カテゴリ: 欧米

  "Good Morning, Vietnam" を観た。20数年ぶりだ。私の中で、楽しい映画という記憶しかなかったのは、ロビンウイリアムズがマイクに向かって呼びかける "Gooooooood Morning, Viet Nam!" があまりに印象的で、その前後に出てくる人たちの笑顔で映画自体を覚えていたからなのだろう。
Robin

 あらためまして、これは反戦映画。数あるベトナム戦争ものと違って、虐殺や進駐中に狂っていく兵隊、女性をひどく扱う場面がないから、当時の私にはそう見えてなかっただけの話。

 ロビンウイリアムズ演じるDJクロンナウアが、着任早々アオザイ姿の女性の尻(映画では明らかにそう見える)を追っかけようと、金にものを言わせてベトナム人から自転車を買い取り街を疾走する場面がある。いわゆる”醜いアメリカ人”を描いているにもかかわらずここがお笑いに見えてしまったのは、同僚である黒人軍曹が同じ行動をするのだが、彼のタイヤにゴムの部分がなくて金属部分だけで自転車をセコセコ漕ぐというコミカル加減の影響が大きい。あくまで監督のバリーレビンソン(「レインマン」の監督でもある)は、普通の反戦映画にしたくなかったんだろうと勝手に想像します。

 DJクロンナウアは、兵隊たちを元気付けたい一心で、マシンガントークの合間にロックンロールの選曲をする。軍指定の推薦曲を無視するものだから上司から怒られてしまうわけですね。
 「じゃあ、どんな曲ならいいんですか」
 「パーシーフェイスオーケストラ(よくデパートとかでかかるアレです)、アンディウイリアムス、ペリーコモ、そしてフランクシナトラ卿だ(卿ですよ、卿)」
 「ボブディランは?」
 「ボブディランは論外だ」
という会話が交わされる。
 はじめてこの映画を観たときは、このやりとりに全く注目していなかった。というか意味も背景もわからないので、流してしまった。ところが今、このタイミングで見ると、ボブディランという単語に重みが出てくる。

 先月ボブディランがノーベル文学賞を受賞したとき、なにか小説でも書いたのかなと思い調べたところ、どうやら大昔に書いた歌詞に対して授与されたと知って驚いた。聞いたことのある歌といえば、Like a Rolling StoneとかBlowin' in the Wind(「風に吹かれて」)とか Knockin' on Heaven's Doorだけれど、歌詞をしげしげと眺めたのは初めて。アメリカ人小学生がわかる程度の英語なのに、奥が深くて、反戦メッセージが強かったことを知りました。多くのミュージシャンにカバーされたわけです。


21歳の時に書いたBlowin' in the Windから一部を書き出してみる。

   Yes, how many times must cannon balls fly 
   before forever they're banned 
  どれだけの砲弾が飛びかえば、永久に禁止になるんだろう
   
   Yes, how many times a man can turn his head
   and pretend well he just doesn't see
     どれだけ顔を背けるのだろう。そして見ないふりをするんだろう
   
   Yes, how many deaths will it take till he knows
   that too many people have died 
  どれだけ死ねばわかるのか。どれだけ多くの人が死んだのかと
   
   The answer my friend is blowin' in the wind
   The answer is blowin in the wind 
  その答えは、友よ、風に吹かれている
  答えは風に吹かれている       ©Bob Dylan/Blowin' in the wind

これは、歌の一部なんですが、いま見てもじわじわくる。いや、今だからじわじわくる。

余談ですがGood Morning, Vietnam、実はタイで撮影されたんですと。いま住むベトナムは左ハンドルなのに、映画では車が右ハンドルで出てくる。調べたら、撮影地はタイでした。

GoodMorningVietnam


昔ちっともわかってなかったことがわかる時、年を重ねるのも悪くないなと思います。いや、マジで。

ところでボブディラン、本当にノーベル賞授賞式に行くのかな。


 

 世界の課題発表会と化したカンヌであるが、攻めるクライアントもあることを記しておかねば。これはとっても素敵なことであります。

   その1:じわじわ攻めるVolvo。

 2014年度カンヌのサイバーとフィルム部門のグランプリをはじめ、D&AD(Black Pencil), One Show, New York Festivals(ともにBest of Show)を受賞したVolvo TruckのThe Epic Sprit(懐かしい!)は、大いなる実証広告 だったと言える。今年もVolvoはがんばった。しかし受賞形態が異なることに注目したい。

 デザイン部門で Lifepaint/Volvo UK がグランプリを獲得したのは、予想外の流れだったろう。イギリスでは年間19000人もの自転車愛好者が死傷事故に巻き込まれる。特に自転車通勤者が、夜、事故に遭う事が多いため、Volvoはクルマのヘッドライトを浴びると反射して光る粒子の出るスプレーを開発。自動車会社の社会的責任という見地もさながら、エントリー映像がよくできている。coolに見えるよう、粒子をにんげんと自転車の効果的な箇所だけに吹き付けて闇の中の白を強調。Volvo-Reflective-LifePaint-01
アートディレクションを効かせている点に勝ち目があった。もちろんプロダクトとしてのデザインも素敵です。なおこの作品、プロモ部門グランプリ(!)も受賞している。クルマの売れ行きには関係ないよねーと眺めてみたムービーによれば、 "30秒に1本オンラインで売れた。自転車業界の活性化に役立った”んだそうです。

 ダイレクト部門グランプリもVolvoである。Interception/Volvo は、マーケットがアメリカという”地の不利”を逆手にとった企画。スウェーデン製のクルマが、アメリカ最大の行事SuperBowlに巨額の広告費用をかけるレクサスやGM、フォードなどのブランド車に勝てるはずがない。そこでVolvoは各車CMのオンエア時間に、#volvointerceptionと誰にクルマをあげたいかを書いてTweetしたら、Volvoの実車が当たるというキャンペーンを実施。1分あたり平均2000ツイートをゲット。アメフトのゲームのように、他社のCMをIntercept(阻止)したのである。なんでこれがダイレクト部門なのかなあと一瞬思ったりしたが、有名なDunking in the Dark/Oreoも2013年ダイレクトのシルバーだったからまあそういうものか、と。消費者側から動く逆ダイレクトメールと思えばわかりやすいですね。

 Volvo USAからもう一つ。またも自虐ネタなんですが、意外と私好きかも、ってやつを。The Volvo Hijacking Car Service/Volvo USA 。アメリカでは高級車といえばBMW, audi,メルセデスが想定され、Volvoを考える人はほぼいない。そこでBMWなどの購入を考えディーラーに行く人たちの送迎を、VolvoがまたもIntercept。ネットでたとえばaudiの試乗と入力すると偽の予約サイトに誘導される。買おうと思っているディーラーへの無料送迎を、Volvoを運転することで実体験してもらうのだ。デザイン、新しい安全装置類、オーディオの性能のよさを敵地に着くまでの間に実感させ選択肢のひとつにさせる。なるほどタイトルはHijackになってますなー
 上記2つのキャンペーンに見られるVolvo USAの、他人のふんどしで相撲を取らんとするスタンスは新鮮に見えました。

 そんなわけでVolvoはたった2年で、世界の広告賞総なめをした素敵なブランドになってしまったわけです。少なくとも広告賞審査員の間では。
 面白いのはそのアプローチの仕方。実はThe Epic Spritは、Volvo Truckの性能を示すLive Test キャンペーンの一つでしかない。私は去年3つの審査会場で、ハムスターがハンドルをころころ転がしてトラックを運転する篇とか、揺れのない走行を示すために地面に出た設計者の頭の上をトラックが運行する篇とか、社長が丈夫なフックに空中吊りされたトラックに乗っかってしゃべり続ける篇とか、ジャンクロードバンダムの股裂きと一緒にVolvo Truckのムービーを何度も見た。でも飽きないんですよねー、Real Mad Menの時代にアメリカ広告界を魅了した凍らないカーオイルのCMとか、身近な例でいうとゾウが踏んでも壊れないアーム筆入れ(古くてごめんなさい)のCMを見た時のドキドキ感です。アイデアのある性能実証広告は、いちばん強いのかもしれない。
 そして今年は交通安全に取り組むVolvo、WEBしかもソーシャルメディアにも強いVolvoというイメージを構築しつつある。たった2年ですよ。フォルクスワーゲンがこの20年くらいかけて地道にやってきたことを短期で成し遂げるこのドライブ感はなんですかね。代理店もがんばっているけれど、きっとクライアント側にとても頭のいい、決断の早い人がいるんだろうなあと、勝手に思いを巡らせている私であります。
 おっと、Samsungを書く時間がなくなっちまいました。この項(たぶん)つづく。

  

↑このページのトップヘ