タグ:デシャン

客席にミックジャガーの姿があった。彼が応援するチームは負けるというジンクスがある。イングランドファンが、ミックが間違えて?この日にいてくれてよかったと騒いでいる。
 
7月10日 アンチ・フットボールで勝った
フランスーベルギー 1−0

 最初の15分が最も面白かった。ボールが早い。ベルギーが両横から攻める。フランスもカンテが刈ったボールをグリーズマン、ポグバにつなぐ。エムバペがペナルティエリアに走り込むもクルトワにかわされる。
エムバペ回転
   
 後半コーナーからのボールをDFウンティティがゴールに決めてからは、フランスは守りに徹する。最後の10分間、グリーズマンは相手が保持するボールを取り上げるわけでもなく原っぱを走る犬のように追いかける。一見ムダに見える走行が効いていたと今あらためて感じる。勝つということ。試合後マルティネス監督は語る「ボールが死んでいた」。「僕はあんなフランス代表の一員として勝つくらいならばベルギー代表の一員として負けた方がいい」とアザール。何度もファインセーブを見せたクルトワも「フランスはアンチ・フットボールで臨んできた」と相手の戦術を批判する。
アザール
   負けても誇らしげな主将アザール

 冷静なクルトワが感情をあらわにするのは珍しい。フランスで中盤のボールを刈って回ったのは、名ボランチのカンテ。シュートを試みるが何度も外し後半はディフェンスに徹したストライカー(であるはずの)ジルー。二人ともクルトワが所属するチェルシーの同僚だ。ふだん見ない、見たくないサッカーをクルトワはこの試合で体験してしまった。ちなみにオールフランスで倒して倒して止めにかかったアザールもチェルシーの人だ。

 ジルーは、エムバペがヒールパスで出した絶好の機会を外したことを先頭に、ネットで大炎上中だ。勝ったチーム所属なのに。●ジルーはこのW杯で7時間もピッチに立っているのに一発も枠内に入ってない●ジルーはジョークだ●ジルーは決勝戦で得点するために、今まで全てわざと外している●フランスの子供がテキストするときに使う用語。OMG=Our Man Giroud●ジルーはサンダルを履いてプレイしていたようだ●ジルーとベンゼマ(レアルマドリーのストライカー。恐喝事件を起こした疑惑がありこのW杯には召集されていない)はこのW杯で同じスコア数だ(=ゼロ)。このあたりにしておくが、彼はチェルシーに戻ってからも当分イジられることは間違いない。
ジルーとウンティティ
   得点したウンティティにキスするジルー。これも炎上中

 アンリは、試合後デシャン監督に祝福のハグをする。ベルギーのコーチでもある彼は、心の中だけで微笑んでいる。
アンリとデシャン



 


アルゼンチン、お疲れ様でした。でもこれがワールドカップ。

6月30日 10代がゲームを制した
フランスーアルゼンチン 4−3

 下馬評で強いと言われていたフランス。無敗で予選リーグを突破したものの、ゲーム自体は7番グリーズマン以外さほど印象に残らなかったがゆえに、このコラムでも他の試合を優先してきた(数日前のデンマークーフランス戦は、消化試合でクソつまらなかった)。

 今日は明らかに違う。 クルマに例えるとエコモードからV8に切り替わったみたいな。長いパスの精度が違う。敵がボールを持った時のプレスの掛け方、ゴール前の切り返しやスピード。全てがリストアして戻ってきたばかりのクルマのよう。

 2ゴールを決めた10番のエムバペ(なお外国人と話すときはムバッペと発音してほしい。日本のメディアはエムベパと発音するのでそれに合わせておく)が立役者。昨年夏モナコから PSG(パリサンジェルマン)に移籍したが、その後ネイマールがPSGにやってきてから出番も減ってしまった。だからこのW杯はエムベパにとって、自由に駆けあがれるハイウエイ。まるで1998年のアンリを思わせる。 
エムバペ
   
駆け上がるエムベパ

 1998年、筆者はW杯初出場の日本を観るためフランスにいた。フランス戦は市庁舎前の広場に座って観戦。今でいうパブリックビューイングだ。そこで彗星のように現れたのが、褐色のアンリ。彼がいいパスを出したりシュートするごとにフランス人が ”ティエリ・アンリ!”と フルネームで呼ぶ。アンリは所属するモナコではフォワードでなくウイング。くすぶっていた。エメ・ジャケ監督は、それまで白人中心だったチームに旧植民地だった国からの移民その子孫たちをメンバーに迎える。ジダン、トレセゲ、そしてアンリ。シャイな20歳の青年は、礼儀正しい黒豹に変貌し、W杯で世界を魅了したのだった。
アンリ1998
   
1998年優勝カップにキスするアンリ。左の後ろ姿はデシャン

 フランスには、最初のPKを決めたグリーズマンがいる。27歳。司令塔と言われるもののメンタルが弱い。そしてミドルシュートを決めた2番パバールもいる。22歳。ここから先どこまで勝ちあがれるかはキャプテンがプレッシャーに強いかどうか。1998年にフランスが優勝した時のキャプテンは、今の監督デシャンだった。
グリーズマンとエムバペ
   ヒーローインタビュー。エムベパが答えるところにグリーズマンが飛び入り  


 

  

↑このページのトップヘ