カテゴリ: ヨーロッパ

 先日、機内で 'Darkest Hour' というタイトルにつられて映画を観ました。スティーブンキングっぽいホラー映画と思ってたら、これが話題の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(以下『チャーチル』)。気がついたのは開始から10分ほど経ってからか。どんだけうといんだ、私。

 日本を離れてから、あまり事前調査をしなくなりました。所有すること、縛られることに興味がなくなったこともある。自分の知る情報から動くと開拓範囲に限界が出てくるから、未知のものにあえて触れることを本能的に選んでいるのかもしれません。

 言い訳はさておき、
『チャーチル』地味に(褒めてます)いい映画だったな。朝っぱらからシャンパンやウイスキーをあおって仕事をするので、国王に何度も諌められるチャーチルにはクスッとさせられたし、黒と茶色のアートディレクションが効いているのもよかった。あらすじは、第二次世界大戦初期のいわゆる’ダンケルクの撤退’に至る数日間の出来事。

 覚えてます?去年日本でヒットした『ダンケルク』なる映画を。クリストファー・ノーランが脚本を書いて撮った『ダンケルク』は、これから階段を駆け上がっていくだろうと思われる若手俳優たちが沢山出ていてイギリスとフランスとドイツの軍服がカッコよくて実に眼福な映画でした。もちろんドイツ軍によってダンケルクという街に孤立させられた33万人のイギリス兵が民間のボランティア船によって助けられる=撤退する物語も圧巻。ただ何故そうなったかの解説は一切なくて、5日間でいかにこのダンケルクの撤退が実行されたかを陸と空と海の3象限から淡々と撮った映画でした。
 
 『チャーチル』は、ヒトラーが望んだ和解策をチャーチルが悩みながらも断って ’ダンケルクの撤退’に踏み切ったかを、ひとこと一言に味があるチャーチルのセリフと閣僚たちの思惑を表情ドアップで丁寧に切り取ることで描ききった。時折インサートされるドローン撮影がその他の人たちの心情を表現するスパイスになっています。
 
 話の芯になっているのは、チャーチル専属女性タイピストとチャーチルのやりとり。彼の普段からのひとこと一言がもう作文というか演説そのものなので、時にタイピストがため息をついたりします。実際、チャーチルは作文がとても上手だったらしい。これはチャーチルのメイクでアカデミー賞メイクアップ賞を受賞したメイクアップアーティスト辻一弘さんの記事から事後に知ったのだけれど、チャーチルは公爵家に生まれ、当時の由緒ある家庭がそうだったように家族から離されて育てられたので、両親に自分の存在を証明しようと乗馬や水泳、作文に一生懸命になった、と。
 
 辻さんはハリウッドでメイクアップアーティストとして活躍していたが、2012年に一旦引退、現代美術家として著名人の頭像を作っていらっしゃる。しかし今回チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンからのリクエストにより、これ限定で特殊メイクを担当。その際チャーチルを再現するために内面や魂を取り込もうとドキュメンタリー映像やオーディオブックを聞き込んだ。その結果がこれです。
Gary-Oldman-111017-Darkest-Hour-2
                                                                   (before)
                
darkest-hour-gary-oldman-churchill
                                                                    (after)

オールドマンがこのデブっとした御大だとは。私は映画を観た後、指摘されてやっと気がつきました。うとくてすみません。ちなみにオールドマンがチャーチルに扮するにあたり、200時間以上メイクに費やしたそうです。

 チャーチルが喋るシーンは横顔から撮影されているカットが多く、口元から言葉がほとばしる勢いや喉の繊細な動きがわかるんです。辻さんがここまで計算されていたのかどうかはわかりませんが、私の中では’作文’を起点に一つの線に繋がって、ひとり静かに感動してしまった。

 個人的にツボだったのは、チャーチルがピースサインの向きをタイピストのアドバイスで変えるくだり(詳細はネタバレになるのでご確認を)。
c-1
       
(現役時のチャーチル。ピースサインが大好き)
そしてヒトラーになびくか戦うかで、一人地下鉄に飛び乗り庶民の意見を聞くところ。後者は、気がついたら私泣いてました。あのチャーチルにしても、決めるのはさぞ重圧だったんだろうなあ。

 『ダンケルク』からの『チャーチル』の順で観ることができてよかった。これが逆だと、なんでこの朝から酒飲んで地下鉄の中で葉巻吸って顔と喉が繋がってるおしゃべりの太ったおっさんは苦悩するんだ?(失礼)と頭をかしげたことでしょう。配給側もそれを意識していたのでしょうか。

 『ダンケルク』が今になって公開された理由の一つに、Brexit を理解させたいクリストファー・ノーランの隠れた意図という噂もありました。『チャーチル』を観て、さもありなんなどと思いを巡らせたり。まだの方はぜひ。でもその前に『ダンケルク』をご覧あれ。

 ずーっとあることを夢見ていると、何かの拍子に叶うことがある。先週カナリア諸島を訪れることができたのは、そんな僥倖のひとつ。
 国際広告賞のひとつClio賞の審査がこの島で行われた。案内のメールはもらっていたものの、SpainのTenerifeという街であるという程度の認識で事前に調べることもせず、どうやら自分の目的地がカナリア諸島Canary Islandsであることがわかったのは、2度目のトランジットMadridの空港ゲートで。どんだけ鈍感なんだ、自分。
 
   なぜカナリア諸島にそんなに惹かれていたか。それは大滝詠一さんの『カナリア諸島にて』のせい。
 ♪薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて 海に向いたテラスでペンだけ滑らす
で始まる歌を耳にすると、青く透き通った世界が3Dで立ち上がってくる。この時代の歌が全般的に凄いのは、歌詞が奔放で、ああこんな言葉の使い方もありなんだと思わせてくれるところ。さすが大好きな松本隆さま♡もちろん大滝さんのメジャーだかマイナーだかよくわからん不思議なコード進行もあるけれど。詳しくもないくせにすみません。
    
カナリア諸島

 さて。7つの島で構成されるカナリア諸島は、スペインなんだけどモロッコの左横に位置し、むしろアフリカの一部に見える。私の滞在したTenerifeが一番大きい島で一番人気らしい。誰に人気かというとヨーロッパの家族連れ、あと年金生活のお金持ち夫婦に。『カナリア諸島』を聴いていた時は、カップルにふさわしい素敵なリゾートなんだろうと勝手に想像していたが、全く違ってました。はい。

  まず火山島である。湿気が全くない。カップル向けのリゾート地には、ある種湿気がないといかんと勝手に思っているが、ここは淫靡な空気はこれっぽちもない。しかも空気が動かない。香水をつけてもはかなく消えてしまう場所。同じスカイブルーの空と火山しばりだと、ハワイ島を思い出すが、まだあっちの方がカップル向きである。なんでだろう。ハワイだと海辺にサラサラしたやさしい風が吹くからだろうか。

 半日の空き時間を利用して、スペイン一の火山Mt. Teideに登ってみた。富士山に近い標高3,718m。
Teide

でもケーブルカーに8分乗れば頂上にたどり着けちゃうんです。だから頂上は子供連れだらけ。トレッキング道も元の火山石を活かして、少々の凸凹をスニーカーで乗り切れる程度に整理(と一見ではわからない)してある。
富士山に過去2回汗まみれになって登頂した人間としては、ちょっと拍子抜けしました。同じくらい寒かった。でも、ゴミはなかった。 
 
 名産はバナナ。火山灰との固有の土がつくる土台にワシワシと生えている。飛行機が降りるときに見えた海沿いをぐるりと囲むグリーンベルトはこれだったのかー。朝食で食べてみました。むっちり濃く、ハーゲンダッツみたいに甘い。複雑に甘い。ミネラルがいっぱい含まれているのだろう。日本で食べるフィリピンやキューバ産の優しい味のバナナとは違う。ちなみにベトナムのバナナも全く違うんですよー。ベトナムのは小さくて短くてちょっと腐ってるのかなコレ?みたいな酸味がします。余談ですが。
 
 ハエ天国である。テラスで朝食やランチを食べていると、まあ飛んでくる飛んでくる。一人あたり5羽を追い払わないといかん。追っ払おうと手をハタハタしていると、ああこれは一時期日本ではやったパラパラ。審査員達が全員それをやってる姿を想像してください。笑えます。
ここでハエ対策を考えたらInnovation CategoryのGoldをあげてもいい、という提案も出たくらい。ま、
温暖な気候で無風状態、バナナ畑。これがハエに取ってパラダイス。ときどき指のうえに止まることもあった(!)。どんだけ人に慣れてるんだか。ハエ対策として朝も昼もテーブルにはレモングラスのでかいキャンドルが置いてありました。キャンドルはムード作りのためだけにあるのではないのですね。
 
 キッズ対応。大手のリゾート、ホテルだとキッズプログラムがあります。室内用、アウトドア用。小さな子供連れのファミリーには素晴らしいことじゃないでしょうか。男性審査員の一人が家族連れで来ていて、昼間子供二人はキッズプログラム、奥様はSpaでのんびりさせている。一年分の罪滅ぼしがここで出来ていると目に力を込めて言っておりました。

 あれ、カナリア諸島、不思議な土地に見えてます?でも美味しいところは最後にくるのです。このTenerifeという島だけでビーチが70もある。70。私はホテルに附属しているAbamaというたった一つのビーチしか体験できなかったけれど、水が透き通っていて重くて冷たくて気持ちよかった。明るい午後8時。綺麗な魚こそいないが、浜から200mくらい沖に泳ぐと岩場があって、ウニがいっぱい生息していた。一瞬穫ろうかと誘惑にかられた。ホテル所属のライフガードみたいなおじさんが一人仁王立ちしてこっちを見ていたから止めました。別の言い方をすると、沖でも安全。ベージュの砂浜も優雅さを醸し出している。火山の島だから切り立った地層を観察もできます。あと69のビーチを訪れる機会はあるかなあ。
 
『カナリア諸島にて』のサビは、
 ♪カナリアアイランド、カナリアアイランド
  風も動かぁなぁぁぁい
Tenerifeは、ほんとうに風も動かない、静かな街だった。
作詞した松本隆さんは、当時行った事がないから想像で書いたとおっしゃっていた。その想像力で、当時ひとりの少女の夢はつくられてしまったのだ。
 
 

 
 
 

  

 世界の課題発表会と化したカンヌであるが、攻めるクライアントもあることを記しておかねば。これはとっても素敵なことであります。

   その1:じわじわ攻めるVolvo。

 2014年度カンヌのサイバーとフィルム部門のグランプリをはじめ、D&AD(Black Pencil), One Show, New York Festivals(ともにBest of Show)を受賞したVolvo TruckのThe Epic Sprit(懐かしい!)は、大いなる実証広告 だったと言える。今年もVolvoはがんばった。しかし受賞形態が異なることに注目したい。

 デザイン部門で Lifepaint/Volvo UK がグランプリを獲得したのは、予想外の流れだったろう。イギリスでは年間19000人もの自転車愛好者が死傷事故に巻き込まれる。特に自転車通勤者が、夜、事故に遭う事が多いため、Volvoはクルマのヘッドライトを浴びると反射して光る粒子の出るスプレーを開発。自動車会社の社会的責任という見地もさながら、エントリー映像がよくできている。coolに見えるよう、粒子をにんげんと自転車の効果的な箇所だけに吹き付けて闇の中の白を強調。Volvo-Reflective-LifePaint-01
アートディレクションを効かせている点に勝ち目があった。もちろんプロダクトとしてのデザインも素敵です。なおこの作品、プロモ部門グランプリ(!)も受賞している。クルマの売れ行きには関係ないよねーと眺めてみたムービーによれば、 "30秒に1本オンラインで売れた。自転車業界の活性化に役立った”んだそうです。

 ダイレクト部門グランプリもVolvoである。Interception/Volvo は、マーケットがアメリカという”地の不利”を逆手にとった企画。スウェーデン製のクルマが、アメリカ最大の行事SuperBowlに巨額の広告費用をかけるレクサスやGM、フォードなどのブランド車に勝てるはずがない。そこでVolvoは各車CMのオンエア時間に、#volvointerceptionと誰にクルマをあげたいかを書いてTweetしたら、Volvoの実車が当たるというキャンペーンを実施。1分あたり平均2000ツイートをゲット。アメフトのゲームのように、他社のCMをIntercept(阻止)したのである。なんでこれがダイレクト部門なのかなあと一瞬思ったりしたが、有名なDunking in the Dark/Oreoも2013年ダイレクトのシルバーだったからまあそういうものか、と。消費者側から動く逆ダイレクトメールと思えばわかりやすいですね。

 Volvo USAからもう一つ。またも自虐ネタなんですが、意外と私好きかも、ってやつを。The Volvo Hijacking Car Service/Volvo USA 。アメリカでは高級車といえばBMW, audi,メルセデスが想定され、Volvoを考える人はほぼいない。そこでBMWなどの購入を考えディーラーに行く人たちの送迎を、VolvoがまたもIntercept。ネットでたとえばaudiの試乗と入力すると偽の予約サイトに誘導される。買おうと思っているディーラーへの無料送迎を、Volvoを運転することで実体験してもらうのだ。デザイン、新しい安全装置類、オーディオの性能のよさを敵地に着くまでの間に実感させ選択肢のひとつにさせる。なるほどタイトルはHijackになってますなー
 上記2つのキャンペーンに見られるVolvo USAの、他人のふんどしで相撲を取らんとするスタンスは新鮮に見えました。

 そんなわけでVolvoはたった2年で、世界の広告賞総なめをした素敵なブランドになってしまったわけです。少なくとも広告賞審査員の間では。
 面白いのはそのアプローチの仕方。実はThe Epic Spritは、Volvo Truckの性能を示すLive Test キャンペーンの一つでしかない。私は去年3つの審査会場で、ハムスターがハンドルをころころ転がしてトラックを運転する篇とか、揺れのない走行を示すために地面に出た設計者の頭の上をトラックが運行する篇とか、社長が丈夫なフックに空中吊りされたトラックに乗っかってしゃべり続ける篇とか、ジャンクロードバンダムの股裂きと一緒にVolvo Truckのムービーを何度も見た。でも飽きないんですよねー、Real Mad Menの時代にアメリカ広告界を魅了した凍らないカーオイルのCMとか、身近な例でいうとゾウが踏んでも壊れないアーム筆入れ(古くてごめんなさい)のCMを見た時のドキドキ感です。アイデアのある性能実証広告は、いちばん強いのかもしれない。
 そして今年は交通安全に取り組むVolvo、WEBしかもソーシャルメディアにも強いVolvoというイメージを構築しつつある。たった2年ですよ。フォルクスワーゲンがこの20年くらいかけて地道にやってきたことを短期で成し遂げるこのドライブ感はなんですかね。代理店もがんばっているけれど、きっとクライアント側にとても頭のいい、決断の早い人がいるんだろうなあと、勝手に思いを巡らせている私であります。
 おっと、Samsungを書く時間がなくなっちまいました。この項(たぶん)つづく。

  

 で、世界の課題発表会となったカンヌの続きです。
 30秒から6分程度の映像に、課題とその解決方法のひとつがきちんと描かれている。賛否はおいといて、気になったものを紹介します。

 課題その2:テロ。覚えているだろうか、今年1月に起きたJe suis Charlie事件を。風刺漫画誌の編集部を襲ったあの事件に抗議して、多くの漫画家が立ち上がった。絵で描くと何が起きるかわからない。だから自分たちが描きたい絵の内容を、音声で淡々と描写するキャンペーンKanar/Reporters Without Borders はフィルム部門シルバーを受賞。他にDubus, Quirit2人が語る作品が入賞している。3人のうちKanarとQuiritがPentelのマーカーで描いていると言う。「私もコピー書く時は同じPentel使ってますっ」と心の中でツッコミを入れながら涙がじわり。「二度とやらない。僕たちはこれからも書き続ける」のコピーで不覚にも涙腺崩壊しました。スタジオでラジオ音声を録音している抑えた演出が、いい。こういう重たいエントリーが出てくるとは、私がフィルムを審査した2007年にはこれっぽちも思わなかった。
 
 課題その3:銃。調査によれば、アメリカ人の60%強は銃を持っている方が安全だと思っている。NYにオープンしたGun Shopに若者たちが入っていき、銃を手に取る。「護身のために欲しくて」「それは5歳の子が両親を射殺したやつ」と店員。「マジ?」そんな会話が繰り広げられるThe Gun Shop/States United to Prevent Gun Violence。そう。この店ではアメリカを騒がせた惨劇に実際使われた銃を販売するのです。過去フィルム部門で銃愛好団体に異論を唱えるCMは幾つかあったが、やはりこういう体験型の方が効果があるのでしょうね。来店した客の80%が購入を思いとどまったらしい(はてさて残りの20%はどうなの?)。ブランデッド•コンテント部門のゴールド受賞。 

 課題その4:ナチス。アンタッチャブルと思われていた領域にエージェンシーが踏み込みました。 Nazis Against Nazis/Zdk Gesellschaft Demokratische Kultur 。ドイツのとある街はこの25年間、ネオナチが毎年集まって行進するイベントに悩んでいました。止めたい、でも止められない。解決策。彼らが1m歩くたびに10ユーロが、ナチスの行動を阻止する団体に寄付されるという仕組みを開発。nazisagainstnazis
ネオナチたちが歩くほど、自分たちのクビを絞めることになる面白いマーチング。この5月、私の参加したNew York Festivalsの審査でも話題になったのだけれど、エージェンシーは相当な覚悟でこれに取り組み、ドイツの広告業界はみなbrave and cool!と讃えたそうです。これもブランデッド部門ゴールド。
 
 課題その5:Obamaです。いえ健康保険です。Obamaといえば、今でこそ同性婚を法的に認めされた功績で讃えられていますが、本当は健康保険に注目すべきかな、と。まずBetween Two Ferns With Zach Galifianakis: President Barack Obama/White House をご覧ください。 ”Between Two Ferns”はタイトルにもあるように、2鉢のシダ(fern)の間でモデレーターZachがゲストに対し毒ある質問を繰り返す暴走トーク番組。以前
ブラッドピットを怒らせてしまった回を見た事があって「エグいなあ。さすがアメリカだなあ」と驚嘆したのを覚えているが、まさかObamaの回があったとは。Zachが「最後の黒人大統領になるってどんな気分?」といった毒ある質問を続けても続けても、ヒラヒラと交わし続けるObamaはクールだなあと思ってました。ところが途中Obamaが番組おなじみの 赤ボタンを押すと、背景が変わり実は撮影場所がホワイトハウスだったことがわかってビックリ。内情を披露すると、若者たちに健康保険に入ってもらうために、若者に人気のこの毒番組にホワイトハウス側がアプローチ、実現したもの。つまりこの回は大いなる、かつ意義あるヤラセだったわけですね。いやあクライアントとしてフィルム部門へのエントリーを許可したホワイトハウスも度胸あるし、ゴールドを与えた審査員も凄いなあ。

 何やらCNNのニュースを解説する怪しいアメリカ人のコラムみたいになってしまいましたが、カンヌの話ですよ。それほどカンヌは変わってしまったのです。でもって、肝心の表現はどこに行くのか。この項(たぶん)続く。 

 先週から仕事の合間にカンヌ(略称Cannes Lions。広告業界における最大のお祭り)のサイトで入賞作を見ている。昨2014年はベトナムに着任したばかりで余裕がないのと、何せW杯の年、サッカーの試合を見るのが精一杯で、カンヌまで気がまわらなかっただけに、実に新鮮。楽しい。サイトで見る一つ一つの映像が乾燥しきった私のスポンジ頭にぐんぐん染みてくる。今年は自分の仕事のエントリーもないから、冷静だし。サイト自体も改善されておりサクサク見やすい。ショートリスト(予選突破作品)から、自分で金銀胴を勝手に採点しながら見るのは非カンヌ組の醍醐味かもしれない。って、すみません単なる負け惜しみですね(笑)。くそー、カンヌの日差しの下でロゼ飲みたいぞ!

 さて。驚いたのは、カンヌは世界の課題の掘り起こし発表会になってしまったことだ。今までもソーシャルグッドと言われる”世の中のためになる広告”的潮流が3年ほど続いていたが、今年はこれまでの課題が深められると同時に、まあこんなものもあるんですか!といった新しい課題もさらに発掘されている。

 一つ目の課題:ジェンダー。なかでもLGBTですね。昨日アメリカの最高裁で、同性婚が遂に認められた。white-house-rainbow-3
(写真は同性婚を祝ってレインボーカラーになったホワイトハウス)
広告の先駆けとしては、2012年にある時期Youtubeで一番見られたCMとして話題になったExpediaのgay marriageをテーマにしたCMがあったなあ。2015年は様々な部門において、LGBTを扱ったいい作品が見受けられた。ここでは有力作を数点紹介させてください。

 ダイレクト部門ゴールドのLOVE HAS NO LABELS/AdCouncilは、広告業界以外の人もご存知でしょう。TwitterやFacebookで今年2月のバレンタインの頃に相当シェアされたネタだ。サンタモニカの街中に設けられたスクリーンに骸骨が二つ出て来て踊ったり抱き合ったり。それがレズビアンのカップルだったり、ダウン症と普通の子供だったり、お年寄りの夫婦だったり、人種の違うカップルだったり。最後にlove has no labelsというメッセージで終わる。骸骨が出てくるのに心温まる仕上がりになっているのが、職人技。制作はアメリカのR/GA。この作品が多部門にわたり入賞したため、2015Agency of the Yearを受賞した(私の大好きなTHE GAME BEFORE THE GAME/BEATS BY DREなど他の仕事の受賞も多く、計33LIONを獲得。あっぱれの一言)

 PROUD WHOPPER/BIRGER KINGはプロモ部門ゴールドを受賞。舞台はサンフランシスコにあるBIRGER KINGのお店。レインボーカラーの紙に包まれたPROUD WHOPPER新発売する。興味津々の客が注文し何が新しいのかを尋ねるが、店員も中味を知らず、食べ終わる頃パッケージの中に印刷された”人間中味はみんな同じ”というメッセージを見つけて感動するというオチ。これを読むとなあんだ、と思うでしょ。でも一行で書けるアイデアが強いのですよ。よかったら映像を見てくださいね。

 フィルム部門からは、FAMILIES/COCA-COCA (MADRID)。映像はスペイン語ですが、私の力不足でカンヌサイトから英語吹き替え版がダウンロードできないので、簡単なあらすじを。子供たちが学校から帰って来て、今日学校でこんなこと言われちゃったと各々の家で親に報告します。「お前の母さん、年とってるなー(実際老けたお母さんが哀しそうな顔をする)てアタシ言われた」「君のところは、本当の両親じゃないらしいね(上品そうな西欧人カップルと東洋人の養子とわかる子供)」「きみんちって、お父さんがママで、お母さんがパパなんだね(主夫とキャリア妻)」そして最後に「みんなが言うんだ。僕にはお父さんが二人いるって(顔を見合わせながら、コークを飲む文化人ぽい男性二人)」男性二人は、「じゃあ君はどの家族を選ぶ?僕たちを選ぶかな」と尋ねると、子供はそれぞれの親の前で「Yes!」と嬉しそうに宣言。メッセージはChoose Happiness。上位に入賞するかどうかはわかりませんが、上質のリネンでできたシャツぽくて好感が持てます。
 このCMを見ていたら、5年ほど前私に降り掛かって来た出来事を思い出しました。六本木を歩いていて、30代白人男性二人に「あのお、僕たちの子供を産んでもらうことは可能ですか」と声をかけられたんだった。どう答えたかって?それは秘密です。あの二人、どうしてるかなあ、アジア人とのハーフの子供が欲しいと真剣に私にプレゼンしていたけれど。叶っているといいなあ。

 さて、フィルム、ブランデッドエンターテインメント、チタニウムといった重鎮部門の入賞発表はこれから。どういう作品が上位を占めるのか、純粋にドキドキしている私です。くー、ロゼ飲みたいぞ!
 カンヌの項は、明日以降へと続く(予定)。

 

 

 

 

↑このページのトップヘ