タグ:ノイアー

6月27日 アップデートできなかったドイツ
韓国ードイツ 2−0

 「僕たちはコミットできていなかった。もし仮にこのゲームを勝てたとしても、次のゲームで負けていたと思う。ここで僕たちが落ちたのはもっともだ。今大会どのゲームも納得できなかった。全くドイツじゃない。みんなわかっていた。悲愴なことに」
 
 試合後、キーパーのノイアーの言葉が全てを語っていた。ドイツは初戦、メキシコに負けている。W杯開始前も国際試合は5戦0勝(3分2敗)。全員が流れに乗れないまま足を踏み入れてしまったW杯だった。2戦目のスウエーデン戦も全体のできは今一つでクロース個人の執念で薄氷を踏んで勝ったようなもの。
悲しみのエジル
                  哀しみのエジル。CDジャケットみたいだ

 何が優勝した2014年と違ったのだろう。まず司令塔エジルが目立たなかった。第二に決定力をクロースに頼りすぎた。2014年のレーブ率いるドイツは、当時35歳のクローゼ筆頭にポドルスキ(30)、シュバインシュタイガー(29)、ケディラ(27)ミュラー(24)クロース(24)、ゲッツェ(22)とストライカーに飢えがあって常に点取り競争していた。

 覚えているだろうか、ゲッツェは前回優勝弾を決めた選手。なのに今回は代表入りしていない。観客席で試合を見守っていた元エース、クローゼの表情が切ない。鷲の急襲のようにガンガン攻めるドイツを見たかった。
チョヒョヌのセーブ
    チョヒョヌ、ゴメスのヘディングを見事に止める

 それにしても韓国のキーパー、チョヒョヌはよく守った。K-POPシンガーのような風貌。彼でなかったら、ドイツは最低2点取れていたかもしれない。
MOM チョヒョヌ
     Man of the Match チョヒョヌ

 ●”前回優勝したチームは次回予選リーグ敗退”のジンクスを守った4番目の国(2002フランス、2010イタリア、2014スペイン)
●予選リーグ敗退は1938年以来。
●前回優勝チームで今回2得点のみ。これは歴代下から2位。最下位はフランス(1998優勝)2002年の0点。
●W杯でドイツ史上初、アジアのチームに負けた。
 
 ドイツは悪い記録だけをアップデートしてしまった。
 

あっという間の一か月でした。楽しかった。いまだ睡眠不足という余韻は残っていますが。
ひとつ発見だったのは、日本よりもべトナムでの視聴環境がよかったということ。がんばれニッポン!

7月14日 宴のあと。球をつかむ男たち

○ ドイツーアルゼンチン 1-0 リオデジャネイロ

 
宴が終わった。06,10年の脱力感を自分の中で反芻し危惧していたが、深夜2時からの試合を見て、通常通り会社に行くことができた。数日前のことなのに、もう一ヶ月ぐらい経った感がある。 

力が拮抗し攻めあぐねている試合だった。お願いだから延長戦-PK戦だけは避けてください神様と祈りながら見ていたのは私だけではあるまい。最初からドイツが優勝すると言い続けていたのでさしたる感動もなかった。ドイツ選手の奥様やガールフレンドは美人が多いなあと決勝点を決めたゲッツェと抱擁しあう彼女を見ていたりした。オヤジですみません。

 ゴールデングローブ賞をもらったのは、GKのノイアー。異議なし。MVPはメッシ。異議あり。もっとも一番疑問を感じていたのはメッシ本人だろうけれど。MVPもノイアーでよかったのではないだろうか。もっというと数人のGKにMVPをあげたい。

 コスタリカのナバス。PK戦までフルにもつれたオランダ戦での守りも凄かったが特筆すべきは決勝トーナメントの対ギリシャ戦だろう。120分の過酷な戦いで枠内シュート13本中12本を止め、PK戦でも1本止めてマン•オブ•ザ•マッチに選ばれた。セーブ率も91.3%と大会一だ。

 ベルギーのクルトワ。若い頃のジョージクルーニーのような顔つきでセーブ率85.7%。今期アトレチコ•マドリードをスペインリーグ優勝とチャンピオンズリーグ準優勝へと導いた陰役者である。120分の対アメリカ耐久戦で1点に抑えたのは素晴らしかった。このベルギーーアメリカ戦では、アメリカGKのハワードも壮絶だった。ベルギーにボコボコにされているという表現が適切なビッグセーブ連発で オバマ大統領が絶賛していたほど。実際セーブ数28(!),失点6 のセーブ率82.4%。

 メキシコのオチョアもよかった。スノボ選手のような容貌で、と真正面でたまたまそこにいた風情でボールをはじく(6月17日ブラジルーメキシコ戦参照。他のGKならブラジルは3点取れていた)。動体視力がいいのだろう、ゴールエリアという狭い空間でシュアな動きをしていた。それに対しノイアーの動きは特異だ。 選手のポジショニングをヒートマップで記録しているオプタ スポーツによると、ノイアーは今大会、19回ペナルティーエリア外でボールに触れている。リベロのようなGK。通称Sweeper-Keeper。DFの中に飛び込んでスウィーピングができるのは、もともとDFからスタートした彼のキャリアによるところが大きい。

 そもそも今回なぜGKのセーブ率が注目を浴びたのか。それはシュートの数が多かったから。ベスト8が揃うまでの56試合で154ゴールが生まれ、すでに過去2大会の総得点を上回っている。

 なぜゴールが多産されたのか。今までのボールは12-16枚のパネルで構成されたのに対し、今回のアディダス公式球「ブラズーカ」はたった6枚のパネルを溶接(今までは手縫いだった!)しているため、接合部分が少なく水を吸いにくい。雨の試合でも、点が入っていたのはそういうことだ。PK専門のGKが話題になったのもご愛嬌だが、GK 注目の陰にテクノロジーがあるのは、実に今っぽい。

 と書いてみたものの私は球を掴む男たちよりも、蹴る男に注目したい。ネイマール、そして今回一押しのコロンビアのロドリゲス、彼らはきっとロシアでも活躍してくれるに違いない。4年なんてあっという間だ。

 

 一ヶ月間おつきあいいただきありがとうございました。今回はいつものように毎日更新できなかったのが心残りです。まだネタはあるんだけど。いつか、どこかで語りたいですね。

↑このページのトップヘ