タグ:メッシ

終わっちゃいましたね。しかし今回ほど女性が観たワールドカップはなかったんじゃないか。それほどイケメンもいなかったんですけどね(ごめん)

7月15日 ヒーロー不在(ごめん)でなぜ楽しかったのだろう
決勝戦 フランスークロアチア 4−2

 予選リーグでドイツがまさかの敗退。決勝トーナメントでもポルトガル、アルゼンチン、スペインが次々に陥落し、クリロナ、メッシ、イニエスタがはらはら舞い散る桜のように姿を消した。得点王リストに残ったのもかろうじてクリロナの3位のみ。ネイマールもゴールよりも過度の演技がみんなの鼻につき、転がる映像とネイマールチャレンジという不名誉なゲームとネイマールアルファベットと、ネット職人の餌食に成り果てた。
Ilustration
          ©️  @chidajunsei3163     

 超弩級の主役がどんどん抜け落ちていく連続ドラマが、なぜここまで面白かったんだろう。
 ドイツーメキシコ戦、アルゼンチンーアイスランド戦は秀逸だった。どちらもドイツ、アルゼンチン以外は、世界中がメキシコとアイスランドを応援していたと思う。いや大げさでなく。相手が大物だからといって臆することなく、伸び伸びと全力でぶつかる一人一人の姿に、ピュアな自分を見つけようとしたか。普段は仕事を持ってサッカーは副業的という生き方に、昨今の副業解禁論を重ねて自分なら何をできるかと思いをくゆらせたのか。日本ーポーランド戦では企業の管理職、経営者が自分が西野監督ならどうするか、学校の先生やサッカーコーチは目の前で起きていることを子供にどう伝えるか、真剣に悩んだ。少なくとも1日は。

 改めてメディア地図を見る。特定ゾーンをカバーするテレビの上に、細かく勝手に世界中に増殖していくネットやSNSといったラインが重なったことも大きい。大きなブラウン管(あえてこの言葉を使わせていただく)で映像を見ながら、Twitterやfacebookでシェアされる個々のエピソードが各シーンをドラマタイズする。台本がないから、意外性に「自分だったらどうする」と当てはめてしまう。

 決勝戦のフランスークロアチアはそれこそ予想不可能なごった煮だった。ペナルティエリアで怪しいダイブをするグリーズマン、得たFKがマンジュキッチの頭にあたりオウンゴール。クロアチアの1点目を華麗に決めたペリシッチは、VAR判定でハンドを取られてPKに。ポグバはグリーズマンとピンポンのようなやり取りからゴールを決める。プーチン体制を批判するパンクバンドPussy Riot がピッチに乱入しクロアチアDFのロヴレンはぶち切れるわエムバペはハイファイブをするわ。
MbapeHigh5
Pussy Riot とエムバペ。なぜ?
4−1でフランス勝利必至という時点でオウンゴールをやらかしたマンジュキッチが得点したのは、ベテランの根性からだ。1998年フランスが優勝したときの優雅なシャンパンサッカーとは程遠い、10分に一度ハプニングが起こるバラエティー戦。63%ボールを保持し、ひたすら走り回ったクロアチアの選手はどう感じたのだろう。
大統領とモドリッチ
   モドリッチの涙をぬぐうクロアチア大統領

 タイミングを見計らったように表彰式で豪雨に見舞われる。ニコリともしないMVPモドリッチとヤングプレーヤー賞をもらって笑顔のエムバペ。対照的な二人が最後にステージに上がったこのシーンだけは、お約束だったか。
ModricMbape
 
 こうして一ヶ月に及ぶ壮大なドラマは終わった。
 件のアイスランドの監督は、昨日舞台を降りて歯医者に戻った。
 子供の頃からエムバペのヒーローは終始クリロナだった。暴れん坊に見えるクリロナだが、実はチャリティーには前向きで数々の貢献をしている。エムバペはW杯で獲得した報奨金約5700万円を慈善団体に寄付するという。まだ19歳。クリロナの影響をここでも受けているのかも知れない。やはりヒーローは必要だ。ワールドカップでは、こうしてヒーローがヒーローを生んでいく。すでに4年後が待ち遠しい。
Cup
   2010年からルイヴィトンは優勝カップを入れるケースを提供している



6月30日 2トップの4年越しのドラマとPSG
ウルグアイーポルトガル 2−0

 驚きの事実を前菜に。メッシもロナウドも世界一を競うプレイヤーなのに、決勝トーナメントでは過去どのW杯でも1点も獲っていない。

 本日のメインは前半7分、後半17分と2点叩きつけたカバーニ。密かにイケメンである。ウルグアイといえば噛みつきスアレスだが、この日スアレスはカバーニへの送り手に終始した。2014年W杯のウルグアイーイングランド戦では、スアレスの2ゴールはカバーニがアシストしていた。世にも美しい物語を持つ2トップ。
カバーニ雄叫び
   
カバーニの雄叫び

 カバーニは2013年からPSG(パリサンジェルマン)所属。イブラヒモビッチの次点FWとしてチームに貢献してきた。2016年にイブラがマンUに移籍してからは、イブラが作ったクラブ最多得点記録を更新。あきらめることなく、歳を重ねても衰えることなく成長してきたストライカーだ。この試合で途中怪我で退出したのが気になる。なぜなら次の試合に欠かせないからだ。
カバーニとロナウド
  足を引きずるカバーニを支えるロナウド
 
 前稿に書いたエムベパ(ムベッパ)もPSG所属。エムベパがなかなか表に出られなかった理由がここにもあった。次の試合はフランスーウルグアイ。PSGの先輩後輩の戦いになる。見逃すわけにいかない。

 デザート。16強の試合からボールは赤いものに変わった。ポルトガルの白地に赤アクセントのユニフォームとはとてもマッチしていた。
Adidas Mechta



メッシの待望の一発、来ました!

6月26日 クビ論争が勝利を生んだ
ナイジェリアーアルゼンチン  1−2

 世界中の ’アルゼンチンはこうあるべき' みたいな念が、試合のシナリオを書いたんじゃないか。前半13分、ロホからバネガ経由のボールをメッシが後ろ向き加減で太ももでトラップして右足を振り抜いた瞬間。「ああ、見たかったのこれ!」とさぞ多くのファンがモニター前で溜飲を下げたと想像できる。
メッシ
     太ももトラップ後、ボールを移動させる瞬間

 7番バネガがこの試合は先発出場していたのも機能した。個人スタッツを見ると、パス成功数80、スルーパス、クロス、ドリブルの成功数も彼がこのゲームではダントツ。先日サンパオリ監督(ミニミー)についてちょっと触れたが、やはりチーム内でも不満が炸裂。アグエロと数人が「監督をクビにしろ」とアルゼンチン協会に嘆願する。アルゼンチン協会理事タピアはサンパオリを擁護。サンパオリの逆鱗に触れたアグエロはこの試合では先発から外された。その代わりに入ったのがイグアインとバネガ。後者が活躍したのは皮肉だが、アグエロの抗議は成功したとも言える。

 後半終了間際のロホのボレーも痛快だった。眠気を吹っ飛ばしてくれた。やっとアルゼンチンらしいゲームになって来た。決勝トーナメントが楽しみだ。個人的には、大会一かっこいいと思っていたナイジェリアのユニフォームを見られないのが残念ではあるけれど。
メッシ背負うロホ
    メッシを背負うロホ。右後方はアグエロ

 おまけ。副音声ならぬ副映像で世界中を沸かせたマラドーナ劇場をご覧ください。
マラドーナ1
    「メッシ、キターーーーーー!神よ感謝します」
マラドーナ2
    「よかったー。ロホがムサのシュートをクリアして」
マラドーナ3
    「イグアイン、そこ外すかー。俺様なら...」
マラドーナ4
                  「ロホ、よく決めた!世界よ、アルゼンチン、なめんなよ!」
       後ろの女性「ほんとこの人、わかりやすいわー。偉いのに」

アルゼンチン完敗。嘘のような結果になりましたが、前半30分くらいからその気配は濃厚。後半モドリッチが2点を決めた時点で勝負はあったと思わせる試合運びでした。ぶっちゃけクロアチア、いい。

6月21日 悪いのはメッシじゃない
アルゼンチンークロアチア 0−3

 アルゼンチンのフォーメーションは3−4−3。前回の4バックから3バックに変更し、攻める意思が感じられる。クロアチアは安定の4−1−4−1だ。190cmのストライカー、マンジュキッチを中心に当初からガンガン攻める。アルゼンチンは前線でプレッシャーをかけるも点が取れない。一方でクロアチアはマンジュキッチの容赦ない攻撃に最終ラインの3人が限界を見せ始める。

 後半8分ゴールキーパー、カバジェロのミスキックがクロアチアの先制を許した。フランクフルトで長谷部同僚のレビッチに、ごっつあんゴール。
レビッチMicky
        ごきげんレビッチ

 後半35分。モドリッチが、中盤で受けたパスを2回切り返して右足を振り切ったシュートは見事なカーブを描き、ゴールネットを揺らした。この時会場の空気がクロアチア勝利に向けて固まったように見えた。アルゼンチンのサポーターもだんだん静かになる。
モドリッチ


 アルゼンチンの監督サンパオリは、映画「オースティンパワーズ」に出てくるミニミーに似てチャーミングな風貌をしている。
サンパオリ
        首から下はヤクザ

2015年のコパアメリカではチリを優勝に導いた。セビージャでは我らが清武を指導したこともある。ただこの日の采配はどうだったんだろう。モドリッチが2点目を決めた直後にまだイケそうなアグエロを下げてイグアインを投入。その後もサルビオを下げて代表初出場の22歳パボンを。ペレスを下げて24歳のディバラを。会場が敵に有利な空気をまとっている時に、W杯初めて、代表経験わずかな選手を入れるのはあまりにギャンブル過ぎる。それほど追い詰められていたということか。
モドリッチ2点ご表情
     モドリッチ2点後のアルゼンチン選手 ©︎Twitterコラ職人

 ラキティッチがクロアチア駄目押しの3点目を決める前、アルゼンチンは5人が駆け上がり最後の抵抗を示したが、メッシの足は途中で止まった。たぶん彼には結果が見えていた。
メッシ後ろ姿
        
 


あっという間の一か月でした。楽しかった。いまだ睡眠不足という余韻は残っていますが。
ひとつ発見だったのは、日本よりもべトナムでの視聴環境がよかったということ。がんばれニッポン!

7月14日 宴のあと。球をつかむ男たち

○ ドイツーアルゼンチン 1-0 リオデジャネイロ

 
宴が終わった。06,10年の脱力感を自分の中で反芻し危惧していたが、深夜2時からの試合を見て、通常通り会社に行くことができた。数日前のことなのに、もう一ヶ月ぐらい経った感がある。 

力が拮抗し攻めあぐねている試合だった。お願いだから延長戦-PK戦だけは避けてください神様と祈りながら見ていたのは私だけではあるまい。最初からドイツが優勝すると言い続けていたのでさしたる感動もなかった。ドイツ選手の奥様やガールフレンドは美人が多いなあと決勝点を決めたゲッツェと抱擁しあう彼女を見ていたりした。オヤジですみません。

 ゴールデングローブ賞をもらったのは、GKのノイアー。異議なし。MVPはメッシ。異議あり。もっとも一番疑問を感じていたのはメッシ本人だろうけれど。MVPもノイアーでよかったのではないだろうか。もっというと数人のGKにMVPをあげたい。

 コスタリカのナバス。PK戦までフルにもつれたオランダ戦での守りも凄かったが特筆すべきは決勝トーナメントの対ギリシャ戦だろう。120分の過酷な戦いで枠内シュート13本中12本を止め、PK戦でも1本止めてマン•オブ•ザ•マッチに選ばれた。セーブ率も91.3%と大会一だ。

 ベルギーのクルトワ。若い頃のジョージクルーニーのような顔つきでセーブ率85.7%。今期アトレチコ•マドリードをスペインリーグ優勝とチャンピオンズリーグ準優勝へと導いた陰役者である。120分の対アメリカ耐久戦で1点に抑えたのは素晴らしかった。このベルギーーアメリカ戦では、アメリカGKのハワードも壮絶だった。ベルギーにボコボコにされているという表現が適切なビッグセーブ連発で オバマ大統領が絶賛していたほど。実際セーブ数28(!),失点6 のセーブ率82.4%。

 メキシコのオチョアもよかった。スノボ選手のような容貌で、と真正面でたまたまそこにいた風情でボールをはじく(6月17日ブラジルーメキシコ戦参照。他のGKならブラジルは3点取れていた)。動体視力がいいのだろう、ゴールエリアという狭い空間でシュアな動きをしていた。それに対しノイアーの動きは特異だ。 選手のポジショニングをヒートマップで記録しているオプタ スポーツによると、ノイアーは今大会、19回ペナルティーエリア外でボールに触れている。リベロのようなGK。通称Sweeper-Keeper。DFの中に飛び込んでスウィーピングができるのは、もともとDFからスタートした彼のキャリアによるところが大きい。

 そもそも今回なぜGKのセーブ率が注目を浴びたのか。それはシュートの数が多かったから。ベスト8が揃うまでの56試合で154ゴールが生まれ、すでに過去2大会の総得点を上回っている。

 なぜゴールが多産されたのか。今までのボールは12-16枚のパネルで構成されたのに対し、今回のアディダス公式球「ブラズーカ」はたった6枚のパネルを溶接(今までは手縫いだった!)しているため、接合部分が少なく水を吸いにくい。雨の試合でも、点が入っていたのはそういうことだ。PK専門のGKが話題になったのもご愛嬌だが、GK 注目の陰にテクノロジーがあるのは、実に今っぽい。

 と書いてみたものの私は球を掴む男たちよりも、蹴る男に注目したい。ネイマール、そして今回一押しのコロンビアのロドリゲス、彼らはきっとロシアでも活躍してくれるに違いない。4年なんてあっという間だ。

 

 一ヶ月間おつきあいいただきありがとうございました。今回はいつものように毎日更新できなかったのが心残りです。まだネタはあるんだけど。いつか、どこかで語りたいですね。

↑このページのトップヘ