しました。でも、夏の始めにしかないということで、白トウモロコシは重宝がられているという。
 
 ん、夏の始め?
 
 5月末ごろからウチの女子社員たちが、緑色の網に入った大量のアボカドを会社の席に置いているのを発見。どうしたの?と聞くと「行商のおばさんから買った。いまが季節。カラダにいいんだよ。」とおっしゃる。
 
 しばらくすると元社員の女の子から「Masako-san アボカド1キロ40000ドン(220円くらい)で買わない?5キロで送料無料。肌にいい。秋が来ると終わりだよ」と言ってきた。 旦那の実家だか親戚だかがアボカド農家らしい。1キロで何個あるのと聞くと4−5個と。5キロだと約20個。東京にいたときも時々買っていたけど、足が早い(死語ですかね)から1個単位でしか買わなかったっけ。だって沢山買うと腐るでしょ。と聞いたら「いやいや、すぐになくなっちゃうから大丈夫だ」という。結局買わなかったけれど。
 
 こっちのアボカドは、外の皮が緑色のものと紫がかった黒の2つの種類がある。緑の皮も時間が経っても色は変わらない。スーパーで試しに前者を買って2つに切ってみると、デカい。何がデカいかって種がデカい。

アボカド

なるほど、すぐになくなっちゃうわけです。ベトナムのアボカドの種の大きさは定評があるのでしょう。7月の最盛期に一部スーパーの野菜売り場では、2つに切って可食部分の大きいアボカドを飾っていた。理由を聞いてみたら「アボカドは食べるとこがないと文句を言われたことがあるので、うちのは質がよいことを言いたい」と。ふーん。
 アボカドは、ベトナム語でBoといいます。バターも同じBo。アボカドを”森のバター”と呼ぶけれど、脂分をあまり摂らないベトナムではまさにそういう存在なのでしょう。美肌にいい。ガンに効く。老化防止にいい。とローカル社員は力説していた。あやふやな医食同源だけれど、ベトナムっぽくて、なんかいい。
 
 ちなみに人気の食べ方は、アボカドにコンデンスミルクと少しの氷を入れてミキサーでガーっとしたSinh to Bo(シントー・ボー)。いわばベトナムのスムージー。ここではどちらかというとアボカド、果物扱いなのであります。所変われば品変わる。という諺を思い出した。私もシントー・ボー試してみたけれど、ドロッと重たいアイスクリームを飲んでいるようでした。スライスしてわさび醤油のほうがいいや。アタシはやっぱり日本人。
 さっきスーパーに行ったらまもなく終売なのか、アボカドの売り場面積も小さくなっていた。夏が名残惜しくなって、ひとつ買ってしまった。わさび、まだあったかな。
 
 街には、中秋のムーンケーキ(月餅)の看板があふれている。 ベトナム語でムーンケーキは、Banh Trung Thu。Mid-Autumn cakeである。ベトナムにも秋がやってくる。