黒かったバンコクから帰って一週間。いま一度飛んで行きたいなあと思う場所があります。それはthe COMMONS. 日本人駐在員の多い閑静な住宅街トンロー(Thong Lo)地区にこの2月誕生した新型モール、いやコミュニティー。

 中目黒のように新しい家具の店やカフェが並ぶスクンビット55通り(
ซอย สุขุมวิท 55)から細いソイ(脇道)に入って2分、コンクリート打ちっ放し(懐かしいね)の不思議な空間が目に飛び込んできます。 木の階段が劇場スタイルで上と下に展開されており、みんなその階段に座ってはお茶を飲んだり、ワインを飲んだりして。各フロアに服のブティックやフィットネス空間、カフェもあるのですが、どうやら購入したものを好きな場所で飲んだり食べたりしていい模様。上のフロアには、あぐらをかいてMacBookを睨みながら仕事をするお洒落タイボーイがいました。

 建物の一番奥の隠れたところにエレベーターはあるけれど、メインは階段。移動する際に空間を眺めなれるように設計されている。バンコクおなじみ巨大ショッピングモールの百分の一ほどしかないスペースなのに、開放感と充実感があるのは、歩きながらすべての構造が見渡せるからかな。各フロアにも緑の樹々が植えられていて、光合成できそう。カフェやレストランの従業員までタイ人にしてはサラサラした感じの人が多いせいか、代官山にいるような錯覚を起こしました。キッズカフェもありましたよ。

 the COMMONSのオーナーもコミュニティーを志向しているらしい。場所や、飲み食いするものを提供しますから自由におしゃべりしてどうぞ好きな時間をお過ごしあそばせ的な。実はオーナー、タイで人気のカフェROASTのオーナーでもある。そんなわけで最上階にあがりハーブガーデンとベンチを抜けていくとROASTが出てきた。コーヒー好きならぜひLungo(いわゆるロングブラックコーヒー)を試してみてください。じっくりローストされた豆から滲み出たガツンとthe coffeeな味がします。あー、書いててまたバンコク行きたくなってきたぜ。ここベトナムもコーヒー美味しいんですけどねー。
ROAST


 有名なマガジン調メニューをめくる限りでは、食べ物もとても美味しそうでした。隣の女性二人は、パパイヤのサラダとローストチキンとデザートをがしがし食べている。すでに
スクンビット55通りを歩きながら屋台のもの(牡蠣オムレツ、卵やきにバナナ包んでコンデンスミルクと緑のパンダンクリームをかけたやつ、鳥の手羽揚げたの、カップに入ったパパイヤサラダ)をたらふくつまみ(どれだけ食べるんだ!と突っ込みたいあなた、いまタイ、おすすめです)、一階のビアカフェThe Beer Capでエールビールを飲んでいたため、お腹いっぱいでコーヒーしかトライできませんでしたが、また行く。口実ができた。わはは。建物内のワインショップで買ったボトルをその場で開栓しての食事もOKらしい。行く。

 当然ながら、プミポン国王の遺影も飾られてました。うーん。タイは奥が深い。
 
プミポンcommons