タグ:アザール

客席にミックジャガーの姿があった。彼が応援するチームは負けるというジンクスがある。イングランドファンが、ミックが間違えて?この日にいてくれてよかったと騒いでいる。
 
7月10日 アンチ・フットボールで勝った
フランスーベルギー 1−0

 最初の15分が最も面白かった。ボールが早い。ベルギーが両横から攻める。フランスもカンテが刈ったボールをグリーズマン、ポグバにつなぐ。エムバペがペナルティエリアに走り込むもクルトワにかわされる。
エムバペ回転
   
 後半コーナーからのボールをDFウンティティがゴールに決めてからは、フランスは守りに徹する。最後の10分間、グリーズマンは相手が保持するボールを取り上げるわけでもなく原っぱを走る犬のように追いかける。一見ムダに見える走行が効いていたと今あらためて感じる。勝つということ。試合後マルティネス監督は語る「ボールが死んでいた」。「僕はあんなフランス代表の一員として勝つくらいならばベルギー代表の一員として負けた方がいい」とアザール。何度もファインセーブを見せたクルトワも「フランスはアンチ・フットボールで臨んできた」と相手の戦術を批判する。
アザール
   負けても誇らしげな主将アザール

 冷静なクルトワが感情をあらわにするのは珍しい。フランスで中盤のボールを刈って回ったのは、名ボランチのカンテ。シュートを試みるが何度も外し後半はディフェンスに徹したストライカー(であるはずの)ジルー。二人ともクルトワが所属するチェルシーの同僚だ。ふだん見ない、見たくないサッカーをクルトワはこの試合で体験してしまった。ちなみにオールフランスで倒して倒して止めにかかったアザールもチェルシーの人だ。

 ジルーは、エムバペがヒールパスで出した絶好の機会を外したことを先頭に、ネットで大炎上中だ。勝ったチーム所属なのに。●ジルーはこのW杯で7時間もピッチに立っているのに一発も枠内に入ってない●ジルーはジョークだ●ジルーは決勝戦で得点するために、今まで全てわざと外している●フランスの子供がテキストするときに使う用語。OMG=Our Man Giroud●ジルーはサンダルを履いてプレイしていたようだ●ジルーとベンゼマ(レアルマドリーのストライカー。恐喝事件を起こした疑惑がありこのW杯には召集されていない)はこのW杯で同じスコア数だ(=ゼロ)。このあたりにしておくが、彼はチェルシーに戻ってからも当分イジられることは間違いない。
ジルーとウンティティ
   得点したウンティティにキスするジルー。これも炎上中

 アンリは、試合後デシャン監督に祝福のハグをする。ベルギーのコーチでもある彼は、心の中だけで微笑んでいる。
アンリとデシャン



 


ブラジルを叩きのめしたベルギー。次はフランスと戦いますが、個の力によるフランスと全員がじわじわ強いベルギーでは、後者かなとも思っています。
 
7月6日 24戦無敗のベルギーとは
ブラジルーベルギー 1−2

 アディショナルタイム5分を含めた96分のうち80分はベルギー優勢。それほど力の差は歴然だった。

 ベルギーは今回先発を変えてきた。メルテンスと(イケメン)カラスコではなく、アフロのフェライニとシャドリという日本戦の途中交代で得点した2人を起用。

 ベルギーの大きなアフロ194cmフェライリと186cmビツェルが中盤を引っ掻き回し、ブラジルのちびっこアフロ、174cmマルセロと175cmウィリアンが左右からゲームメイクする。ときどきマッチアップするシーンもあって視覚的に面白い。しかし後半ウィリアンは交代、マルセロも疲れを見せてアフロ対決はベルギーに軍杯。
4人のアフロ
 
4人のアフロ。左上から時計回りにフェライリ、マルセロ、ビツェル、ウィリアン
 
 出場停止をくらったカミゼーロに変わりに出てきたフェルナンジーニョ。オウンゴールはするわ、マンCのチームメイト、デ・ブライネをマークするはずが見事なミドルシュートを決められるわで散々。フェルナンジーニョ、いやブラジルは運がなかった。

IMG_2486
   Man of the match のデ・ブライネ

 ベルギーの堅守も光った。3バックでスタートしながら守備時にはベルトンゲンがサイドバックに開く4バックになる。15番ムニエはネイマールを徹底的に潰し、アディショナルタイムの5分もボールを持ち続けるアザールの周りを走り人を寄せ付けない。尋常じゃないエネルギー。何よりもキーパーのクルトワが体を張って守った。他のキーパーなら2点は取られていたかもしれない。
ベルギー円陣
    勝利後に円陣を組むベルギー。いいチームだ

 あえて言う。10番の品格である。削られても抱きつかれても立ち上がりパスを出しドリブルで上がるアザールと、自分から転がるネイマール。後者が審判の心象を悪くしたであろうことは想像に難くない。

 この試合、日本戦では見られなかったタブレットを使っての選手への指示が、ベルギー陣に何度か見られた。戦術の徹底。イラつくチッチ監督に比べ、マルティネス監督は終始上機嫌だった。ベルギーが24戦無敗の理由はここにもある。一方で、この強豪を90分やきもきさせた日本代表をちょっぴり誇らしく思っている。
マルティネス
     
インタビューの時は眼光鋭いマルティネス監督


感動をありがとう。陳腐ですが、そうしか言いようがない試合でした。
 
7月2日 上には上がいる。でも下の水準をあげた
ベルギーー日本 3−2

 
昌子がフィールドで大の字になっている。奥に放心状態の乾が見える。座り込んで力なく笑う香川。客席にお辞儀をする長友。
IMG_2440
    
昌子、お疲れさま。

 本当によくやった。昌子がルカクを潰し、吉田が数々の猛襲を川島に近い場所でクリアする。酒井がロングパスをカット。柴崎もイエロー覚悟でアザールにタックルしドリブルを止める。川島が何度のミラクルセーブで魅せる。世界レベルの戦いじゃないか。日本はビビることなく程よい緊張感でゲームを進めている。
川島vsコンパニ
   川島vsコンパニ。もう少林サッカー
IMG_2436
    試合後に発表される注目データ。香川はアザールより広範囲を動いた 

 原口と乾による2ゴールから試合はさらに濃くなった。しかも先制点。
IMG_2435

What a goal! What a surprise! アナウンサーが何度も絶叫する。赤い悪魔ベルギーにとって、なんたる屈辱。日本を見下して3バックでスタートしたことをマルティネス監督は後悔する。
IMG_2441

 主砲のルカクとアザールが完璧に止められているならセットプレイを狙うしかない。マルティネス監督は、本家 '赤い悪魔' マンU所属、194cmのフェライニを投入。期待通りアザールからのボールをフェライニは頭で突っ込む。フェライニと同時に入ったシャドリも、ロスタイムに勝ち越しの3点目を決める。まぐれではない。監督の読み。そして、こんな試合に負けてられるかよという選手のプライドと胆力。強豪たるゆえんは、追い詰められた時に結果を出せることにある。ベルギーのサポーターが全力で泣いている。

 見ていて気持ちが良かった。世界を一瞬は驚かせた。全てを出し切った感。日本は明らかに次のステージに進んだ。2022年にはベスト8も夢じゃないよ。そんなことを思う子供たちがこの試合で増えることを願います。西野監督、ありがとうございました。
IMG_2439
     この写真がすべて
    

ドイツ、勝ちましたね。流石だ。しかしベルギーを忘れてはいけないと思って。

6月22日 地味にモノ凄く強いベルギー
ベルギーーチュニジア 5ー2

 チェルシーつまりプレミアリーグファンの私からすると、ベルギー勝利は至極当然に見えるのだ。2点決めたアザールと何度もゴールを守ったキーパー、クルトワはチェルシー。やはり2点ゲットしたルカクは元チェルシーで今マンU、鉄のDFコンビ、アルデルバイレルトとベルトンゲンはトットナム、途中何度もボールを拾っては回しクロスを正確に決める白い7番デブライネはマンC、と11人中6人がプレミアの上位チームメンバー。先日のイングランドーチュニジア戦より楽に観戦することができました。結果5−2。これだけゴールが決まると痛快としか言いようがない。
 ルカク
         
2点目をいとも簡単に決めるルカク


 今年のベルギーがプレミア勢に偏る傾向があるのは、監督マルチネスの経歴によるところが大きい。彼はスウォンジー、ウィガン、エヴァートンの監督を経て2016年8月よりベルギー代表監督に就任。長いプレミア監督時代にいい選手は知り尽くしている。アザール中心のチームが今までになく強いのはもっともなのである。
マルチネス監督


 アザールとともに「レッドデビルズ」を支える守りの要、コンパニ(彼はマンC)が出場していない試合で、この強さ。ベルギーの優勝もないわけではない。

 なおアザールが前半6分にPKを決めて、開幕戦からの連続ゴールは27試合となった。これは、1954年スイス大会の26試合を上回って新記録。これはこれで地味に凄い。

アザール
         おちゃめ、でも今年はキャプテン


 

 



        

    

        
 


↑このページのトップヘ