カテゴリ: 暮らし

4月3日、東京の著名クリエーターがまだ撮影を続けることの危険性をTwitter にアップしていた。日本はまだ現場が頑張っているのかと軽く驚く。撮影現場こそ、3密の巣窟(©︎小池知事)である。他の国の放送、広告業界は3月半ばから期限付き撮影延期、国によっては無期限延期をうたっている。フィリピンの広告業界も対応が早かった。以下メモとして。これはCNN Philippines のニュース。レポーターたちは3月16日から自宅から語りかけている。Report From Home 。
CNN reporter 0328
   CNNのFB画面。ドウテルテが自宅隔離を4月10日まで実施すると。
   自分の誕生日3/28に発表するところにPRセンスを感じる。チャット
   画面には視聴者が続々と書き込んでいる。
++++++++++++
3月15日日曜
夕方にメールが続々届く。昨日3月14日のマニラ首都圏ロックダウン宣言を受けて、フィリピンの広告制作プロダクション連盟から ”スタッフの安全を第一に考えるので4月14日まで屋外、スタジオの撮影を中止する。再開は政府の宣言を参考に決める” と。
CPHG on community quarantine

プロデューサー連盟(参考までに。
フィリピンではフリーのプロデューサーの機動力&権限がデカい。もちろん制作プロダクションにプロデューサーはいる。二人は協働するが、前者がエージェンシーと相談して現場でも最終指令を出す)からはもっと具体的なお願いが記される。”ロケ現場が限られる。郊外に住むスタッフがマニラに入れない。ナレーション声優も選択肢が少ない。タレントが出演を渋り始めた。こんな状況ではベストのものを作れないのでしばし撮影はストップしたい。同時に企画もストックフォトやフッテージでやってもらえないか。アニメーション、モーショングラフィックスも対応可能である。仮編、本編もオンラインでできる限り進める。ご心配なく
JAW-covid memo 3.13.2020_page-0001

お伺いではない。宣言である。最初は驚いたが行政の宣言を受けての決定なので、そういうものとエージェンシーもクライアントも受け止める。潔くてよい。フィリピンのよいところである。数時間遅れて例に漏れず、編集・音響プロダクションも16日から営業を停止するとの通知が。うがー。

前夜Viberで送付された本編素材を速攻確認。修正箇所が多少あるので日曜中に対応できるかとダメもとでプロダクションに伺いをたてる。同時にクライアント側に3月末のキャンペーン開始を少し延期しないか、何故ならば新製品が出てもみんなの関心が得られるとは考え難いから。と提案してみる。4月半ばに延期する(その後5月に変更とアップデート)と速攻返事。理解あるクライアント。ありがたい。もう一つのクライアントも4月末に延期すると。ありがたい。フィリピン、素晴らしい。日本も行政が宣言さえすれば撮影延期、リモートワークに踏み切れるだろうに。

3月16日月曜
午前中は編集素材をオンラインでチェック。修正点をシェア。ロックダウン終了後にリマインドする必要はあるが、キャンペーン開始が延期されたので急がなくてもよい。

夕刻ドウテルテがEnhanced Community Quarantine 強化された隔離宣言つまりロックダウンをルソン島全土に拡大すると宣言。フィリピンは7400島からなる島国。ルソン島はマニラを含むフィリピンのメインで人口過半に当たる5700万人が住む。日本でいうと本州の完全閉鎖にあたる。都道府県の市、区間の移動も禁止みたいなニュアンスだと思っていただきたい。そして夜10時過ぎに、外国人は17日0時(つまり16日深夜)から72時間以内なら出国してよいとアナウンス。珍しく深夜のニュースを追いかけていたので、反射神経的に19日の東京行きフライトを予約する。もともと3月末に人間ドックやらで一時帰国する予定だったので若干出発を早めると思えばいい。そんな甘い認識だった。なんで外国人だけいいの?とフィリピン政府視点で思いを燻らせていたら、眠れなくなってきた。

++++++++++++

日本のエンタメ、広告界がなかなか撮影延期に踏み切れないのは、政府からの明確な宣言がないからだろう。これ以上自粛に頼るのは明らかに違う。4月7日に緊急事態宣言が出ると聞く。徐々に情報を出して市場に混乱が生じさせないよう配慮しているのだろう、と前向きに考えてみる。忖度Japan。

*これを書いたのは4月5日です。状況は変わっています。



 
 

東京の土日は外出自粛。徐々にロックダウンに近づいているのかもしれない。マニラはいち早くロックダウンしています。どんな経過で進んだか、どんな風に私がビビり始めたかを備忘録として。よかったら参考にしてください。

+++++++++++
3月9日月曜。
コロナ陽性Positive(以下P)24/死者Dead(以下D)1
朝イチでスタジオ直行。本来自宅で仕事はしない主義だが、ある原稿の締切が近づいていたので週末にMacBookを持ち帰っていた。スタジオ、スタバ、Macを開けばどこでもオフィス。3月末に始まるキャンペーンを2つ抱えているので仮編、カラコレ、本編MAが今週は続く。
●学校が3月10-14日休校と発表される。
働くお母さんが多いのでその間どうするかが話題に。ヤヤさん(ベビーシッター)をすぐに手配できる家はいいが、そうでもない場合は旦那が休んで面倒をみるケースが多い。なぜなら奥さんの方が稼ぎが良かったりするから。実にフィリピンらしい。

3月10日火曜。P33/D1
テストキットが足りない、ここまで早く広まるとは想定外、との記事。確かに2月は平穏に過ぎたからなあ。午後社員ににストラテジーのチーフから、Microsoft Teamsの使い方をレクチャー。みんな新しい仕組みに興奮している。
帰りに社員に何が起きるかわからないから毎日PCを持ち帰るようにと告げる。私もMac抱えてスタジオへ。夜遅くまで編集。今日も泳ぎたいが泳げない。

3月11日水曜。P49/D2(#35)
フィリピンでは、陽性患者に番号をつけてその人がどのエリア出身か、渡航歴はあるか、どんな既往症を持つかを公開している。その#35が死亡した。
Screen Shot 2020-03-28 at 11.35.06 AM
DOH(フィリピン保健省)のデータを新聞社が整理。わかりやすい
フィリピン人初の死者である。動揺が凄い。弊社フィリピングループでも、翌木曜日に
WorkFromHome(リモートワーク。以下WFH)を一日試行することに。休み!とはしゃぐ社員もいるがそうじゃないと諌める。13日までに東京に国際郵便で送る書類があるが、総務系は慌ただしいし金曜でも間に合うかとタカをくくる。数日後たいへん後悔する。HR(人事担当)がみんなにPCを持ち帰るように指示。帰宅して夜のプールを一人ガシガシ泳ぐ。今宵は私の貸切。

3月12日木曜。P52/D5(
#6,5,37が死亡) 
WFH 初日。朝から午後3時までTeams を使ったテレカンが続く。やばい。トイレにいけない。ご飯を食べ損ねる。化粧も最低限しておかないと失礼だろ(これは私の問題)。やってみてわかったこと。自宅がWifi 環境でない社員が割といること。カフェのWifiを利用してもWFHを始める会社が多いらしく繋がりが悪い。午後数人でビジュアルの打ち合わせをしたが、ダウンロードできない映像を見られない周りがうるさい。各所から問題が噴出する。乗合サービスのGrab, Grab Share が営業停止。翌日から通勤できなくなるという社員が出てくる。私は腰が痛い。
そして世界を騒がす事象が起きたのがこの日。トム・ハンクス夫妻が撮影地のオーストラリアで陽性に。NBAのユタジャズの選手が陽性に。その数日前にコロナなんてへっちゃらとばかりに会見のマイクを触りまくっていただけに騒ぎが大きくなる。結果NBAのゲームも無期延期へ。バスケットボールファンの多いフィリピンではこれは由々しき問題。

夜の部。22時からドウテルテ大統領が会見。マニラ首都圏を3月15日ー4月14日
 ’Community Quarantine' すると宣言する。Quarantine とは検疫のこと。成田空港の出口の脇にあるアレですね。この場合は、コミュニティ隔離と書いた方がわかりやすいだろうか。具体的には
●マニラから陸、空、海(フィリピンは7400の島でできているから船も行き来する)路の行き来は原則禁止
この時点ではまだLockdown(封鎖) とは言わないが、移動できないので徐々にロックダウンし始めている。翌日金曜もWFH 決定。この日からジムもプールも全閉鎖。昨日ガシガシ泳いでいてよかった。本当によかった。ドウテルテの会見は2時間ほど続く。じわじわ降りていくジェットコースターに乗った感じ。怖くて眠れない。赤ワインを2杯あおってMasako強制終了。

3月13日金曜。P64/D5
五月雨式かつ不本意に、WFH 2日目。 おそらく大量の人がWFH にスイッチしたからであろうか、午後からネットの接続が悪くてテレカンも映像なし。通話のみに。Teamsでなく、Messenger、LINE,、Viber通話を相手によって使い分ける。左の耳の聴力が少々悪いため電話での英語は得意でなく疲労度大。画面で口元が見える方が私にはラクなのだ。
●教会の毎週末のミサも中止になる。
敬虔なカトリック信者の多いフィリピン人には、これは痛手のはず。
ショックな記事を見た。中東で人間サニタイザー。悲しくなった。

3月14日土曜。P
111(+47!)/D8(#89,79)

午後1時過ぎにマニラ市幹部による会見。タグリッシュ(Tagalog + English) 語でエネルギッシュにお話しになっている。マニラの人の動きをスローにするんだ。それが狙い。近郊からマニラに入る場合、チェックポイントで所属する組織の証明書がない限り入れない。
Curfew (夜間外出禁止令)を発令する。3月15日ー4月14日の夜8時から朝5時まではいかなる理由でも外出してはならない。
ベトナム駐在時代、明るいCurfew を経験したことがある。それとはレベルが違う。怖い。え。Lockdown と言いました?どうやらロックダウン決定。

ロックダウン:具体的には以下を意味する。(一部重複します)
●4月14日まで1ヶ月間全域の居住者は自宅待機●医療関係者や食料品などの供給業者などを除く一般市民は通勤や外出の禁止● 一般市民は夜20時から朝5時まで外出禁止●街中や主要な道路に警察や軍によるチェックポイントを設置、監視。違反者には逮捕もあり
Screen Shot 2020-03-28 at 9.03.42 PM
        
チェックポイントで体温を測っている
●公共の交通機関(含むGrabなどのシェアライド)の完全ストップ●国内線飛行機ストップ●生活に必要なスーパー、薬局、CVSを除く、全ての施設(モール、レストラン、オフィスビル、銀行、映画館、コンサートホール、スポーツ施設、政府機関など)の閉鎖●オープンしているスーパー、薬局、CVSへの入場人数の制限の実施。営業時間の短縮(夕方17時ぐらいに閉店)
MMDA 幹部

記者からの質問を笑顔で交わすこの幹部が、後日陽性になろうとは誰も知らない。

果たして夕方から、明日から外出できない。どうする?飲みに行く!?あの店は?がLINE を飛び交う。ビビリの私は家に留まりソファに寝そべって漫画を読むことにする。たった6日間で私の心は一回り縮んだ。

*これを書いたのは3月30日です。状況は変わっています。



 
 

これを書いたのは3月8日。その後あわただしく事態が変わり五月雨式に在宅勤務になだれ込みフィリピンはロックダウンされ私は今東京。投稿をすっかり忘れていました。個人的メモとしてlate post しておく。

+++++++++++++
魂消た。たまげたと読む。昨日中国にあるコロナ患者の入院施設が倒壊したと聞いて本当にびっくりした。70人下敷きになり、今これを書いている時点で4人死亡、48人が救出されている。過日突貫工事で作った施設かと思ったらそうではなく、福建省にあるホテルを隔離先にしたもの。1−2階にある車のショールームの拡大工事が倒壊の原因ではと言われる。

 人が助かるのはよいことだが、救出の際作業に関わった人は感染しないかなどと余計なことを考えたりする。そう。感染症で怖いのは罹患するのはもちろんだけど、人の心まで邪悪な何かに感染した状態になってしまうこと。疑ったり、差別したり。

 フィリピンで死者第1号が出たのは2月2日。陽性感染者も3例(死亡者含む)でストップ。しばらくは平穏だった。会社のビルの守衛さんに朝とランチ後ハンドガン型体温計をおでこに当てられて体温をチェックされる日々も慣れてしまえばどうってことない。フィリピンの人はいつも清潔にしている。彼らは日頃からアルコール消毒液をカバンやバックパック入れて持ち歩いている。私も最近は小瓶を持ち歩いている。「感染した3人は中国人だしね。だから(私たちは)大丈夫。差別してるわけじゃないけど」そんな声を何度も聞いた。レジデンスでも朝と夜の2回体温計をおでこに。

 3月6日にフィリピン人2人に感染したとわかってから少し状況が変わってきた。4例目。日本渡航歴ありのフィリピン人男性。5例目のフィリピン人男性は国外への旅行歴は無し、しかしマニラ内にあるイスラム教徒の礼拝堂を頻繁に訪れていた。今その礼拝堂は閉鎖されている。そして昨日3月7日外資系企業や外国人向けレジデンスがたくさんあるBGC(Bonifacio Global City)で感染者が出た。デロイトという監査法人に勤める女性。国籍は不明だが5例目男性の配偶者だという。

 先ほど拙宅近くにあるショッピングモール&スーパーマーケットに行ってみたら、赤外線サーモグラフィー(成田空港に到着した時イミグレの手前で密かに撮影されているアレですよ)のハンディ版でチェックされて驚いた。今日から使い始めたという。至近距離だと危ないという判断だろうか。
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.11 PM
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.32 PM
        
反対から見るとこんな感じ。

 そしてアルコール消毒液売り場。日本でアルコール消毒液もマスクも入手しにくいと聞いていたのでそろそろ土産用に買っておくかと足を運んだら、これだ。先週はまだたくさんあったのに。大瓶1つと小瓶2つだけ購入した。これだけの人が見てる前で沢山買うとカッコ悪いので。
Screen Shot 2020-03-26 at 3.26.50 PM


 特筆すべきは野菜売り場がちょっと広くなっていたこと。野菜でビタミンCを摂取するのだろう。フィリピン人はあまり野菜を食べないので、これを契機に野菜を食べる習慣がつくといいな。

Screen Shot 2020-03-26 at 3.25.43 PM
          玉ねぎで●血液サラサラ●呼吸器系にいい●骨を強くする(本当?)と書いてある
りんご売り場が縮小していたのは中国からの輸入がストップしたせいだと推測する。フィリピンで販売されているりんごは9割がた中国産なので。

 毎日のニュースを見ているだけで精神的に参りがちだ。しかし鵜呑みにするのはもっと怖いので、最近では数字だけのデータ、新しい視点を提供するデータを眺めることにしている。

ジョンズホプキンス大学研究施設
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

ブラジルからの。大画面で見ることをオススメします。
https://nextstrain.org/ncov
これを先週から見ていたので、ドイツが急に増えたことも納得。ミュンヘンにスーパースプレッダーがいたのか。

騒ぎはどうなるのか全くわからない。情報に振り回されて、魂が消えた状態になってしまうのだけは避けたい。

*これを書いたのは3月8日です。状況は変わっています。



 
 

 (まず初めに。この文は騒ぎたてるために書いたのではない。一連の情報の流れが気持ち悪かったので備忘録として)
 
 1月12日マニラから車で90分ほどの場所にあるタール火山が爆発した。ようやく落ち着いたかと思えば、今度はコロナウイルスである。2月2日朝、中国外で初の死亡者がフィリピンで確認された。日本で何人もの感染者が見つかり、コロナ騒動を対岸の火事のように見ていたが、どうやら火はフィリピンの方が大きかったようだ。なんてこった。
 
 武漢からフィリピンに来ていた中国人女性が初の感染者になったことは、1月30日木曜のニュースで知っていた。さらっとしたローカル局や新聞報道の後、在フィリピンの日本大使館からより詳しい情報が送られてきた。1月21日に彼女が 武漢から香港経由で入国、風邪の症状を訴えて25日病院へ&即入院、 30日オーストラリアの病院における検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと。

 「彼女はチャイニーズニューイヤーを利用して観光で来てたんだよね。25日までどこをうろついてたんだろう。怖い」なんて会話をローカルの人間と交わしていたのが木曜。続報はしばらくなし。ウイルスにはどう対処すべきか:マスク、手洗い、強力な消毒用アルコールを手につけるべし的情報が時折ネットに流れた程度である。昨夜映画館に土曜レイトショーを観に行った際、封切直後かつ評判の高い『フォードvsフェラーリ』なのに観客が少なかったので、みんな人混みは避けるんだなあとこの時初めて怖さを感じたくらいだった。

 で。今朝のフィリピン死者第1号情報だ。朝9時過ぎ日本の某メディアからの通知で知った。出元はBloomberg である。詳細が知りたくてローカルニュースを探して探して2時間後、CNN Philippines から”ドウテルテ大統領が中国、香港、マニラへの旅行を禁止”というヘッドラインのニュースが出て、末端に初の感染者中国人女性のパートナー男性の死亡が確認されたとサラッと触れられている。え。旦那一緒だったの?こっちが大事なんじゃね?その後フィリピン国外からの情報が逐次アップデートされていく。ローカル情報はなかなか更新されない。
 
 今わかっているのは、この武漢からの夫婦は21日に香港経由でセブ島に入りDumanguete という街を経由して、熱、喉の痛みを訴えて25日にマニラのSan Lazaro 病院に二人で入院(しかし30日時点では、二人入院という情報はなかった)、2月1日土曜日に44歳男性が亡くなった。合掌。他に検査を受けて結果待ちが4人(Bloomberg), 24人(ローカル新聞)。フィリピン保健局は彼らと同じ飛行機に乗っていた乗客にコンタクト中という。

 思えばカルロスゴーン脱走劇だって、日本のメディアより詳しかったのはWall Street Journal だった。情報は当事者が一番わからないのかもしれないし、忖度という概念は日本だけじゃないのかもしれない。

 ちょっとだけ前向きな情報をあげると ⑴ 初めに感染した38歳女性からコロナウイルスの症状は現時点で消えている。⑵ マニラの人は2週間前のタール火山噴火の際、火山灰を防ぐためにマスクを購入していたゆえに今回そんなに慌てていない(ように見える)。
1000x-1
                Photo:Ted Aljibe/AFP via Getty Images
      
 
 自分のことは自分で守るしかない。免疫力をつけるために運動だ!とばかりにジムでウエイトトレーニングのバーベルを持ち上げようとして、つい1時間前ギックリ腰をやらかしました。ダメじゃん。でも私は元気です。マスクも1ヶ月分くらいはあるから大丈夫。たぶん

 

 

 

 先日サンフランシスコでずーっと気になってたamazon go に行ってきました。Amazonが展開するレジで会計する必要のない、無人コンビニです。
IMG_4884
         サンフランシスコの2店目。1店目に比べて控えめな店構え

 入店するには、専用のアプリ(amazon go) をダウンロードする必要があります。本人の名前と一緒に出てくるバーコードを改札にかざすとゲートが開き、ショッピング開始。ところがスーパー、コンビニにつきもののカゴがない。自分の持つバッグやポケットに欲しい商品を入れることになる。後ろめたいんだ、これが。万引きするってこういう気分なのねと思いましたよ。

 その気分が嫌な人、あるいはバッグを持っていない人は、茶色の紙袋(10セント)またはオレンジの不織布でできたamazon go エコバッグ(99セント)を購入できます。

 お金を払わないで済むのはどういうことかというと、天井に凄まじい数のセンサーカメラがあって客をガチにモニター。で、バッグに入れたものをカウントする。実験的にポケットに入れたものもちゃんとカウントされていました。ビーフジャーキーを靴べらみたいに靴のかかとに挟んだら、いや靴の中敷にしたらどうだったんだろう。試してみればよかった。買い物自体は実に快適。お金を気にしなくていいのは、いい。特に財布を忘れるサザエさん(若い人はわからんかもしれんが)体質の自分には、うってつけのお店であります。

 1個だけ紛らわしいと思ったことが。サンフランシスコの前にニューヨークに滞在していました。その際、Amazon に買収された食料品スーパーWhole Foods で好物のナッツやチョコを購入。そこではオレンジのsale price(店でのお値段)と白いretail price(メーカー小売価格)が併記してあり、オレンジのお得なsale 価格で買い物できてお得感満載でありました。amazon go もWhole Foodsと同じデザインの料金表だったので、オレンジ価格US$1.25?安い安いとばかりに西海岸のオーガニックナッツを次々カバンに入れてみた。が、さすがに不安になり整頓係のお兄さんに聞いてみたら「それは1オンス(28.3g)あたりの価格だから、右の価格をみてください」と。おっと危ない。よく見ると$4.99。retail price のところがsale price になっていた。慌てて半分を棚に戻しましたよ。もちろんそれは会計にカウントされていなかった。つまり一旦バッグに入れたものを戻しても、大丈夫。
IMG_4898
        収穫物。organic 系が充実。ナッツもチップもチョコも美味しかった!

 完全に無人化というとそうでもなく。メキシコ人らしき3人連れはアプリがないから入れず、また出直してねーと改札にいるお姉さんに諭されていました。話を聞いてみたら、物珍しくて入ってくるもののアプリを持たない人が沢山いるため説明する係員が必要と。
IMG_4887

さらに商品がきちんと並んでいないと計測機能がおぼつかないらしく、商品を常に整える人がおりました。完全無人化はまだ少し先かもしれません。

IMG_4885


 そうそう5月7日にキャッシュも使えるamazon go がニューヨークにオープンしました。キャッシュを使えるようになった理由は、銀行口座を開けない人への差別という非難が起きたから。かたや中国では、ホームレスに寄付するにも彼らのスマホにWeChat をかざしてチャリン🎵なのにね。資本主義と平等を両立させるのは難しい。

IMG_4886
        売り切れたら、so good. it's gone とsmile マークに表記。チャーミング

 amazon go を出て10分するとアプリにReceipt が送られてきました。
   Your trip time was 11m 18s。
滞在時間11分8秒で、私は$24.92 使ってました。Contact us about this trip という表記も洒落てます。shopping じゃなくて trip ですよ!amazon go の1店舗あたりの売り上げは、$1.5M(約1.6億円)で、普通のコンビニの1店舗当たりの売り上げ$1M (約1.1億円)の1.5倍。なんかわかるなあ。



↑このページのトップヘ