アルゼンチン完敗。嘘のような結果になりましたが、前半30分くらいからその気配は濃厚。後半モドリッチが2点を決めた時点で勝負はあったと思わせる試合運びでした。ぶっちゃけクロアチア、いい。

6月21日 悪いのはメッシじゃない
アルゼンチンークロアチア 0−3

 アルゼンチンのフォーメーションは3−4−3。前回の4バックから3バックに変更し、攻める意思が感じられる。クロアチアは安定の4−1−4−1だ。190cmのストライカー、マンジュキッチを中心に当初からガンガン攻める。アルゼンチンは前線でプレッシャーをかけるも点が取れない。一方でクロアチアはマンジュキッチの容赦ない攻撃に最終ラインの3人が限界を見せ始める。

 後半8分ゴールキーパー、カバジェロのミスキックがクロアチアの先制を許した。フランクフルトで長谷部同僚のレビッチに、ごっつあんゴール。
レビッチMicky
        ごきげんレビッチ

 後半35分。モドリッチが、中盤で受けたパスを2回切り返して右足を振り切ったシュートは見事なカーブを描き、ゴールネットを揺らした。この時会場の空気がクロアチア勝利に向けて固まったように見えた。アルゼンチンのサポーターもだんだん静かになる。
モドリッチ


 アルゼンチンの監督サンパオリは、映画「オースティンパワーズ」に出てくるミニミーに似てチャーミングな風貌をしている。
サンパオリ
        首から下はヤクザ

2015年のコパアメリカではチリを優勝に導いた。セビージャでは我らが清武を指導したこともある。ただこの日の采配はどうだったんだろう。モドリッチが2点目を決めた直後にまだイケそうなアグエロを下げてイグアインを投入。その後もサルビオを下げて代表初出場の22歳パボンを。ペレスを下げて24歳のディバラを。会場が敵に有利な空気をまとっている時に、W杯初めて、代表経験わずかな選手を入れるのはあまりにギャンブル過ぎる。それほど追い詰められていたということか。
モドリッチ2点ご表情
     モドリッチ2点後のアルゼンチン選手 ©︎Twitterコラ職人

 ラキティッチがクロアチア駄目押しの3点目を決める前、アルゼンチンは5人が駆け上がり最後の抵抗を示したが、メッシの足は途中で止まった。たぶん彼には結果が見えていた。
メッシ後ろ姿