タグ:ベトナム

  "Good Morning, Vietnam" を観た。20数年ぶりだ。私の中で、楽しい映画という記憶しかなかったのは、ロビンウイリアムズがマイクに向かって呼びかける "Gooooooood Morning, Viet Nam!" があまりに印象的で、その前後に出てくる人たちの笑顔で映画自体を覚えていたからなのだろう。
Robin

 あらためまして、これは反戦映画。数あるベトナム戦争ものと違って、虐殺や進駐中に狂っていく兵隊、女性をひどく扱う場面がないから、当時の私にはそう見えてなかっただけの話。

 ロビンウイリアムズ演じるDJクロンナウアが、着任早々アオザイ姿の女性の尻(映画では明らかにそう見える)を追っかけようと、金にものを言わせてベトナム人から自転車を買い取り街を疾走する場面がある。いわゆる”醜いアメリカ人”を描いているにもかかわらずここがお笑いに見えてしまったのは、同僚である黒人軍曹が同じ行動をするのだが、彼のタイヤにゴムの部分がなくて金属部分だけで自転車をセコセコ漕ぐというコミカル加減の影響が大きい。あくまで監督のバリーレビンソン(「レインマン」の監督でもある)は、普通の反戦映画にしたくなかったんだろうと勝手に想像します。

 DJクロンナウアは、兵隊たちを元気付けたい一心で、マシンガントークの合間にロックンロールの選曲をする。軍指定の推薦曲を無視するものだから上司から怒られてしまうわけですね。
 「じゃあ、どんな曲ならいいんですか」
 「パーシーフェイスオーケストラ(よくデパートとかでかかるアレです)、アンディウイリアムス、ペリーコモ、そしてフランクシナトラ卿だ(卿ですよ、卿)」
 「ボブディランは?」
 「ボブディランは論外だ」
という会話が交わされる。
 はじめてこの映画を観たときは、このやりとりに全く注目していなかった。というか意味も背景もわからないので、流してしまった。ところが今、このタイミングで見ると、ボブディランという単語に重みが出てくる。

 先月ボブディランがノーベル文学賞を受賞したとき、なにか小説でも書いたのかなと思い調べたところ、どうやら大昔に書いた歌詞に対して授与されたと知って驚いた。聞いたことのある歌といえば、Like a Rolling StoneとかBlowin' in the Wind(「風に吹かれて」)とか Knockin' on Heaven's Doorだけれど、歌詞をしげしげと眺めたのは初めて。アメリカ人小学生がわかる程度の英語なのに、奥が深くて、反戦メッセージが強かったことを知りました。多くのミュージシャンにカバーされたわけです。


21歳の時に書いたBlowin' in the Windから一部を書き出してみる。

   Yes, how many times must cannon balls fly 
   before forever they're banned 
  どれだけの砲弾が飛びかえば、永久に禁止になるんだろう
   
   Yes, how many times a man can turn his head
   and pretend well he just doesn't see
     どれだけ顔を背けるのだろう。そして見ないふりをするんだろう
   
   Yes, how many deaths will it take till he knows
   that too many people have died 
  どれだけ死ねばわかるのか。どれだけ多くの人が死んだのかと
   
   The answer my friend is blowin' in the wind
   The answer is blowin in the wind 
  その答えは、友よ、風に吹かれている
  答えは風に吹かれている       ©Bob Dylan/Blowin' in the wind

これは、歌の一部なんですが、いま見てもじわじわくる。いや、今だからじわじわくる。

余談ですがGood Morning, Vietnam、実はタイで撮影されたんですと。いま住むベトナムは左ハンドルなのに、映画では車が右ハンドルで出てくる。調べたら、撮影地はタイでした。

GoodMorningVietnam


昔ちっともわかってなかったことがわかる時、年を重ねるのも悪くないなと思います。いや、マジで。

ところでボブディラン、本当にノーベル賞授賞式に行くのかな。


 

 7時前なのに帰宅。テレビをガン見している。
 というのはベトナムと香港をつなぐ光海底ケーブルが切断されたから。今年になって3度目だよ。これが切られるとネットの速度が劇的に遅くなる。そこでオフィスより速度の早い自宅マンションに帰ってきた。ここはほぼ全てガイジンさん(私も含め)が住人だからか、何か特別のルートを確保しているのだろう。
 でテレビである。ベトナムのテレビ(以下CNNとかFOXではなくベトナムローカルのテレビ局を指す)を見ていて、いまだに慣れない事がある。
 その1。ドラマの音声吹き替えが、全て同一人物の声。たとえば韓国ドラマを見ていると、うっすらオリジナルのハングル音声が聞こえるが、それにベトナム人女性の吹き替えが重なる。万引きする5歳の男の子も、26歳の美人主人公も、その婚約者の父(たぶん)で彼女を嫌う推定63歳男性もすべて同一人物の声で展開されるから、たまったもんじゃない。というかベトナム語がいまだわからない私には単なるノイズ、それもエンドレスの。(写真。たとえばこの声の人が男性役も吹き替えると想像してください)ドラマ
 その2。一本のCMが北(ハノイ中心)と南(ホーチミン中心)だと違う言語で放映される。正確にいうと方言。北だとダ、ヅで発音するものが南だとヤ、ユになる。たとえば北だとアオダイ、南だとアオヤイ、はい皆さん大好きアオザイのことです。さらに北だと中国語に近いバッタバッタ切る感じでしゃべるが、南だと音声が「そやねー」的京都弁的やわらかさを含むものだから、方言というより別の言語にしか聞こえない。先日中部のフエというところに言ったら、どっちで話しても通じなくてなんやねんこれ、と自分のダメさにひとり突っ込んでいた。私は東京生まれ東京育ちだが、ツッコミをするときは関西弁にかぎる。まあ、そんなわけでベトナムに来てからCMは、北バージョンと南バージョンを納品している。ただし書き言葉は北中心になります。念のため。共産党本部が北にありますでしょ。
 その3。局考査(センサーシップ)が全てのCMにある。日本にいるときは、危なそうなものだけ営業さん、あるいは局担(弊社のたとえばフジテレビ担当とか日テレ担当のこと)にお願いしていたが、ここでは全てを仮編状態でセンサーシップにかけないといけない。確かマレーシアもそう。あそこは人種とか宗教とかあるから気を使わねばいけないが、ここベトナムは体制に反対していないか、セクシーすぎないか、扇情的過ぎないかとかが基準になる。ちなみに化粧品医薬品は日本の薬事ほどうるさくない。以前「えー、これ明らかに効能保証だから言えないでしょ」と言ったらローカルの営業に「全然OK。心配しすぎ、Masako san」と言われ、心配しすぎなのは私ではなく日本国と言いたかった。しょぼん。
 その4。CMの音声ボリュームやミックスをテレビ局が変えてしまう事がある。今日はじめて体験しちゃいました。ぷんぷん怒っていたら“Welcome to Vietnam!" とスタッフににこやかに言われました。詳細は書けませんが明日対策を講じないといけません。ぷんぷん
 こういうこと、他の国でもあるのかなあ。皆さんご存知でしたら教えてください。


 1月12日にぎっくり腰をやらかした。過去にも数度やっているのだが、11-12月休みなしの労働がたたったのか今回は持病のヘルニアに抵触した感があり歩行に困難をもたらすこと3週間。激痛がひいた翌13日から治療に通うことにした。ホーチミン在住日本人腕利き鍼灸の先生オプションに後ろ髪を引かれつつ、郷に入れば郷に従えということでローカルの病院にいくことにしました。
 
ベトナムの医療+中国伝来鍼技術がウリの病院。クリエーティブスタッフの3人がそこをすすめ(ちなみに自分たちは行ったことがないという。若いから当たり前か)、弊社 CCO の旦那様がやはりぎっくり腰をやったときにそこで診てもらってよかったというので まあ間違いはないだろうと。
 鍼の前にレントゲンを撮るべしというので撮影室へ。まあこれがイイ加減で若い技師は自分はカプセルのようなところに入るのだが、私の付き添いで来てくれた2人が何の防御もなく撮影室内に立たずむのを放っているため慌てた私が2人を外に出した次第。女子を被爆させるんかい!しかもカラダの下に敷く金属板が見事に患部とズレていたためSTOPをかけて直す。患者が私のような熟練高齢者でよかったですねー。
 撮った写真を見て技師は「 no problem」と言い放ったが、明らかに仙骨と5番の間がひしゃげてハミ出てるじゃん!と10 数年前と同じ状況を見つけた私はひとり途方に暮れる。
 さて付き添い2人に両肘を持ってもらい道路を隔てた鍼灸棟へ。野戦病院の趣である。うはー。フロアに小さな部屋が幾つかあり中に3つずつベッドがある。部屋ごとに先生と看護士が一人ずつ所属している。私は弊社CCOの交渉のおかげで一番人気のDr. Son(ベトナム語で山の意味)に診てもらえる、正確にいうと鍼を刺してもらえることになった。マイ鍼を購入し、毎回10本ほど腰に差してもらい電気を流すこと30分。毎日そんな感じでした。
 単純なことと思われるだろうが、 Son先生が凄いことは彼の出張不在中別の先生に鍼を打ってもらったときにわかった。刺されるごとに激痛が走り翌日は腰だけでなく膝周りに痛みが来たのだ。毎日付き添ってくれた女性も私が診てもらうついでに長年抱えていた首の痛みを鍼で直そうと一緒に施術。彼女の場合、代理先生に刺してもらった翌日に首が回らなくなり広範囲に内出血が生じたため、鍼は怖いと通院を断念。患部を見せてもらったら私も怖くなりましたよ。
 さて Son先病院
生が凄いのは施術の腕だけではない。トークである。毎回行くごとに「今日はxxですか。エレガントですね」とか「パンツ姿だと20代に見えますね(ありがとう。ビール奢るわ)」とか必ずどこかを褒める。イタリア人英米人なら当たり前のことなんだけれど、ベトナム人でしかも医者がこれをやってのけるという事実に私はのけぞった。しかも「うちの看護婦が質問があると言うんだけど、香水は何をつけていますか」とか「口紅は何をつけていますか」とか別の部屋から訪ねてくる看護婦たちの質問も全部英語に直して私に質問し、看護婦たちにニコやかに通訳している。
病院
  Son先生 ♡の女性患者も多く、毎回往年の島倉千代子やデビ夫人みたいな化粧をしてくる人や施術中ずーっと先生に話しかけている人もいる。もちろん男性患者にも人気だ。ベトナムのヤクザと思われる男性の話は稿をあらためて。
 面白いのは私の通院時間が遅れると、付き添ってくれた女性のケータイに「今日はMasakoは来ないのか」とメッセージが入る。うーん、何かに似てる。あ、あれだ。銀座のクラブのママたちが男性諸氏に送る催促メールですよ。
 医療もサービス。マメなコミュニケーションが売り上げに繋がるのです。
(この項、つづく)
 写真は横になったベッドからの光景。患者はベトナム女性。子どものころ主治医がいた練馬区の病院に似ているなあとひとりタイムトリップ。
 
 
 

  

↑このページのトップヘ