カテゴリ: 広告

 旧正月を利用してミャンマーに行ってきました。ホーチミンからミャンマーの玄関ヤンゴンまで2時間10分のフライト。空港の到着ターミナルが新しくインテリアのセンスがいいのには驚いた。ベトナム、頑張ろう。
 
 想定外に楽しかったのが、ヤンゴン環状線。イギリス統治下のビルマ時代に引かれた列車で、全長45.9km、39駅をぐるりと約3時間で回ります。山手線が34.5km/29駅を58分で一周するから、それよりゆっくりしたスピードとお考えください。

 ドアがない。窓はあるがガラスはない。座席は木あるいはプラスチックの横にどーんと伸びる長椅子。正直いって座り心地はあまりよろしくないけれど、これが現地の人には一番いいとわかるのは後になってから。
 車両自体は古いが、どれも広告でラッピングされていました。これはRedBull Train。他の列車をみると、現地携帯電話大手、コーヒーなどがスポンサーでした。

RedBullTrain

 私が乗った列車はYangon中央駅を10:10発の予定だったのに、出発したのは10:30。始発は6:10。途中1時間に1本くらいの割合で走行し、終電は16:40。使い勝手がいいのか悪いのか、さっぱりわかりません。はて。いったいどんな人が利用するのか観察してみた。

 その1。仕事場にしている人。
 電車内での通話はやめましょう。なんていう日本っぽい標語はここでは通用しません。かかってきたらスマホをとる。しゃべる。大声しかも長い。そして別の人にかける。座席に片膝たてて書類を広げては仕事をする。
Man in Train

この写真の男性は、1つのスマホでしゃべり、もう一つのスマホで計算していた。横のインド人っぽい美人女性はスマホと鏡をかわりばんこに見ていた。
 
 ここは野菜卸女性たちの仕事場でもあります。途中、市場がある駅に停車。そこから乗り込んできた皆様のたくましいことたくましいこと。横向きに座って、野菜を取り出して、小売用に一束ひとたばまとめて輪ゴムでくるり。茎のはしっこはハサミできって車窓から外へポイッ。
VegitableLadies
        (この人たちは行儀のいい方です)
 カリフラワーを小分けする女性も安定した仕事ぶり。まだ20代と思われるか細い女性が手のひらにカリフラワーを乗せては工作用のカッターで厚さ2cm程度に切っていく。列車がガタガタゆれるから、手を切りはしないかと向かいからハラハラしながら見ていたら、問題なしとでもいうようにニッコリされました。なんていい笑顔なんだろう。
 
 その2。食堂にしている人。
 始発のヤンゴン中央駅では水売りの子供たちが。その後駅に止まるたびに、スイカ、りんご(中国産の三流品)、みかん、カットパパイヤ(これはベトナムにもある)などを持った20代前半の男女が乗り込んでくる。すると乗客は待ってました!とばかりに引き止めて買っては車内でガッつきます。売る側は一駅か二駅移動する間に仕事をしては、ひらりと駅に降りて次の車両を待つという仕組みのよう。歩かない行商人。
WatermelonLady

12時前後になると、ローカルの麺料理が登場(白と黄色があった)。これは頭上のカゴとイスを床において調理して、全てをビニール袋にぶち込んで振っては出していました。横のスペイン人カップルは注文したが完食は無理だった様子。私はゆでトウモロコシを買いました。横のおじさんが買ったのが美味しそうだったので。かぶり付く。ほんのり甘くて美味しい。値段がわからないので500チャット(50円)渡したら400チャットお釣りがきた。え、100チャット(10円)?参りました。ちなみに私のあと次から次へ乗客が買って、このトウモロコシ兄ちゃんは一両で商売終了。よかったね。
 
 その3。瞑想する人。
 ミャンマーは仏教国。歩けば僧侶にあたります。この列車にも乗っておられました。長い座席だから、安心してあぐらをかける。果物をガッツリ召し上がったあと、瞑想されてました(首が動いていたから寝ておられたのかもしれん)。男性一人、女性一人。ミャンマーは女性の僧職も多いのです(この項は改めて)。

 その4。イチャイチャする人。
 意外といるんだな。昼間っから。
Love
        この写真の人たちは、とても好感がもてた。なんでだろ。

 その5。移動する人。
 そもそもこれが第一であるべきですよね、普通。時間を気にしない学生さんたちが時々乗ってきては、窓から外を眺めていました。

 車窓から見える人々の暮らしや平原に広がる緑色の畑も興味深かったのですが、何よりも人間模様が面白くて気が付いたら一周してた3時間でした。料金は200チャット。20円でこんなに楽しませていただけるとは。もしかしてミャンマーで一番面白かったかも。
 
 親切だった駅員さん、車掌さん、ありがとうございました。

 
 
 
  

 社員旅行でバンコクに行ってきました。プミポン国王が逝去されたので国内の混乱が予想され延期を主張するスタッフもいましたが、中止するのはタイの経済によくない(私は過去にタイのSARSやら政変やらで支障を経験済みなのです)ので決行。いつもと違うバンコクを見ることができました。

 バンコク黒い。 なにもかも黒い。

  
 行きの飛行機でタイの新聞を開く。半分くらいが遺影つきのお悔やみ広告でした。

写真 2

どれも端正にデザインされてある。ずいぶん前から準備していたのでしょうか。各社のご苦労が身に沁みます。目を引いたのは次のお悔やみ広告。写真好きで キヤノンを愛用していた国王の一面を知っていたのでしょう。
写真 1
地味に目立っていました。これがもしキヤノンのお悔やみ広告ならちょっと洒落ている。かすかにぼけたロゴが見えます。タイ人になんて書いてあるのか尋ねてみようと思っていたが、忘れちゃった(どなたかわかる方がいらしたら、教えて下さい)。気が付いたら新聞のインクで手が真っ黒。慌ててCAにお手拭きをもらいました。

 「バンコクに来るなら地味な格好で来てね」とタイ人から言われていたので、黒白グレーの服だけで訪問。確かに8割がた黒かった。ときどきチェックや柄物を着ている人がいたら、それは外人観光客。
 なお服喪期間は一般の人で一ヶ月、政府関係者は一年とのこと。もともとカラフルな服を好むタイ人だから、黒い服は需要があって売れるだろうなと思ったら、まさに。泊まったホテルが市内のはずれ、Bobae Marketという服の卸市場のど真ん中に位置していたため、商売ぶりを早朝から目撃。黒い Tシャツ、ポロシャツ、チュニックの様々なデザインがどの軒先にも並んでいる。一枚80−180バーツ(240円ー540円)。業者がやってきては大量に買い込んでいた。これを中心街で200−500バーツ(600円ー1500円)で売りさばくのだろうな。
 どれくらい黒いかは市民の皆さんの着こなしでご覧ください。

thai people5
                                          国鉄バンコク駅前でバスを待つ人たち。

thai people3
                                           スカイトレインの乗客。これは夕方ごろ。
 
 昨日10月22日は早朝から王宮前に人々が集まってお別れをしていました。
Palace
                                                            ©REUTERS/Athit Perawongmetha

                                ちょっと寄ってみましょう。

thai people2
   

 在位70年と4ヶ月。数々の事件や政変を国民と乗り越えて、そして誰よりも愛されたプミポン国王。お疲れ様でしたという言葉はあまりにも軽いかもしれませんが、本当にお疲れ様でした。
ご冥福を心よりお祈りします。合掌

 9日ぶりにベトナムに戻ってきた。飛行機の窓から見えるライトはまだまだオレンジ色が勝っていて、白熱灯の古くて懐かしくて柔らかい光に、疲れが昇華されていく気がする。

 のも束の間。ホーチミンはタンソンニャット空港から市内に向かう私の目に飛び込んできたのは、新しいビルボードの数々。自分が関わったTOYOTAのビルボードは変わっていないが、新しいYAMAHAの大人っぽいビジュアル、SAMSUNGの新しいケータイの二連巨大ビルボード。
 驚いたのは、BMWのビルボード。知る限りではベトナムで初めてではないか。掲出場所が悪いので大抵の人は気がつかないかもしれないが、例のエンブレムをガツンとうちだし、Welcome to Ho Chi Minh City. BMWとある(*2016年4月21日現在、コピーがSheer Driving Pleasureに変わってました。何かイチャモンついたのかな)。車の写真はなし。ロゴに特化したブランド訴求。そういえば私がここに赴任したころ、Heinekenがホーチミンの空港にWelcomd to Ho Chi Minhと唱っていた。なんでオランダのビールに言われなきゃいかんの?と当初は思ったものだが、見慣れてくると、ただいまHeineken。いい企業だなあと思い始めたっけ。広告をあなどるなかれ。って、お前が言うなって感じですね。すみません。

ho-chi-minh-city-saigon-skyline

 そのHeinekenのビルドードは、毎年恒例サッカーのChampions League仕様に変わっている(トップスポンサーなので)。さらにはHYUNDAIのショールームが路面にオープンしているし、市場の近く中心地にある見慣れた古いバスターミナルのビル(というか小屋?)もなくなっているではないか。
 
 たった9日。されど9日。信号もいくつかモダンなデザインに変わっている。この街の成長の早さを思い知らされる。
 
 と同時に、一部のビルボードがホーチミンおじさんの肖像を描くプロパガンダに変わり始めている。なぜならあと10日強でやってくる4月30日が独立記念日だから。去年は記念すべき70周年だったため、街中すべてプロパガンダになったり通りが閉鎖されてパレードが行われたりして、ここは北朝鮮かと錯覚を起こしそうだった。
 
 外資に押され押されての資本主義と共産主義のはざまで、ベトナム人のみんなは何を感じているのだろう。


  

 この3週間ほどホーチミンに滞在した人は面白いものを見たのではないだろうか。市内のありとあらゆる広告看板が政府、いや共産党からのお達し、いわゆるプロバガンダに変わってしまったのである。
 ことし2015年は、4月30日が南部独立40周年、9月2日が建国記念日(ただしこっちは毎年祝う)と国の骨幹に関わる記念日がつづき、街の看板がプロパガンダに変わるのを見てきたのだが、今回は規模が違った。
 たとえばあなたがホーチミンのタンソンニャット空港に着く。預けた荷物をピックアップするターンテーブルから、タクシー待ち場所にはりめぐされる柱巻き看板、空港出口の巨大看板、幹線道路沿いにあるコカコーラがほぼ年間契約している LED看板、バス停の看板===普段はコーヒー豆、砂糖入り緑茶、毛生えサプリ、精力剤系サプリ(これをホーチミンでは意外に見る)、シャンプー、頑固な汚れを落とす洗剤など===あなたがホテルに着くまでの広告看板が、すべて党大会の告知に変わった。
 ご存知のようにベトナムは、経済こそ資本主義をとりいれるというドイモイ(改革の意味)制度をとっているが、国家システムは共産党一党支配。
  看板の内容は2種類。2015-2020年の5カ年計画をたてる第10回ホーチミン市共産党委員会大会(写真参照)と、 第12回全国共産党大会の告知である。
党大会3

後者には経済発展のために社会一段となって頑張ろう、的なメッセージが書いてありました。ふだんの看板をみて市民が消費財を買うのと、頑張ろう!メッセージのどちらが国の経済に貢献するかはわからないけれど。
 
 プロパガンダは 10数種類あって色調はどれも、赤しかも金赤。広告用語ですみません。いわゆる血の赤に黄みをたした感じで鮮やかに見える色です。ちなみに社会主義、共産主義国家の旗色はどれも赤ですね。これは肌の色が違っても血の色は同じ、という理由から。私の目にはロシアと中国の赤は、ベトナム国旗の赤より濃く見える。どうでもいいですね。
 
 写真はホーチミンでも広告一等地であるサイゴン川沿いの看板。見事に赤プロパガンダなのがご覧いただけるだろうか。普段はハイネケンの緑の広告なんですけどね。
川看板
なお数週間スペースを占領されたからといって、広告主への補償は一切なし。これは中国も同じでした。
 
 街じゅうプロパガンダ。ガイジンの私の目にはアートとして新鮮にうつるが、ベトナム人たちにはどう見えているのだろう。オフィスビルのエレベーター内に設置されたLEDスクリーンにうつるプロパガンダ(弊社のあるビルはひとつのエレベーターにLEDが4機がついている。東京の山手線に乗っているときより広告に洗脳されている感は半端ない)を眺めながら、まだ23歳の弊社女子社員に聞いてみた。「うーん、私には関係ない。 いつもみたいにFrench Connectionとかファッションの広告見てる方がいい。それとね、あまり党のことについて、家の外じゃ話してはいけないとおばあちゃんに言われてる」
 いろいろ考えてしまう。私のベトナム経験値はまだまだだなあ。

 
  

 世界の課題発表会と化したカンヌであるが、攻めるクライアントもあることを記しておかねば。これはとっても素敵なことであります。

   その1:じわじわ攻めるVolvo。

 2014年度カンヌのサイバーとフィルム部門のグランプリをはじめ、D&AD(Black Pencil), One Show, New York Festivals(ともにBest of Show)を受賞したVolvo TruckのThe Epic Sprit(懐かしい!)は、大いなる実証広告 だったと言える。今年もVolvoはがんばった。しかし受賞形態が異なることに注目したい。

 デザイン部門で Lifepaint/Volvo UK がグランプリを獲得したのは、予想外の流れだったろう。イギリスでは年間19000人もの自転車愛好者が死傷事故に巻き込まれる。特に自転車通勤者が、夜、事故に遭う事が多いため、Volvoはクルマのヘッドライトを浴びると反射して光る粒子の出るスプレーを開発。自動車会社の社会的責任という見地もさながら、エントリー映像がよくできている。coolに見えるよう、粒子をにんげんと自転車の効果的な箇所だけに吹き付けて闇の中の白を強調。Volvo-Reflective-LifePaint-01
アートディレクションを効かせている点に勝ち目があった。もちろんプロダクトとしてのデザインも素敵です。なおこの作品、プロモ部門グランプリ(!)も受賞している。クルマの売れ行きには関係ないよねーと眺めてみたムービーによれば、 "30秒に1本オンラインで売れた。自転車業界の活性化に役立った”んだそうです。

 ダイレクト部門グランプリもVolvoである。Interception/Volvo は、マーケットがアメリカという”地の不利”を逆手にとった企画。スウェーデン製のクルマが、アメリカ最大の行事SuperBowlに巨額の広告費用をかけるレクサスやGM、フォードなどのブランド車に勝てるはずがない。そこでVolvoは各車CMのオンエア時間に、#volvointerceptionと誰にクルマをあげたいかを書いてTweetしたら、Volvoの実車が当たるというキャンペーンを実施。1分あたり平均2000ツイートをゲット。アメフトのゲームのように、他社のCMをIntercept(阻止)したのである。なんでこれがダイレクト部門なのかなあと一瞬思ったりしたが、有名なDunking in the Dark/Oreoも2013年ダイレクトのシルバーだったからまあそういうものか、と。消費者側から動く逆ダイレクトメールと思えばわかりやすいですね。

 Volvo USAからもう一つ。またも自虐ネタなんですが、意外と私好きかも、ってやつを。The Volvo Hijacking Car Service/Volvo USA 。アメリカでは高級車といえばBMW, audi,メルセデスが想定され、Volvoを考える人はほぼいない。そこでBMWなどの購入を考えディーラーに行く人たちの送迎を、VolvoがまたもIntercept。ネットでたとえばaudiの試乗と入力すると偽の予約サイトに誘導される。買おうと思っているディーラーへの無料送迎を、Volvoを運転することで実体験してもらうのだ。デザイン、新しい安全装置類、オーディオの性能のよさを敵地に着くまでの間に実感させ選択肢のひとつにさせる。なるほどタイトルはHijackになってますなー
 上記2つのキャンペーンに見られるVolvo USAの、他人のふんどしで相撲を取らんとするスタンスは新鮮に見えました。

 そんなわけでVolvoはたった2年で、世界の広告賞総なめをした素敵なブランドになってしまったわけです。少なくとも広告賞審査員の間では。
 面白いのはそのアプローチの仕方。実はThe Epic Spritは、Volvo Truckの性能を示すLive Test キャンペーンの一つでしかない。私は去年3つの審査会場で、ハムスターがハンドルをころころ転がしてトラックを運転する篇とか、揺れのない走行を示すために地面に出た設計者の頭の上をトラックが運行する篇とか、社長が丈夫なフックに空中吊りされたトラックに乗っかってしゃべり続ける篇とか、ジャンクロードバンダムの股裂きと一緒にVolvo Truckのムービーを何度も見た。でも飽きないんですよねー、Real Mad Menの時代にアメリカ広告界を魅了した凍らないカーオイルのCMとか、身近な例でいうとゾウが踏んでも壊れないアーム筆入れ(古くてごめんなさい)のCMを見た時のドキドキ感です。アイデアのある性能実証広告は、いちばん強いのかもしれない。
 そして今年は交通安全に取り組むVolvo、WEBしかもソーシャルメディアにも強いVolvoというイメージを構築しつつある。たった2年ですよ。フォルクスワーゲンがこの20年くらいかけて地道にやってきたことを短期で成し遂げるこのドライブ感はなんですかね。代理店もがんばっているけれど、きっとクライアント側にとても頭のいい、決断の早い人がいるんだろうなあと、勝手に思いを巡らせている私であります。
 おっと、Samsungを書く時間がなくなっちまいました。この項(たぶん)つづく。

  

↑このページのトップヘ