カテゴリ: フィリピン

これを書いたのは3月8日。その後あわただしく事態が変わり五月雨式に在宅勤務になだれ込みフィリピンはロックダウンされ私は今東京。投稿をすっかり忘れていました。個人的メモとしてlate post しておく。

+++++++++++++
魂消た。たまげたと読む。昨日中国にあるコロナ患者の入院施設が倒壊したと聞いて本当にびっくりした。70人下敷きになり、今これを書いている時点で4人死亡、48人が救出されている。過日突貫工事で作った施設かと思ったらそうではなく、福建省にあるホテルを隔離先にしたもの。1−2階にある車のショールームの拡大工事が倒壊の原因ではと言われる。

 人が助かるのはよいことだが、救出の際作業に関わった人は感染しないかなどと余計なことを考えたりする。そう。感染症で怖いのは罹患するのはもちろんだけど、人の心まで邪悪な何かに感染した状態になってしまうこと。疑ったり、差別したり。

 フィリピンで死者第1号が出たのは2月2日。陽性感染者も3例(死亡者含む)でストップ。しばらくは平穏だった。会社のビルの守衛さんに朝とランチ後ハンドガン型体温計をおでこに当てられて体温をチェックされる日々も慣れてしまえばどうってことない。フィリピンの人はいつも清潔にしている。彼らは日頃からアルコール消毒液をカバンやバックパック入れて持ち歩いている。私も最近は小瓶を持ち歩いている。「感染した3人は中国人だしね。だから(私たちは)大丈夫。差別してるわけじゃないけど」そんな声を何度も聞いた。レジデンスでも朝と夜の2回体温計をおでこに。

 3月6日にフィリピン人2人に感染したとわかってから少し状況が変わってきた。4例目。日本渡航歴ありのフィリピン人男性。5例目のフィリピン人男性は国外への旅行歴は無し、しかしマニラ内にあるイスラム教徒の礼拝堂を頻繁に訪れていた。今その礼拝堂は閉鎖されている。そして昨日3月7日外資系企業や外国人向けレジデンスがたくさんあるBGC(Bonifacio Global City)で感染者が出た。デロイトという監査法人に勤める女性。国籍は不明だが5例目男性の配偶者だという。

 先ほど拙宅近くにあるショッピングモール&スーパーマーケットに行ってみたら、赤外線サーモグラフィー(成田空港に到着した時イミグレの手前で密かに撮影されているアレですよ)のハンディ版でチェックされて驚いた。今日から使い始めたという。至近距離だと危ないという判断だろうか。
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.11 PM
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.32 PM
        
反対から見るとこんな感じ。

 そしてアルコール消毒液売り場。日本でアルコール消毒液もマスクも入手しにくいと聞いていたのでそろそろ土産用に買っておくかと足を運んだら、これだ。先週はまだたくさんあったのに。大瓶1つと小瓶2つだけ購入した。これだけの人が見てる前で沢山買うとカッコ悪いので。
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.50 PM


 特筆すべきは野菜売り場がちょっと広くなっていたこと。野菜でビタミンCを摂取するのだろう。フィリピン人はあまり野菜を食べないので、これを契機に野菜を食べる習慣がつくといいな。

Screen Shot 2020-03-26 at 3.25.43 PM
          玉ねぎで●血液サラサラ●呼吸器系にいい●骨を強くする(本当?)と書いてある
りんご売り場が縮小していたのは中国からの輸入がストップしたせいだと推測する。フィリピンで販売されているりんごは9割がた中国産なので。

 毎日のニュースを見ているだけで精神的に参りがちだ。しかし鵜呑みにするのはもっと怖いので、最近では数字だけのデータ、新しい視点を提供するデータを眺めることにしている。

ジョンズホプキンス大学研究施設
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

ブラジルからの。大画面で見ることをオススメします。
https://nextstrain.org/ncov
これを先週から見ていたので、ドイツが急に増えたことも納得。ミュンヘンにスーパースプレッダーがいたのか。

騒ぎはどうなるのか全くわからない。情報に振り回されて、魂が消えた状態になってしまうのだけは避けたい。

*これを書いたのは3月8日です。状況は変わっています。



 
 

 (まず初めに。この文は騒ぎたてるために書いたのではない。一連の情報の流れが気持ち悪かったので備忘録として)
 
 1月12日マニラから車で90分ほどの場所にあるタール火山が爆発した。ようやく落ち着いたかと思えば、今度はコロナウイルスである。2月2日朝、中国外で初の死亡者がフィリピンで確認された。日本で何人もの感染者が見つかり、コロナ騒動を対岸の火事のように見ていたが、どうやら火はフィリピンの方が大きかったようだ。なんてこった。
 
 武漢からフィリピンに来ていた中国人女性が初の感染者になったことは、1月30日木曜のニュースで知っていた。さらっとしたローカル局や新聞報道の後、在フィリピンの日本大使館からより詳しい情報が送られてきた。1月21日に彼女が 武漢から香港経由で入国、風邪の症状を訴えて25日病院へ&即入院、 30日オーストラリアの病院における検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと。

 「彼女はチャイニーズニューイヤーを利用して観光で来てたんだよね。25日までどこをうろついてたんだろう。怖い」なんて会話をローカルの人間と交わしていたのが木曜。続報はしばらくなし。ウイルスにはどう対処すべきか:マスク、手洗い、強力な消毒用アルコールを手につけるべし的情報が時折ネットに流れた程度である。昨夜映画館に土曜レイトショーを観に行った際、封切直後かつ評判の高い『フォードvsフェラーリ』なのに観客が少なかったので、みんな人混みは避けるんだなあとこの時初めて怖さを感じたくらいだった。

 で。今朝のフィリピン死者第1号情報だ。朝9時過ぎ日本の某メディアからの通知で知った。出元はBloomberg である。詳細が知りたくてローカルニュースを探して探して2時間後、CNN Philippines から”ドウテルテ大統領が中国、香港、マニラへの旅行を禁止”というヘッドラインのニュースが出て、末端に初の感染者中国人女性のパートナー男性の死亡が確認されたとサラッと触れられている。え。旦那一緒だったの?こっちが大事なんじゃね?その後フィリピン国外からの情報が逐次アップデートされていく。ローカル情報はなかなか更新されない。
 
 今わかっているのは、この武漢からの夫婦は21日に香港経由でセブ島に入りDumanguete という街を経由して、熱、喉の痛みを訴えて25日にマニラのSan Lazaro 病院に二人で入院(しかし30日時点では、二人入院という情報はなかった)、2月1日土曜日に44歳男性が亡くなった。合掌。他に検査を受けて結果待ちが4人(Bloomberg), 24人(ローカル新聞)。フィリピン保健局は彼らと同じ飛行機に乗っていた乗客にコンタクト中という。

 思えばカルロスゴーン脱走劇だって、日本のメディアより詳しかったのはWall Street Journal だった。情報は当事者が一番わからないのかもしれないし、忖度という概念は日本だけじゃないのかもしれない。

 ちょっとだけ前向きな情報をあげると ⑴ 初めに感染した38歳女性からコロナウイルスの症状は現時点で消えている。⑵ マニラの人は2週間前のタール火山噴火の際、火山灰を防ぐためにマスクを購入していたゆえに今回そんなに慌てていない(ように見える)。
1000x-1
                Photo:Ted Aljibe/AFP via Getty Images
      
 
 自分のことは自分で守るしかない。免疫力をつけるために運動だ!とばかりにジムでウエイトトレーニングのバーベルを持ち上げようとして、つい1時間前ギックリ腰をやらかしました。ダメじゃん。でも私は元気です。マスクも1ヶ月分くらいはあるから大丈夫。たぶん

 

 

 

 マニラから東へ車で1時間の街、アンティポロに行ってきました。ここはカトリック信者には聖地であるアンティポロ大聖堂で有名なのだが、私が行きたかったのは洞窟Mystical Cave。神秘的と名乗るからには何かがあるに違いない。標識もなく、くねくね曲がる山道をGoogle maps頼りに登っていく。途中セメント会社セメックスの工場を横に見る。

 セメックスはメキシコ大手セメント会社。ドゥテルテ政権の大規模インフラ計画 ”Build Build Build” でセメント需要が高まっているため、今年の1月工場拡張を決定した。車内にいるにも関わらず、空気が埃っぽいのを感じる。休日でこれなら平日はさぞ大変なのではと近隣住民を案じてみたり。

 日本もセメントで有名な山口県には、秋芳洞という素晴らしい鍾乳洞があったっけ。幼い頃パパ(恥ずかしながら拙宅は、お父さんではなくパパと呼びなさいと教育されておりました)に連れられて、色々な鍾乳洞を探険したなあと亡きパパに想いを馳せたりする。セメントがある→いい石灰岩がある→いい洞窟がある。そんなことを教わったのもいい思い出。

 おっと。湿った話になりそうだがそうはならないのでご安心を。Mystical Caveと道からかろうじて見える手書きの看板を見つけて、石段を200段ほど上がる。

Mystical 看板

入場料+ガイド料50ペソを払って入って中へ入ってみる。
IMG_5152
        1970年代に洞窟を発見したネリー・デレス女史の名前が

普通洞窟は冷んやり湿っているものだが、全くそんな気配なし。外よりちょっとぬるい程度。ここがフィリピン。高さも2−3m、そんなに大規模でもない。

柱
         見事な鍾乳石の柱

 途中、壁や地形を見ながらキリストが寝そべっている図、キリストたちが着替えに使った部屋、浴槽、マリア様が懐妊した場所(ここか、ここなのか!)など説明を受けるが、あまりピンとこない。
衣装室
         キリストたちが衣装替えをした部屋(らしい)

 一つだけ!と来たのは、通称キリストの笑顔。
キリスト笑顔
うーん、どこかで見たことある。脳内ストックフォトをサーチして出てきたのは、これ。あー、左右反転しているけどアレだ。いばらの冠をかぶったキリスト。
イバラのキリスト修復画

2012年、修復でキリストが猿になってしまったと世界中にため息と笑いをもたらしたアレです。もっと適切なキリスト壁画があるのかもしれないけれど、もう私の中ではアレ。いやあ、面白かった。途中、マレーシアの仏像というのも見せられたが、
マレーシア仏像

なぜムスリムの多い、マレーシアからの、仏像?ツッコミどころ満載でした。
 
 行かれる方は、雨季は外すべし。8、9月に友人を連れてきたいと言うとガイドさん曰くその頃は内部が水でひたひたで入れない可能性があるとのこと。

 おまけ。Mystical Cave からさらに険しいけものみちを上がるとWhite Cross という十字架を見ることができます。

十字架へ
うがあ

十字架見える
              ああ神様、仏様、あと少し私のお尻を押して

たんと汗をかいた後にみる十字架は有難みがある。翌日ふくらはぎに筋肉痛がくることも保証します。
山頂十字架と

     この日2回子供と一緒に写真を撮ってとせがまれる。たぶん理由はTシャツのせい。

 ホーリーウイーク休暇を利用してボホール島に行って来た。3月から4月にかけて通常業務に加え、広告賞の審査をオンラインも含め4つもした。何が起きるかというと、シンガポールやタイに行っても観光なしで広告を見続け、マニラにいても打ち合わせの合間や昼食時間を削っては広告を見まくるわけだ。そして素晴らしい作品に出くわすと「なんでこれ、私の仕事じゃないんだろう、悔しい!」でもってそれが夢に出てきて、まあ精神衛生上よろしくない。仕事ラブ、ジャッジはもはやプロ級(笑)の私でも、さすがに参りました。おっと愚痴になっちまった。とにかくWifi、いや広告のないところに行って自然に癒されたかった。

 ボホール島は、7300あるフィリピンの島の中でも個性的な島。美しいビーチはもちろん、不思議な地形チョコレートヒルズと世界最小の猿ターシャが有名である。今回はそれらがお目当てだったのだが、海での出来事が想定外に面白かったので、まず披露しておきたい。

VirginIsland

  この写真を見て何と思われますか?会社の後輩M君からは、インフィニティープール?と質問が寄せられたが、そんな素敵なものではない。
img_6aa5784809b26f9323348b4fd8e4264a248754
    
(これがインフィニティープール。海や空と繋がって見えるのがウリ)

先の写真を拡大してみましょう。なんと、海の中に飲食の屋台が出ているのです。
IMG_4505


 ここはボホールの一部パングラウ島から小型船で40分ほど行ったところにあるヴァージンアイランド。膝上まである海水をジャブジャブ歩き回って、魚介類とソーセージを焼く屋台、ビールやソフトドリンクの店、揚げバナナの店でみんな食べ物を楽しんでいます。そんな中、私の顔をみるや否や「Uni, Uni」と大声で連呼するおじさんが。今、ウニって言いました?

 前日夜、ホテル前のビーチで、生ウニ売りおばさんに遭遇していたが、お腹壊したら怖いと断念。ここで再会したのが運命!とばかりに食べて見ました。ブツは、シラヒゲウニ。
sirahigeuni
ハサミでパチンと2つに切って、中を海水で洗う。綺麗になった殻に残ったウニは淡いクリーム色。そこにビネガーをかけて木製スプーンでいただきました。一つ20ペソ(44円)。

 うーむ。確かにウニの風味は感じるけど、ビネガーはナシだよね、ビネガーは。あの濃厚な味が消えてしまうじゃないの。やはりウニには醤油でしょう。おじさんには "Soy Sauce is much better" と言い残しておきました。

 もう一種類、黒地に紫とピンクでやたらゴージャスなウニがありまして、そちらは一つ150ペソ(330円)。
Screen Shot 2019-04-21 at 11.46.14 PM
      (iPhoneを持って海中に行かなかったのを後悔。実物はもっと派手だった)
気になったけど焼いて食べると聞いて、やめた。私が去ろうとした時、中国人のおばさまがやって来て注文。工程を観察することにした。この宝石箱ウニ、通称Rock Sea Urchin に切り込みを入れてパカっと開け、中の海藻や緑豆のごとき小さい異物を洗い流す。すると5筋のオレンジのウニが残った。
images
        
(こんな感じ。もう少しウニは平たかった)
嗚呼、これぞ私の知ってるウニじゃないですか。殻ごと炭火で焼いたそれにおじさんがビネガーをかける。味わうおばさまに「ハオツー(美味しい?)」って尋ねたら、両手を広げて首をすくめた。やっぱりビネガーはダメだったんだろうな(推測)。

 フィリピン人にとって一番の調味料は、実はビネガーだったりする。大抵の揚げ物にかけるし、煮物にも必ず入っている。種類もたくさんあるのに驚きました。酸味を味わうのはもちろんだろうが、腐敗防止の効果の方が大きいのではないか。なにせ暑い国なので。ウニも、ナマモノなのでビネガーで殺菌しているのでしょうね。

 さて。予備知識も何も持たずに参加した私は、このヴァージンアイランドには単なる腹ごしらえの場として立ち寄ったのかと思いきや、そうではない。船を操縦するお兄さんによると、ここは干潮時には白い砂の道が現れて幻想的な浅瀬となる”サンドバー”で有名なのでした。
0ddbea5b20b89b578c8b311f46b4f888


 ご覧ください。これがヴァージンアイランド 本来のウリ。ただサンドバーが現れる時間は限られているとのこと。白砂の道を体験するために、また来なくては。しかしそうなると海中屋台は出現しないし、ウニを立ち食いすることはできないのか。悩ましい。

 この日、イルカが3頭列になって泳ぐのを見て、潜ってウミガメに遭遇したにもかかわらず、私の興味は海の真ん中で食べるウニにガッツリ持っていかれたことでした。チョコレートヒルズとターシャについては、後日!


 スーパーの店頭にアボカドが並び始めた。フィリピンにも夏が来た。今の外の温度は36度。湿気がないので凌げるとはいえ、外に出ると汗腺がジワジワ開いていくのを感じる。

 夏なのに、困ったことが起きている。先月からマニラはここ数年で最悪の水不足に陥り、広範囲に渡り計画断水を実行中。影響を受けるのは100万世帯つまり680万人(ここからフィリピンの世帯あたりの人数を察していただけるだろうか)。理由は、エルニーニョ現象により干ばつと乾季の影響、マニラ近郊にあるダムの水位が21年ぶりに警戒レベルより下がったからと言われているが、簡単にいうと雨が降らなかったからだ。フィリピンといえば台風の生まれる場所として有名であるが、去年の夏から台風らしい台風はフィリピンに上陸せず、日本を直撃していた記憶がある。さらに今年に入ってからも全く雨が降っていない。2017年9月に私が赴任した直後、台風が次々にやってきて毎日スマホからワンワン来た大雨警報がこの8ヶ月、ピタッとなかった。

 断水する時間は夕方から早朝まで、1日4時間から20時間輪番制で断水時間をエリアごとに設定。

断水
        (マニラの地区ごとの断水情報)

そのエリアに住む人に聞いてみると、バチっと水が止まるのでもなくゆるーい運営のようだ。一つだけしんどいのは、夜間に給水車に並ぶこと。
給水車を待つ


 断水が始まった3月14日から数日間は、オフィスに様々な香水の匂いが充満していた。フィリピン人は綺麗好きなので、シャワーを浴びれないことを気にして香水をつける社員が多かったせいだろう。最近では、エタノールっぽい匂いをそこかしこで感じる。原因はプロパノール(Isopropyl Alcohol) 。
yjimage-1
             
 溶媒、殺菌に使われるアルコールでエタノールより安く、芳香がある。フィリピンは、外出先で必ずしも手を洗えない環境もあるため、個人でプロパノールの小さいボトルを持ち歩くのがデフォルトだ。その習慣がこの断水を乗り越えるのに役立っている。facebook で「水がなくて困る」的ポストも全く見なくなってしまった。みんな意外と冷静だ。7月まで断水は実行される予定だが、さほどストレスも感じていないようで、このスルー力は素晴らしいと言わざるをえない。

 さて。ここまで読まれてお察しかも知れないが、私自身はまだ断水に直面していない。幸いなことに外国人が住む数エリアは、そのビレッジ単位で水を確保できているからだ。

枯れ噴水
                                  (外国人居住地内。この1ヶ月枯れ噴水)

ただ先週金曜に聞いた情報によると、そろそろ外人エリアでも断水が始まるかも知れないと。備えあれば憂いなし。先ほどスーパーで水を大量に購入して来た。そこで面白いことを発見した。
 
 そもそもフィリピンはナチュラルミネラルウオーターの数が少ない。お店で買うボトルドウオーターは、たいてい国産の蒸留水である。ところが今、イタリアやフランス、オーストラリアからの輸入ナチュラルミネラルウオーターが緑、ピンク、ブルーのボトルに入ってカラフルに大量に陳列されていた。しかも高い値段でもなく。この催し、本当に水が必要な人たちに対しては、微妙にずれているのが微笑ましいというか。ピンチを前向きに捉えようとしているのか何なのかはわからないけれど、個人的に、この水商売は歓迎します。


 



 

  

↑このページのトップヘ