今年のアカデミー作品賞を『ROMA/ローマ』でなく『グリーンブック』が受賞したと知った時、一昨年「え、『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ムーンライト』?なにそれ?」と思ったのと同じ感情が甦った。さらにいうと『ムーンライト』は私には重たくて、観ているうちにどんどん心にオリが溜まっていく映画だったので、なおさら警戒心が増した。

 しかし『グリーンブック』を観たら、そんな気持ちはたちまち吹っ飛んだ。実によく出来ている。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカの話なのだが、単なる白人vs黒人の構造を超えて、ピアニストである黒人が野蛮な白人を知的に導く一方で、黒人に降りかかる様々な困難を海千山千の白人が一つひとつ解決していく、なんとも痛快なロードムービーに仕上がっている。
 

 そう、これはロードムービー。ピアニストであるDr.シャーリーが演奏旅行のためアメリカ南部を移動する。当時黒人は公共交通機関に乗る自由はなく、乗れたとしても差別や迫害を受けるため、ある程度お金を持った黒人は自家用車を持つ。その運転手を勤めたのがイタリア系移民のトニー。彼が2ヶ月間ハンドルを握るのが、ブルーのキャデラック。これが実に色っぽい。行き着く街ですれ違う車も全て流線型のシボレーインパラやらコルベット。アメリカ車がいちばんカッコよかった時代。
190110-fallon-green-book-hero_jv11hg


 収穫の終わった麦畑や黄色く色づく樹々をすり抜けて、車は街から街へと移動する。アトランタ、ナッシュビル、メンフィスと、名作『風と共に去りぬ』に出てくるような南部のお屋敷がタイムトリップさせてくれる。映画タイトルとなったグリーンブックとは、自動車で旅行する黒人を対象に発行されていた旅行ガイドブック。1939年ハーレムの郵便局員グリーン氏が始めたことからグリーンブックと呼ばれた
220px-The_Negro_Motorist_Green_Book
            THE NEGRO MOTORIST の文字が
これに載っているホテル、レストランなら黒人でも大丈夫という、地球の歩き方的サバイバルガイド。Dr.シャーリーとトニーが泊まるモーテルやドライブインでColored Allowed, Colored Onlyといった表示がさりげなく映されると、差別の事実がじわじわくる。駐車場で飲み食いして騒ぐ黒人たちを、ちょっと離れた位置に椅子を置いて眺め、カティーサークをちびちび呑むDr.シャーリーにまたじわじわくる。

 
Dr.シャーリーを演じたマハーシャラ・アリは綺麗な英語を話し、スーツやタキシードも板についている。あの『ムーンライト』で、なんちゃってベルサーチを着てヘラヘラしていたドラッグディーラーと同一人物とは思い難い。トニーについては、誰だこの歳くったクセのある役者は?と思っていたら、なんと『ロード・オブ・ザ・リング』のアラルゴン、ビゴ・モーテンセン。
300x
ビゴ・モーテンセン
8u02_ttp_00025cr
         手紙の書き方を教えるDr.シャーリーとトニーこと黒髪のモーテンセン
髪を黒く染め、20kg太った。ロバート・デニーロかい!とツッコミたくなる。さらなる驚きは監督だろう。『メリーに首ったけ』などコメディーを得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。もう意外だらけなのだ。


 この映画が作品賞を獲ったことについては、批判やいろいろな意見があるようだ。典型的な白人目線の映画、黒人差別のダークさが足りない、オスカー向きの教訓垂れ流し...でも私は素晴らしい作品だと思っている。まず差別のバラエティを今まで以上に理解することができた(YMCAで、Dr.シャーリーと白人男性が裸で捕まっていたのは、おそらく同性愛のゆえであろう。何の説明もなかったが)。それ以前に生きる上で大切なことーーウソをつかない、ものを盗まない、ゴミを捨てない、契約は守る、暴力はいかん、間違った権威をかざすものには伝家の宝刀を使ってよい、困った時は助けを求めていいーーが、嫌味なくユーモラスに描かれているからだ。2時間強で何度声をあげて笑ったことか。子供の時に、こんな映画に出会いたかったよ。

 そうそう。見終わると、手書きの手紙をもらいたくなる、ケンタッキーフライドチキンを食べたくなること請け合います。