日本は台風12号で大変のようですね。まずはお見舞い申し上げます。

 一年中夏の国。フィリピンで暮らす前はそんな印象を持っていました。違うんです。純粋に夏と呼ばれるのは3−5月のみ。 6月から雨季が始まり10月末まで続きます。ほぼほぼ毎日雨。7−9月には、ほぼ毎週フィリピンの近くで台風が生まれて、時々日本にも迷惑をかけていますね。台風に代わって謝ります。ごめんなさい。

 ほぼほぼ毎日雨が降ると何が起きるかというと街のあちこちで洪水が。治水や排水が整っていないからね。アスファルトの道路が陥没することも最近わかりました。「どうしてアスファルトが凹むのだ?」と根本的な質問をドライバーにしたら、素材の中に砂などの不純物を混ぜているから、と。これが正しいのかどうか私は道路の素人なのでわかりませんが、とにかく主要道路に大きな水たまりができる。そこを車は避けるので走行できる範囲が狭くなり渋滞が生まれる。先週メルセデスが水たまりにはまって道路の真ん中で立ち往生していたのには愕然としました。こういうときトヨタやホンダは強い。本当に強い。

 人も病気になりがち。ベトナムでもそうでしたが、雨季=Sick という概念が確立していて、確かに会社を休む人が毎日数人います。気温も29−25度のレンジで「27度、寒いよねー」的な会話が交わされる。私は長袖一枚ですが、ローカル社員たちは長袖の上にパーカーを着ていることが多い。レインブーツに商機ありと思えばそうでもなく、ビーサンやビニール製の普通の靴で凌いでいる。
IMG_2763
   
こんな感じ。これは先週日曜の分。

 野菜の値段も高騰します。フィリピンは、もともと野菜の種類が少なく割高です。最近ではゲンコツ2つ大のキャベツ一つに140ペソ(約300円)。こちらの基準からするとメチャ高です。鶏肉、豚肉の方が圧倒的に安い。陽が差さないからトマトも黄色か緑で甘みも酸味もありません。そういえばトマトはナス科なんだからしょうがない、炒め物に使えと自分に言い聞かせています。

 一つ利点があるとすれば、ベトナムにいる時より日焼け止めの使用量が減ったことでしょうか。たまに太陽が出てくると、ちょっとウキウキします。今日は久しぶりの晴れ。これからちょっと散歩をしてこようかな。久々に日焼け止めを塗って。
IMG_2782