タグ:ルカク

感動をありがとう。陳腐ですが、そうしか言いようがない試合でした。
 
7月2日 上には上がいる。でも下の水準をあげた
ベルギーー日本 3−2

 
昌子がフィールドで大の字になっている。奥に放心状態の乾が見える。座り込んで力なく笑う香川。客席にお辞儀をする長友。
IMG_2440
    
昌子、お疲れさま。

 本当によくやった。昌子がルカクを潰し、吉田が数々の猛襲を川島に近い場所でクリアする。酒井がロングパスをカット。柴崎もイエロー覚悟でアザールにタックルしドリブルを止める。川島が何度のミラクルセーブで魅せる。世界レベルの戦いじゃないか。日本はビビることなく程よい緊張感でゲームを進めている。
川島vsコンパニ
   川島vsコンパニ。もう少林サッカー
IMG_2436
    試合後に発表される注目データ。香川はアザールより広範囲を動いた 

 原口と乾による2ゴールから試合はさらに濃くなった。しかも先制点。
IMG_2435

What a goal! What a surprise! アナウンサーが何度も絶叫する。赤い悪魔ベルギーにとって、なんたる屈辱。日本を見下して3バックでスタートしたことをマルティネス監督は後悔する。
IMG_2441

 主砲のルカクとアザールが完璧に止められているならセットプレイを狙うしかない。マルティネス監督は、本家 '赤い悪魔' マンU所属、194cmのフェライニを投入。期待通りアザールからのボールをフェライニは頭で突っ込む。フェライニと同時に入ったシャドリも、ロスタイムに勝ち越しの3点目を決める。まぐれではない。監督の読み。そして、こんな試合に負けてられるかよという選手のプライドと胆力。強豪たるゆえんは、追い詰められた時に結果を出せることにある。ベルギーのサポーターが全力で泣いている。

 見ていて気持ちが良かった。世界を一瞬は驚かせた。全てを出し切った感。日本は明らかに次のステージに進んだ。2022年にはベスト8も夢じゃないよ。そんなことを思う子供たちがこの試合で増えることを願います。西野監督、ありがとうございました。
IMG_2439
     この写真がすべて
    

ドイツ、勝ちましたね。流石だ。しかしベルギーを忘れてはいけないと思って。

6月22日 地味にモノ凄く強いベルギー
ベルギーーチュニジア 5ー2

 チェルシーつまりプレミアリーグファンの私からすると、ベルギー勝利は至極当然に見えるのだ。2点決めたアザールと何度もゴールを守ったキーパー、クルトワはチェルシー。やはり2点ゲットしたルカクは元チェルシーで今マンU、鉄のDFコンビ、アルデルバイレルトとベルトンゲンはトットナム、途中何度もボールを拾っては回しクロスを正確に決める白い7番デブライネはマンC、と11人中6人がプレミアの上位チームメンバー。先日のイングランドーチュニジア戦より楽に観戦することができました。結果5−2。これだけゴールが決まると痛快としか言いようがない。
 ルカク
         
2点目をいとも簡単に決めるルカク


 今年のベルギーがプレミア勢に偏る傾向があるのは、監督マルチネスの経歴によるところが大きい。彼はスウォンジー、ウィガン、エヴァートンの監督を経て2016年8月よりベルギー代表監督に就任。長いプレミア監督時代にいい選手は知り尽くしている。アザール中心のチームが今までになく強いのはもっともなのである。
マルチネス監督


 アザールとともに「レッドデビルズ」を支える守りの要、コンパニ(彼はマンC)が出場していない試合で、この強さ。ベルギーの優勝もないわけではない。

 なおアザールが前半6分にPKを決めて、開幕戦からの連続ゴールは27試合となった。これは、1954年スイス大会の26試合を上回って新記録。これはこれで地味に凄い。

アザール
         おちゃめ、でも今年はキャプテン


 

 



        

    

        
 


↑このページのトップヘ